Evergreen Blog ~弱者のためのファン創造コンテンツマーケティング~

Udemyベストセラー講師アポロによるコンテンツ販売・コンテンツマーケティングの奥義

なぜブログは稼げないのか?

前回は「ブログだけでマネタイズすると稼げない理由」についてお話しました。

 

まだ前回の記事を読んでいない人は、

こちらからご覧ください。

 

www.specializedblog.com

 

今回の記事では

 

「なぜブログは稼ぎにくいのか」

 

ということについて考えてみたいと思います。

 

副業でブログを始める人の多くが、

「ブログはカンタンに稼げる」と思っていますが、

実際はその真逆でめちゃくちゃ稼ぐのが難しいのです。

 

 

ブログで稼ぐのが難しい理由

本題に入る前にブログとYoutubeの違いについて

考えてみたいと思います。

 

以前こちらでブログとYoutubeの違いについてお話ししました。

www.specializedblog.com

 

ここには書いていませんが、

ブログとYoutubeにはある大きな違いがあります。

 

それはYoutubeというプラットフォーム上に

数えきれないほどのユーザーが存在するという点です。

 

Youtubeは動画を投稿するだけで、

プラットフォームが一定数のアクセスを送り込んでくれます

 

Youtube動画はブログとは比べ物にならないほどの視聴回数がありますが、

もしそれらの動画がブログのような独立した媒体だったとしたら、

それほどまで視聴回数を増やすことは難しいでしょう。

 

動画の視聴回数を増やしたければ、

自力でGoogleの検索上位を取らなければならないからです

 

SEO対策をして自力で検索上位を取ることは、

決して簡単ではありません。

 

Youtubeの場合Googleで検索上位を取る必要はなく、

他人の動画経由(おすすめ動画)でアクセスが

流れてくることも頻繁にあります。

 

要するに、ビジネスで言うところの「集客」にあたる役割を、

Youtubeがある程度担ってくれるということです。

 

ビジネスにおいて最も苦労することは「集客」と「セールス」です。

 

その「集客」と「セールス」を、

ブログの場合すべて自分で行わなければなりません。

 

セールス=コピーライティングです。

 

せっかくアクセスを集めたとしても、

セールスが下手くそだったら商品は売れません。

 

集客とセールスのどちらか一方でも欠けてしまったら、

大きく稼ぐことはできないのです。

 

初心者にはハードルが高いと思いませんか?

 

WordPressは陸の孤島

ブログの場合でも無料ブログサービスを使えば、

ある程度のトラフィックは自動的に送り込んでくれます。

 

はてなブログもそうですね。

 

記事を投稿するだけで一定数のアクセスが、

はてなブログ経由で発生しているはずです。

 

ビジネス目的でブログを書いている人がアメブロを選択しているのも、

アメブロの持つ集客力が抜群に大きいからです。

 

SEO対策して検索上位なんか取らなくても、

アメブロ上のアクセスだけで十分だということです。

 

無料ブログでブログを書くことは、

マーケットプレイスに出店しているような状態です。

 

人が集まるところにお店を開いているので、

何もしなくても勝手にお客さんが来てくれます。

 

ネット上のWordPress信者に感化されてか、

WordPressに引っ越す人が後を絶ちませんが、

WordPressは陸の孤島でお店を開くようなものです。

 

誰もいないところでお店を開いても誰も来てくれません。

 

100%自力でお客さんを連れてこないといけないわけですが、

それは決して簡単にできることではありません。

 

無料ブログはSEOに弱い?

WordPressに引っ越す理由として、

「WordPressはSEOに強いから」という主張をよく耳にします。

 

無料ブログはSEOに弱いと考えられていますが、

決してそんなことはありません。

 

f:id:Apollojustice:20210213130114p:plain

f:id:Apollojustice:20210213130135p:plain

 

f:id:Apollojustice:20210213130157p:plain

 

これは僕の3つのブログのアクセス解析のデータですが、

すべてアクセスの大部分は検索エンジン経由で発生しています。

 

このデータからもわかるように、

はてなブログでも検索上位を取ることは十分可能なのです。

 

ちなみに以下は僕のメインブログの

サーチコンソールのデータ(過去16か月)です。

 

f:id:Apollojustice:20210213130456p:plain

 

このグラフを見てもわかるように、

検索経由のアクセスは右肩上がりに増え続けています。

 

「無料ブログはSEOに弱い」

 

というのは完全なるガセ情報で、

 

実際は無料ブログがSEOに弱いのではなく、

SEOが弱い人が無料ブログを使っているから

検索上位を取れないだけの話です。

 

僕はKindleやUdemyでSEO対策のコンテンツを販売していますが、

中身はGoogleやBingのアルゴリズムと

SEO対策の具体的なノウハウについて語っています。

 

競合ライバルの商品をリサーチしてみると、

漠然として抽象的なブログ論(Googleに評価される記事を書きましょう的な)をひたすら繰り返し語っていたり、「SEOとは?」とか「SEOの歴史」といった不要な情報でページ数(講義時間)を稼いでいる商品も少なくありません。

 

そういう情報を吸収している限り、

検索上位をとるのは難しいでしょう。

 

ブログで稼げなかった暗黒時代

僕は今でこそコンテンツビジネスを主軸にしていますが、

もともとはブログだけでマネタイズをしていました。

 

最初はアフィリエイトもやってみたのですが、

他人の商品を売ることがどうも性に合わず、

すぐにやめてしまいました。

 

メインの収入源はGoogleアドセンスだけでした。

 

毎月振り込み規定額には到達するのですが、

ブログの収益はせいぜいその程度でした。

 

「このままではまずい」

 

ということでコンテンツ販売にチャレンジしたわけですが、

コンテンツビジネスに方向転換した途端、

ウソみたいに稼げるようになりました。

 

もしあのままブログだけで頑張っていたら、

未だに稼ぐことはできていなかったでしょう。

 

仕組み化をしてビジネスオーナーになれ

あなたは「キャッシュフロークアドラント」って知ってますか?

 

ロバート・キヨサキの著作「金持ち父さん貧乏父さん」に登場する概念です。

ご存じない方はググってみてください。

 

ロバートは著書の中で、

 

「経済自由人になりたければ、

ビジネスオーナーか投資家になりなさい」

 

と述べています。

 

ビジネスオーナーは自分が働かなくても収入が得られます。

会社(従業員)が自分の代わりに働いてくれるからです。

 

僕はこの理論はブログにも通用すると考えています

 

自分がプレイヤー(従業員)として働いている限り、

経済的自由を得ることは難しいです。

 

自分が働く(記事を書く)のを止めると、

収入がストップしてしまうからです。

 

ブログの場合は働いても稼げない場合がほとんどですけどね。

 

ネットを使って大きく稼ぎたいのであれば、

仕組み化をしてビジネスオーナーを目指す必要があります。

 

例えば僕のやっているコンテンツビジネスなど。

 

僕が働かなくても、AmazonやUdemyなどのプラットフォームが代わりに働いてくれるので、何もしなくても収入が自動発生します。

 

インフォトップに置いている商品は、

他の方がアフィリエイトして販売してくれます。

 

昨日も僕のKindleロングセラー講座が売れました。

(報酬1万円なのでぜひ)

 

このような感じで不労所得が発生する仕組みを構築すれば、

一切作業をしなくても稼ぐことができるし、

収入の限界もなくなります。

 

自分がプレイヤーとして稼ぐ場合は、

どう頑張っても自分で集めたアクセス分しか稼げません。

 

しかし、他力を使ってマネタイズをする場合、

極端な話自分のブログのアクセスがゼロでも稼げるわけです。

 

まとめ

前回今回と「ブログが稼げない理由」についてお話ししてきましたが、

それはあくまでもブログを収益媒体として使った場合の話です。

 

ブログの本来の役割である集客媒体として利用すれば、

大きく稼ぐことは充分可能です。

 

 「ブログだけでマネタイズをする」

 

という選択をした時点で、

難易度がめちゃくちゃあがります。

 

あまり一つのことの固執するのではなく、

いろいろチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

あなたの向いているビジネスに巡り合えるかもしれませんよ。

 

コンテンツ販売に興味のある人は、

ぜひ僕のメルマガに登録してみてください。