Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

コロナ休みでYoutube見て笑ってる人はヤバい話

コロナの影響で仕事が休みになったり、

休みの日に外出する機会がなくなって、

YoutubeNetflixを見てダラダラと過ごしている人もいるかもしれません。

 

もしあなたがそうなら危機感を持った方がいいです。

 

今のうちから準備しておかないと、

今後やってくる大不況を乗り越えるのは厳しいでしょう。

 

ホリエモンも言ってましたが、

会社の業績が悪くなれば、まずアルバイトや派遣社員がクビを切られます。

 

こんな状況ですから再就職先を見つけるのも難しいでしょう。

 

収入がゼロになり毎日お金が減っていく恐怖を、

ただ黙って味わうしかありません。

 

不況が来るまで持たない人もたくさんいるかもしれません。

 

カナダではコロナで失業して収入がゼロになった人は、

国から毎月$2000支払われます(4か月間)。

 

日本はお肉券とお魚券らしいですね...。

 

各国が数十兆円以上の予算を国民の生活のために投じる中で、

日本だけいまさら「マスク2枚支給」とかもはやギャグとしか思えません。

 

日本の未来は大丈夫なんだろうかと心配せずにはいられません。

 

この緊急事態に、国民の生活よりも利権を優先する人々に任せっぱなしでいいんですか?

 

「国がなんとかしてくれる」と期待しているかもしれませんが、

期待してもお肉券と魚券しかもらえないかもしれませんよ。

 

たっぷりと時間が取れる今だからこそ、

来たるべき不況に備えて準備しておく必要があります。

 

国や会社に依存する生き方は通用しない時代がやってきます。

 

これからは、一人ひとりが自分の力で稼ぐ力を身に付けなければならないのです。

 

コロナ不況がビジネスに与える影響

f:id:Apollojustice:20200402141619j:plain

 

今回のコロナによる打撃が一番大きいのは、

中小企業よりも大企業ではないかと思います。

 

中小企業はもともと体力がないので、

コロナ不況で倒れてしまう会社が続出するでしょうが、

規模が小さい分ダメージも小さいです。

 

大企業は規模が大きいだけにランニングコストも莫大な金額になります。

 

自分の会社が動いていても顧客や取引先がストップしてしまえば、

たちまち経営が傾いてしまいます。

 

リモートで働くことのできない業種は、

業務内容がかなり制限されてしまうでしょう。

 

ビジネス自粛が長引けば長引くほどダメージはでかいです。

 

カナダでも不要不急のビジネスは営業停止命令が出ています。

 

僕は旅行業出身ですが、日本の大手旅行会社もヤバいんじゃないかと予想しています。

業種が業種だけにほとんど商品も売れないでしょうしね。

 

大手企業が倒れると、業界はたちまち戦国時代と変化していくでしょう。

 

こういうことが様々な業界で起こるのではないかと思われます。

 

Googleなどインターネットカンパニーはこういうときも強いですね。

もともとネットを扱う業種なので、リモートワークに変わったぐらいで、

そこまでビジネスに打撃は無いものと思われます。

 

膨大な費用がかかるテレビ広告から撤退する会社は増えても、

インターネット広告から撤退する会社は少数でしょう。

 

テレビのCMはイメージ広告なのでどこまで効果があるか不明です。

 

ネット広告は「クリックされたとき」または「商品が売れたとき」しか、

広告費を払わなくて済むので他の広告よりも効果測定がしやすく、

なおかつリスクも少ないという特徴があります。

 

不況になればテレビCMからネット広告に切り替える企業も増えるでしょう。

 

今は個人にとってもチャンスです。

 

ネットを使ったビジネスであればコストはほぼゼロです。

 

もし仕事がゼロになったとしても、

被害は最小限に抑えることができます。

 

これから狙い目のビジネスとは?

不況で大量の失業者が出てくると、

転職先が見つからない人の数が増えます。

 

彼らに残された道は起業ぐらいしかありませんが、

今までに「自分の力で稼ぐ」ということをやったことがないので、

何をどうすればいいのかがまったくわからない状態です。

 

優秀な人であれば自力でビジネスを軌道に乗せますが、

大多数の人はほとんどお金を稼ぐことができないでしょう。

 

今後はそういう人が増えると思われるので、

ビジネスを教える仕事の需要が増えると勝手に予想しています。

 

Youtubeの勢力図も変わるかもしれませんね。

 

Youtubeというと「娯楽」というイメージがまだありますが、

娯楽として楽しめるのは生活に余裕があるからです。

 

来月の収入がどうなるかもわからない人が、

のんきにYoutube見て笑ってる場合じゃないですからね。

 

Youtubeのビジネス系動画は伸びない傾向が強いですが、

不況が来たらそういう動画が一気に伸びるかもしれません。

 

まとめ

今日は僕の勝手な予想を話してみました。

 

どこまで当たっているかわかりませんが、

少なくとも世界的な大不況が来ることは間違いありません。

 

だから、「今どう過ごすか」が極めて重要なんです。

 

ダラダラと無駄な時間を過ごすこともできるし、

自己投資や自分磨きに使うこともできます。

 

コロナ終息後の不況では、より一層二極化が進むでしょう。

 

そのときに備えて今のうちから準備しておく必要があるのです。

 

もう国も会社も当てになりません。

 

「自分で稼いで生きていくしか生き残る道はない」と思った方がいいです。

 

目先の快楽を選んで後から苦労するか、

今苦労して後から楽な思いをするか。

 

あなたは自分の意志で選択することができます。