Evergreen Blog ~弱者のためのファン創造コンテンツマーケティング~

Udemyベストセラー講師アポロによるコンテンツ販売・コンテンツマーケティングの奥義

コンテンツビジネスで時間的自由と場所的自由を手に入れるには?

f:id:Apollojustice:20210718075108p:plain

先日家族と2泊3日でケロウナという場所に

旅行に行ってきました。

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by アポロ (@apollojusticce21)

 

 

コンテンツビジネスは不労所得が得られるので、

やり方次第で時間的自由・場所的自由が手に入ります。

 

僕の様にド平日に旅行に行くことも可能です。

 

決して自慢をしたいわけではなく、

あなたも同じように時間的自由・場所的自由を

手に入れることが可能であるということです。

 

コンテンツビジネスはリスクがありません。

 

仮に商品がまったく売れなかったとしても、

金銭的ダメージはほぼゼロです。

 

やればやるほど収益は雪だるま式に増えます。

 

これだけ聞けばやらない理由はないと思えるのですが、

大半の人は「やらない」という選択をします。

 

だからこそチャンスなのです。

 

今日はコンテンツビジネスで

時間的自由・場所的自由を手に入れるために

必要なものについてお話しします。

 

 

コンテンツビジネスで大きく稼ぐには?

コンテンツビジネスをやっている人のうち、

満足な収入を得ることができている人はごくわずかしかいません。

 

その理由はいろいろあるのですが、

大きな原因として「低単価商品しか売っていない」というものがあります。

 

低額商品で大きな収益を稼ぐには数を売る必要があります。

 

仮に1件500円の利益だったとしても、

100個売っても5万円しか稼ぐことができません。

 

5万円で自由な生活を手に入れることはできませんよね?

 

ほとんどの人は低単価な電子書籍出版だけで稼ごうとします。

だから小遣い程度の収入しか得られないのです。

 

「数を売る」というのは弱者が取るべき戦略ではありません。

 

我々弱者は集客力が弱いので、

数を集めることができないからです。

 

少ない数で大きな収益を得たいのであれば、

販売価格を高額にするしかありません。

 

高額商品が売れない理由

世の中には高額コンテンツ販売を教える講座や塾が数多く存在します。

 

あなたもひょっとしたら、

過去に参加したことがあるかもしれませんね。

 

そういった塾や講座に参加しても、

ほとんどの人は稼ぐことができていません。

 

(※実績(お客様の声)は分母も考えるようにしましょう。

1000人(経験者含む)中3人しか成果が出ていない場合、

それは果たして再現性があると言えるでしょうか?)

 

なぜ彼らは稼ぐことができないのでしょうか?

 

それは「売れる商品の作り方」しか教えてもらっていないからです。

 

売れる要素を含む商品を作れば稼げるほど、

ビジネスは甘くありません。

 

そういう商品は他にいくらでもあるのです。

 

どんなにコピーライティングの技術を磨いたとしても、

小手先のテクニックだけではどうすることもできないこともあるのです。

 

コピーライティングはセールススキルです。

 

あなたが凄腕のセールスマンだったとしても、

訪問先の客に門前払いされてしまったら、

その素晴らしいセールススキルを発揮することはできませんよね?

 

商品を買ってもらうためには、

相手に「聞く姿勢」を作ってもらう必要があります。

 

ただ売れる商品を作るだけでは、

この「聞く姿勢」を作ることができないのです。

 

巷によくある塾や講座はこの「聞く姿勢を作る方法」を教えてくれません。

 

その理由はその方法は時間や手間がかかるため、

カリキュラムに加えると商品が売れにくくなるからです。

(人間はお手軽カンタンなものを求めるため)

 

高額商品を売るために必要なもの

ツイッター界隈でよく見かけますが、

フォローするなりいきなりセールスしてくるバ〇がいます。

 

これはまさに門前払いされるセールスマンの典型例です。

 

知り合って間もない相手にいきなりセールスしても、

相手はいやがるだけです。

 

誘い文句が魅力的であればあるほど、

より一層うさん臭さが増すわけです。

 

つまり、言葉(テンプレート)だけでどうこうなる話ではないのです。

 

そもそも自分に信用がなければ、

どんなに良い話をしても信じてもらうことができません。

 

コピーライティングの常識として、

信じてもらうために「社会的証明を見せる」というものがあります。

 

実績画面やお客様の声を見せることで、

読み手に信用してもらうためのテクニックです。

 

しかし、そもそも自分に信用がなければ、

この社会的証明も効果をなさない場合があります。

 

「自分で加工した実績画面なんじゃないの?」

「自分で書いたお客様の声なんじゃないの?」

 

このように思われてしまったら、

仮にそれが本物だったとしても信用を得ることはできないのです。

 

では高額商品を売るために必要なこととは、

いったい何でしょうか?

 

その答えはこちらの動画でお話ししています。

 

 

 まとめ

コンテンツ販売で数万円程度稼ぐぐらいなら誰でもできると僕は思っています。

 

しかし、自由を手に入れるほどの収入を得たいのであれば、

高額商品販売は必須とも言えます。

 

低額商品だけで大きく稼ごうとすることは、

北海道から九州まで徒歩で移動しようとするようなものです。

 

おそらくたどり着く前に力尽きるでしょう。

 

要するに無謀だということです。