あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

毎日更新をやめるとPV数が減る人と減らない人

インターネットの醍醐味は、自分が働かなくても24時間365日代わりに働いてくれることです。

 

ブログも一度記事を投稿してしまえば、その記事が消えない限りネット上に永遠に残り続けることになります。

 

書き手の立場からすれば、「毎日更新する」のと「適度に記事を投稿して放置する」の二者であれば後者のほうがいいのは言うまでもありません。

 

毎日更新をストップするとPV数が減るのが普通です。

 

でも毎日更新をストップしたにもかかわらず、

PVがほとんど減らないもしくは増えるという人がたまにいます。

 

完全不労収入を目指す人のため、その違いは何なのかを検証していきたいと思います。

 

毎日更新を止めてもPV数が減らない人

f:id:Apollojustice:20190819091907j:plain

 

毎日更新を止めることによって、PV数が減るか減らないかを決める要因はいくつかあります。

 

ここではそれぞれ項目ごとに分類して、その要因を考えてみたいと思います。

 

流入元の大部分が「検索エンジン」である

自分のブログのアクセス流入元の大半を占めるのが「検索エンジン経由」の人は、

PV数が減りにくい傾向があります。

 

はてなブログのような無料ブログを利用している場合、

記事を更新することによって、ブログサービスごとのプラットフォーム上に更新通知が表示され、そこから一定数のアクセス流入があります。

 

確率論になりますが、毎日更新を止める=更新頻度が下がるということは、

プラットフォーム上に更新通知が表示される回数も減ることになるので、

それだけたくさんの人に見てもらえる確率は減ります。

 

ブログランキングサイトも同じです。

 

よほどのファンでもない限り、ブログランキングサイト上であなたの過去記事をわざわざ探してまで読もうとする人はいません。

 

ランキングサイトは新着更新通知をするからこそ、ユーザーに読んでもらうことができます。

しかも、登録者の数も多いので新着通知もすぐに埋もれてしまい、アクセス流入効果も非常に短命です。

 

毎日更新を止めると、ブログサービスとランキングサイト上のユーザー(非読者)からのアクセスが極端に減ることになります。

 

それに対し検索エンジン上のユーザーというのは、

何かしら調べたい情報があって検索をしています。

 

このユーザーはあなたの存在など知らないし、もちろんファンでもありません。

 

しかし、あなたの記事が検索上位に表示されている限り、

同じような悩みを抱える人が、検索エンジン経由であなたのブログにたどり着く可能性があるということになります。

 

例えば、「上司との人間関係」について書いたあなたの記事が検索上位に表示されていた場合、上司との人間関係に悩むユーザーがその問題を解決するためにネット検索をすれば、あなたの記事にたどり着くかもしれません。

 

そのアクセスは、「記事を毎日更新しているか」ということはまったく関係ありませんね。

 

②質の高い記事の数が多い+ファンがいる

仮に毎日更新が途絶えてもあなたのファンは、

一定期間あなたのブログを訪れることでしょう。

 

あまりにも更新頻度が低いと、そういう人たちも自分のブログを訪問してくれなくなりますから、適度に記事を更新するのが望ましいです。

 

しかし、仮に完全に更新が途絶えてしまったとしても、

ファンがいて記事数が多ければPV数が著しく落ちることはありません。

 

ファンというのは、更新通知などなくてもあなたのブログを訪問します。

 

あなたが普段から質の高い記事を投稿し続けていれば、

ファンはあなたの記事を「読みたい」と思うようになります。

 

しかし、ファンも忙しいので1日で読める記事の数はせいぜい数記事程度です。

 

もし、あなたのブログの記事数が300あったとしたら、

ファンは新規投稿がなくても(普段時間がなくて読めなかった)過去記事を毎日少しずつ読んでくれるようになります。

 

それはあなたが普段から質の高い記事を投稿しつづけたことにより、

ファンから信頼されているからです。

 

あなたのことを完全に信頼しているファンであれば、

すべての記事を読みたいと思うはずだからです。

それは、過去記事も質が高く有益であると思っているからです。

 

僕も海外SEOスペシャリストのブログの記事は全部読みたいです。

でも、もし彼らが毎日投稿をしていたらとてもじゃありませんが、

すべての記事を読むだけの時間はありません。

 

むしろ放置しておいてくれるからこそ、少しずつ過去記事を読むことができるのです。

 

だから記事数は多ければ多いほうがいいです。

 

ただし、質の低い記事ばかりだと、仮に記事数が多くても過去記事は読んでもらえません。

 

③ネームバリューがある

今時の言葉で表現するなら「インフルエンサーになる」ということです。

 

簡単にいうと検索エンジン上で「名指し検索」されるような立場であるということです。

 

名指し検索というのは、あなたの名前もしくはあなたのブログ名で検索することを指します。

 

ある程度有名になってくると、名指し検索をされる頻度が増えてきます。

名指し検索をするユーザーは、必ずしもファンであるとは限りません。

 

例えばブログ研究のため、有名ブロガーの記事を研究したいと思ったら、

検索エンジンでその人の名前もしくはブログタイトルで検索しますよね。

 

でも、あなたはそのブロガーのファンではありません。

 

これはブロガーだけに限りません。

 

料理を作りたい人が有名料理家のブログを読みたい場合、

個人名を入力して検索するケースがほとんどでしょう。

 

話が長くなりますのでここでは詳細を割愛しますが、

この手のタイプのユーザーは極めてファンになる可能性が高いです。

なぜなら、検索をする前の段階からあなたの存在を知っていて、あなたに興味があるからです。

 

ネームバリューがある場合は、検索エンジンだけに限らずSNS経由の流入もあります。

 

毎日更新を止めるとPV数が減る人

PV数が減る人は今まで解説した項目が当てはまらない人です。

 

③に関しては該当する人のほうが少数ですから、特に気にしなくていいですが、

SEO対策をまったくしていないブログなどは、アクセル流入をブログサービスやランキングサイトに依存しています。

 

そのため、アクセス流入の大部分がこれらの流入元だった場合、

ごっそりPV数が減ってしまうことになります。

 

それでもファンがいて質の高い記事がたくさんあれば、

しばらくの間であればそこまでPV数が減ることはありません。

しかし、まったく更新をしなくなったのであれば、やがてファンも来なくなるのであくまでもしばらくの間だけです。

 

まとめ

毎日更新を止めてもPV数を減らしたくないのであれば、

SEO対策を意識した質の高い記事を発信しつづける必要があります。

 

質の高い記事が(SEO対策により)露出していけば、

ファンの数も増えていくし、時間の経過とともにあなたはインフルエンサーになっていきます。

 

毎日更新をやめて極端にPV数が落ちるのであれば、

ブログで自転車操業をしているようなものです。

 

そうならないために、「ファンとの信頼構築」と「SEO対策」を両輪で進めていくことが極めて重要になります。