Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

ブログに失敗するのはゴール設定をせずに目標設定をしているから

今日の記事の内容はブログだけでなく人生全般に役立つ考え方が身に付きます。

今日お話しする内容が腑に落ちれば、願望実現することはさほど難しくありません。

 

ブログに失敗する理由とは何でしょうか?

 

  • 継続できないから
  • 書いても書いても全然稼げないから
  • ライティングスキルがないから
  • モチベーションが上がらないから
  • ネタが思い浮かばないから

 

パッと思いつくだけでもこれだけの理由が考えられます。

 

しかし、実はこれらの要因はブログに失敗する本質的な原因ではありません。

 

これらの問題はゴール設定を変えるだけですべて解消されます。

 

 

 

目標設定ではなくゴール設定が重要

f:id:Apollojustice:20200114095252j:plain

ブログ初心者が早々に挫折してしまうのは、ゴールではなく目標を設定してしまうからです。

 

ゴールとはこの人生で成し遂げたい理想世界のようなものです。

 

例えば、あなたのゴールが不労収入を得ながら世界中を旅して、

たくさんの人にビジネスを教えることだったとします。

 

そのゴールから逆算して、自分の取るべき行動を明確化するのです。

 

上記のゴールを達成するためには、サラリーマンでは実現不可能だということがわかるはずです。

 

  • どうすれば不労収入が構築できるのか?
  • 見込み客にリーチするためにはどうすればいいか?
  • 世界中を旅しながらお金を稼ぐ方法は何か?

 

これらの質問を投げかけた結果、「ブログで情報発信をすればいい」ということがわかったとします。

 

この場合、ブログはあくまでも願望実現の手段であって目的ではありません。

 

ほとんどの人は、はっきりとした目的を持たずに目標だけを設定します。

しかも、目標を設定するポイントと角度がズレています。

 

すでにブログで結果を出している人を基準にして、

わずか数か月で数万円~数十万円を稼げると思っています。

 

でも、実際は数か月ブログをやっても数千円程度しか稼げないわけです。

そのギャップに絶望してブログを辞めてしまいます。

 

そもそも「月収100万円欲しい」と言っている割には、

その100万円の使い道が明確でない場合がほとんどです。

 

目的もないのにただお金が欲しいと言っているだけです。

つまり、お金を稼ぐことが目的になってしまっています。

 

金額もただなんとなく月収100万円と言っているだけで、

本当にその金額が必要なのかどうかもわかっていません。

 

実際には100万円も必要でない場合がほとんどなのです。

 

こういう人は仮に月収100万円稼げたとしても、

そもそもの目的が曖昧なのですぐに散財してしまいます。

 

目的が明確な人は、目的に必要なものだけにお金を使うので、

稼いだお金を無駄遣いすることはありません。

 

この世界では本当に必要なものは必ず手に入るようになっています。

手に入らないということは今の自分に必要でないからです。

 

モチベーションが上がらないと言っている時点でアウト

www.apollosblog.com

 

英語もブログもその他すべてのことに共通して言えることですが、

「モチベーションが上がらない」と言っている時点でアウトです。

 

本当にやりたいことならモチベーションなど必要ないからです。

 

やりたくないことをやるからモチベーションが必要なのです。

 

例えば、あなたが前述の夢をどうしても実現したかったとします。

 

世界中を旅しながらビジネスを教える自分の姿を想像すると、

ワクワクが止まりません。

 

あなたはその夢を実現したくて仕方ありません。

そうするとブログを書くことは苦にならないんです。

 

やりたくてやっているからです。

 

徹夜でゲームをしている子供のようなものです。

 

ブログ自体が目的でなくても願望実現に向かっているので、

その行為が楽しくて仕方ないのです。

 

英語学習の場合、英語を勉強することが目的になっているから挫折するんです。

 

例えば、アメリカ大統領の通訳になることがゴールだったとしたら、

英語を学ぶことはまったく苦になりません。

 

ただし、ゴールは心の底から実現したいと思える場合に限られます。

 

ゴール設定をすると思考がクリエイティブになる

好きなことや楽しいことをやっていると思考がクリエイティブになります。

 

やりたくて仕方ないことは、「できなかったらどうしよう」と思うことはありません。

「どうやったらできるか?」だけを考えるからです。

 

「どうやったらビジネスを教える相手(見込み客)にリーチできるか?」

 

前述したゴールが本当にやりたいことなら、

このような思考が必ず出てくるはずです。

 

そうすると様々なアイデアが出てきます。

 

見込み客のリサーチも(自発的に)するだろうし、

どういう情報発信をすれば見込み客に響くかも必死に考えるはずです。

 

だから、ネタが思い浮かばないということはあり得ないのです。

 

ライティングスキルがなくても問題ない

「私にはライティングスキルがない」

 

と自信喪失してブログを辞めてしまう人もいます。

 

でも、もしブログが自分のゴールに直結しているのなら、

スキルがないならスキルを身に付けようとおもうはずです。

 

やりたくて仕方ないからです。

 

先ほどもお話ししたとおり、

本当にやりたいことは「どうやったらできるか?」だけを考えます。

 

スキルがないならスキルを磨けばいいだけ。

 

もしすぐに結果が出なかったとしても、

やりたくてやっているのだから挫折することはありません。

 

そして、継続しているうちにスキルも上達していき、

成功する確率が高くなります。

 

もしあなたがブログを書くことに苦痛を感じるのであれば、

あなたにとってブログはやるべきでないというサインです。

 

 

www.specializedblog.com

 

 

 

長期的視点を持つようになる

ブログを辞める人に共通している特徴は、

「短期的な視点で物事を判断している」ということです。

 

今まったく稼げていなかったとしても、

諦めずに継続していれば5年後、10年後には数万円から数十万円稼げるようになっているかもしれません。

 

しかも、ほぼ不労収入です。

 

結果が出なくても失うものはほとんどありません。

せいぜいネット接続費とサーバー代ぐらいです。

 

ブログに挫折してしまう理由はただ一つ「稼げると信じていない」ことです。

 

www.specializedblog.com

 

 

ゴールが明確な人は長期的な視点で物事を見ています。

 

10年後に不労収入を得ながら世界中の人にビジネスを教えることが目的なら、

今1円も稼げていなくてもまったく問題ないからです。

 

大切なのは10年後の自分なのであって今ではありません。

 

今の自分が能力不足なら自分を磨いていけばいいだけです。

 

時間軸は収入に比例します。

 

日雇いの仕事をしている人は1日という時間軸で物事を見ています。

サラリーマンの大部分は1か月という時間軸を持っています。

経営者は最低でも年単位の時間軸を持っていて、

ほとんどの場合3~5年で物事を考えています。

 

人生という長い時間軸で物事を判断した場合、

積み上げがないサラリーマン1本では厳しいということがわかるはずです。

 

どう頑張ってもその会社の社長になることが限界だからです。

 

まったくレバレッジが効きません。

 

ブログでコツコツ積み上げをしていけば、

読者と信頼関係が構築できます。

 

そこで自分の商品を販売すれば収入は何倍にも増えます。

 

毎月決まった金額しか得られないのであれば収入に限界があります。

社長であったとしても雇われの身なら同じことです。

 

でも、自分でビジネスをすれば収入に限界はありません。

 

ほとんどの人は1か月単位でしか物事を見ていません。

毎月入ってきたお金をどうやりくりするかしか考えていないということです。

 

これでは一生積み上げ思考になることはありません。

 

ゴール設定ができている人は自然と積み上げ思考になります。

 

そういう人は今月結果がでなくても気になりません。

今の経験が活かされて将来的に成功できればいいからです。

 

まとめ

多くの人は自分が何をやりたいのかが明確ではありません。

 

どこかで見た他人の夢を自分の夢だと錯覚しています。

 

だから、豪邸に住んだり高級車を乗り回すことが自分の夢だと思い込んでいるのですが、心の底から「やりたい」と思っていないのでパワーがでません。

 

  • 継続できない
  • モチベーションが上がらない
  • ネタがない

 

結局これらの問題は本質ではなく、

ゴール設定がしっかりとできていないことが根本的な原因です。

 

ただし、ゴールは高ければ高いほど良いので低いゴール設定をしても意味がありません。