あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

アクセス数の少ないブログで継続収入を構築するために必要なスキル

このブログではSEO対策に関する記事をたくさん投稿しています。

 

そういう僕がこんなことを言うのもおかしな話ですが、

SEOばかり意識してブログを書いていても収益は拡大しません。

 

ブログを書いているほとんどの人は、

アクセス数を増やすことばかり意識しています。

 

ブログで稼ぐ方法を発信している人ですら、

 

「ブログを始めるときは、需要が大きい市場を選べ」

 

といったようなアクセス数ありきの情報を発信しています。

 

もちろん、アクセス数は多いに越したことはないし、

需要が大きい市場を狙うことは間違いではありません。

 

ただ、アクセス数が多いブログが儲かっているかというと

必ずしもそういうわけではありません。

 

ブログ=ビジネス

ブログ=ビジネスです。

 

ブログをただのブログだと思って記事を書いているから、

いつまでたっても稼げないブログのままになってしまうのです。

 

ビジネスで稼ぎ続けるためには、

以下のたった4つのプロセスを繰り返すだけです。

 

①見込み客を集める

②セールスをする

③リピーターになってもらう

➃(口コミで新規見込み客を連れてきてもらう)

 

実際には①の前に「リサーチをする」というプロセスもありますが、

ここではわかりやすくするために省略します。

ブログで口コミを起こすのは難しいのでカッコにしています。

 

SEO対策ばかり意識するというのは、

①のプロセスばかり注力するということです。

 

人によっては、

この4つのプロセスの1つも意識せずに

ブログを書いている人もいます。

 

収益を度外視したブログを書いているのなら、

わざわざこんなことを考える必要はありません。

 

でももしあなたが「ブログで稼ぎたい」と考えているならば、

ブログ=ビジネスという意識を持つことはとても重要です。

 

タイトルの重要性

 

先日の記事で、

「クリック率を上げるためのタイトルの付け方」

についてお話ししました。

 

 

www.specializedblog.com

 

 

あなたがどんなに素晴らしい記事を書いていたとしても、

誰も読んでくれなければ意味がありません。

 

ブログのタイトルを意識せずに記事を書いている人は、

結構たくさんいます。

 

ブログランキングなどで、自分が読者の立場になったとき、

思わずクリックしてしまうようなタイトルがつけられたブログは、

果たしてどれぐらいあるでしょうか?

 

ネット上に無数に存在するブログの中から、

自分のブログを訪問してもらうためには、

クリックせずにはいられない興味性の高いタイトルをつけなければなりません。

 

あなたが本の著者になったと想像してみてください。

 

本屋に並ぶおびただしい数の書籍の中から

自分の本を選んでもらうためには、

一瞬で読者の目にとまるようなタイトルを

つけなければならないことは想像に難くないと思います。

 

ブログのタイトルは必ずしも記事の内容を要約したものである必要はありません。

 

「○○でランチしてきた」

 

みたいなタイトルをつけて、

果たして何人の読者が無数に存在するブログの中から、

あなたのブログを選んで訪問してくれるでしょうか?

 

タイトルをつけるときにSEOを意識するかしないか

f:id:Apollojustice:20191023101501j:plain

タイトルをつけるときはメリハリをつけなければなりません。

 

SEOを意識して検索エンジンで上位表示を狙うためのタイトルか、

ブログランキングなどで目立つためのタイトルか、

どちらを狙うかでタイトルの付け方はまったく違います。

 

上位表示を狙うためのタイトルであれば、

キーワードを意識したタイトルをつけなければなりません。

 

そのため、一見すると面白みに欠けるタイトルになってしまいます。

 

そういうタイトルの記事は、

一覧表示されたブログの中で目立たせるのは難しいです。

 

逆にSEOをまったく意識せず、

ただユーザーにクリックさせるためだけの

タイトルをつけることもできます。

 

「は!?」

「絶対に読まないでください」

「大事件発生!」

 

こういうタイトルだったら

思わずクリックしてみたくなりますよね。

 

ちなみにこの記事のタイトルも「強いフレーズ」を使っています。

 

「アクセス数の少ないブログで稼ぐために必要なスキル」

 

ではなく、

 

「アクセス数の少ないブログで継続収入を構築するために必要なスキル」

 

のほうがインパクトや興味性がありますよね。

 

どちらのタイトルも言っていることは同じです。

見せ方が違うだけです。

 

アクセス数の少ないブログで稼ぐためのスキル

1日のPV数が10000あっても、

1日の売り上げが1件しかないブログと、

1日のPV数が100しかないけど、

1日の売り上げが5件あるブログ。

 

どちらのブログが稼げるブログだと思いますか?

 

当然後者ですよね。

 

ほとんどの人はアクセス数を増やすことばかり考えて、

成約率を上げることは意識していません。

 

仮にあなたのブログのPV数が少なくても、

成約率を上げることができれば、

稼げるブログに育てることは可能です。

 

そのために必要なスキル、それは「コピーライティング」です。

 

先ほどお話ししたタイトルの付け方も、

コピーライティングの一部です。

 

コピーライティングを突き詰めると心理学です。

それを言語化し、体系化したものがコピーライティングです。

 

ちなみにコピーライティングとSEOライティングは

全く別のスキルになります。

 

コピーライティングスキルを磨くことで、

少ないアクセス数でも稼げるブログを作ることはできます。

 

序盤でお話ししたプロセスの、

 

「②セールスをする」

「③リピーターになってもらう」

 

というのもコピーライティングスキルです。

 

書いてある内容が素晴らしくても、

文章が全然心に響かなければ

商品も売れないし、リピーターにもなりません。

 

ブログのアクセス数を増やすのは簡単ではありません。

ならば、その時間と労力をコピーライティングスキルに投資し、

少ないアクセスで効率的に稼ぐほうが賢明だと言えます。

 

コピーライティングを学ぶのにお勧めの本はこちらです。

 

現代広告の心理技術101