あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

「無料ブログは稼げないからWordpressがおすすめ」は嘘

これからブログを始めようと思っている人は無料ブログで始めるべきか、Wordpressで始めるべきか悩んでいる人もいると思います。

 

ネットで検索すると「無料ブログは稼げない(リスクがある)からWordpressがいい」という意見が大半をしめ、「無料ブログのほうがいい」というのは少数派です。

 

僕も公表はしていませんが、Wordpressでサイトを運営していますし、無料ブログとWordpressなら自由度が高いWordpressのほうがいいという意見には同意します。

しかし、だからといって「無料ブログは絶対に稼げない」というようなミスリードはいかがなものかなと思っています。

 

 

 

 

ネット上で見る「無料ブログをおすすめしない理由」

www.specializedblog.com

 

こちらでも言及していますが、無料ブログは「サービス終了の可能性がある」、「突然ブログを削除される可能性」があるというリスクがあります。

 

他には広告が表示されるという問題もありますが、これははてなブログProに申し込んで広告を非表示にすればいいし、独自ドメインを取得すればアドセンス申請も可能になります。

 

確かにサービス終了のリスクがゼロだとはいえませんが、その理屈で言うならWordpressの場合だって、サーバー会社がサービスを提供できなくなる可能性だってあるわけです。

 

ブログサービス終了のリスクが怖いなら、できる限りその可能性の薄い無料ブログを利用すればいいし、心配なら独自ドメインを取得しておけば引っ越しすればいいだけです(はてなブログはデータエクスポート機能があります)。

 

「無料ブログは削除される」と言っている人は「ブログ」と「アフィリサイト」を混同しているように思います。

健全なブログを運営していれば削除される心配はありません。削除されるのは無料ブログでアフィリエイトサイトを運営しているからです。

 

はてなブログでもアフィリエイトを主目的としたブログは規約違反になっています。

 

したがってブログではなく「アフィリサイト」を運営したい人は無料ブログではなく、Wordpressで始めるのが良いと思います。

 

WordpressのほうがSEOに強い?

Wordpressは無料ブログよりもSEOが強いと言われています。

僕はそれは正しいとも正しくないとも言えると思います。

 

Wordpressはカスタマイズの自由度が高いので、表示速度などを自在に調整することができます。

そういった意味ではSEOで有利になることはあるかもしれません。

 

Googleの理念は徹底したユーザー目線です。

アルゴリズムにもそれが反映されています。

 

そんなGoogleが果たして「Wordpressを使っているサイトをより上位に表示させる」という項目をアルゴリズムの中に入れるでしょうか?

Wordpressを使っているかどうかはユーザーにはまったく関係がありませんよね。

 

これに関してはGoogle以外答えを知らないので断言はできませんが、WordpressだからSEOに強いということは必ずしも言えないように思います。

 

Wordpressユーザーが抱える共有サーバー問題

Wordpressを運営する場合、レンタルサーバーを利用することになります。

サーバーの料金を抑えようと思う場合は、共有サーバーというものを使うことになります。

 

共有サーバーとはその名の通り、他の人とサーバーを共有するということです。

 

実はこの共有サーバーにはある問題があります。

それはキャパを越えるとサイト(ブログ)が一時的に表示されなくなってしまうということです。

いわゆるサーバーダウンというやつです。

 

例えば自分が利用しているサーバーのキャパが100だったとします。

その場合自分のブログのアクセスが90で、同じサーバーを利用している別の誰かのアクセスが10を越えてしまったら、そこでサーバーがダウンしてしまい、それ以降の新規ユーザーは一時的にサイトをみることができなくなってしまいます。

 

しかもこの共有サーバーの恐ろしいところは、同じサーバーを共有している別の誰かのアクセスに依存してしまうということです。

 

先ほどの例でいうなら、サーバーを共有している他人のサイトがバズを起こすなどして100のアクセスを集めていたとします。

そうするとあなたのサイト(ブログ)まで表示されなくなってしまいます。

 

自分にまったく関係のない赤の他人のアクセスに影響されて、自分のサイトが表示されなくなってしまったら、大きな機会損失になってしまうし企業であればクレームになるかもしれません。

 

特に検索エンジン経由の人は、あなたのサイトを訪れるチャンスは1回きりという人がほとんどです。

検索エンジン経由の人は何か知りたいことがあって自分のブログに訪問してくるのであって、芸能人でもない限りわざわざ特定の個人のブログを見るために検索エンジンを使うことはないからではないからです。

 

自分のブログに来てさえくれればファンになってくれたかもしれないのに、サーバーの影響でそのユーザーを逃してしまう可能性があるわけです。

 

もちろん独自サーバーにすれば問題は解消されますが、当然料金は高くなってしまいます。

 

無料ブログの強み

実は無料ブログ(はてなブログ)にはWordpressにはない強みがあります。

 

それがグループ機能です。

 

このブログもまだ立ち上げて間もないので、ほとんどのユーザーの人ははてなブログ経由の人です。

 

仮に僕がWordpressを運営していたら、今見ていただいているユーザーの人たちにリーチする可能性は極めて低かったでしょう。

すでに読者になっていただいている方々がいらっしゃいますが、この方たちに巡り合うこともなかったわけです。

 

はてなブログのグループ機能は登録だけしておくと、あとは自動で更新してくれます。

つまり、手動で更新通知をする必要もなく、我々はブログを更新するだけでいいのです。

 

そして、これからもはてなブログの新規ユーザーは増えていくことは間違いありません。

彼らの多くはグループ機能を利用することでしょう。そうなると僕のブログにリーチする可能性も高くなるわけです。

 

つまり、「はてなブロググループ」は自動集客装置の役割を果たしてくれていることになります。

 

ユーザーが増えれば増えるほど、自分のブログにリーチする可能性も高くなります。

 

彼らはWordpressでは絶対にリーチできない人達です。

つまり、Wordpressを使うことによって、その分の機会損失をしていることになります。

 

マネタイズはサイトアフィリだけではない

例えばアメブロは最近までアフィリ禁止でした。

でもアメブロを集客装置として活用し、マネタイズをしていた人はたくさんいます。

 

アメブロの集客力は凄いです。アメブロで100人集客するのと、Wordpressで100人集客するのではかかる時間と労力は雲泥の差です。

 

「無料ブログは稼げない」と主張している人は、マネタイズ=サイトアフィリだと考えている人たちではないでしょうか?

しかし、無料ブログで集客したユーザーをメルマガに誘導しDRMでマネタイズすることも可能なのです。

アメブロで集客した人達を別のブログ(キャッシュポイント)に誘導することもできます。

 

そしてDRMのほうが成約率は圧倒的に高いです。

 

まとめ

僕はWordpressがダメだということがいいたいのではありません。

Wordpressも稼げるし、無料ブログも稼げるということがいいたいわけです。

 

無料ブログのプラットフォーム上で稼いでいる人達もたくさんいます。

何事も物事を決めつけてしまうとせっかくのチャンスを逃してしまうことになります。