Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

コンテンツビジネスの非常識なビジネスセオリー

コンテンツビジネスには、

一般的なビジネスセオリーが通用しないことがあります。

 

一般的なビジネスではタブーとされていることも、

コンテンツビジネスではOKな場合もあるということです。

 

それだけコンテンツビジネスは特殊だということです。

 

今日は一般的なビジネスでは絶対に考えられない、

プラットフォーム型コンテンツ販売における

非常識な販売戦略についてお話しします。

 

 

f:id:Apollojustice:20210402074839j:plain

 

プロダクトライフサイクル

プロダクトライフサイクルは、

市場を成熟度合いに応じて、

4つのフェーズに分けて分類したものです。

 

f:id:Apollojustice:20210402071210p:plain

出典:Globis 知見録

詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

 

www.specializedblog.com

 

一般的なビジネスセオリーでは、

個人や中小企業は「導入期」に参入してはいけないと言われています。

 

導入期は市場に対する認知が広がっていないので、

認知を広げるために膨大な費用や労力が必要になるからです。

 

資金力やマンパワーのない個人や中小企業では、

認知を広げる前に力尽きてしまいます。

 

しかし、コンテンツビジネスの場合は、

必ずしもこの法則は当てはまりません。

 

コンテンツビジネスは、

制作コストがかからない上に、

在庫リスクも一切ないからです。

 

しかもプラットフォームを使って販売する場合は、

集客・セールスも完全に自動化することができます。

 

一般的なビジネスの場合、

導入期に参入して商品が売れなければ、

在庫を抱え赤字になってしまいます。

 

集客やセールスなども自分で行う必要があります。

 

商品を売ろうとすればするほど、

手間や労力も増えることになるということです。

 

そのため、導入期に参入するのは非常にリスクが高いのです。

 

しかし、コンテンツビジネスの場合、

商品が売れなくても赤字になるリスクはありません。

 

無形商品なので在庫リスクもありません。

 

つまり、商品がまったく売れなくても、

金銭的ダメージが一切ないということです。

 

一度商品を納品してしまえば、

後はプラットフォームが勝手に集客・販売をしてくれます。

 

自分は一切何もしなくてもいいので、

売れなくてもリスクはなく、

売れればラッキーというわけです。

 

ライバル不在のニッチ市場

ライバルのいないニッチ市場は、

ブルーオーシャンであると考えがちです。

 

しかし、実はそれはブルーオーシャンなのではなく、

単純に「需要がない」という場合がほとんどです。

 

このご時世で誰もライバルがいない市場というのは、

新規ビジネスを除いては基本的にありません。

 

もしそれがブルーオーシャンだとするならば、

とっくの昔に誰かが参入しているはずだということです。

 

ライバルがいないとうことは、

採算が取れるだけの市場規模がないということです。

 

したがって、ライバル不在のニッチ市場は、

一般的には「参入すべきでない」と言われています。

 

しかし、このセオリーはコンテンツビジネスには当てはまりません。

 

需要がゼロでなければ、

市場に参入しても問題ないのです。

 

採算が取れるだけの市場規模がない場合、

一般的なビジネスだとジリ貧になります。

 

商品を売るためにコスト(お金・労力)がかかるのに、

それに見合っただけの利益が得られないからです。

 

プラットフォーム型コンテンツ販売の場合、

集客・セールスは完全に自動化されています。

 

要するに商品を売るためのコスト(時間・労力)がかからないということです。

 

しかも原価ほぼゼロなので、

1件でも売れれば利益はプラスになります。

 

仮に月に1件しか売れず、

利益が1000円しかなかったとしても、

十分採算が取れるのです。

 

なぜなら、完全放置で毎月1000円の収益が自動的に発生するからです。

 

仮に売れない月があったとしても、

お金や労力を消耗することはありません。

 

ライバルがいないニッチ市場にコンテンツを置けば、

必然的に自分の商品が選ばれることになります。

 

つまり、パイは小さくても、

パイの取り分は大きくなるというわけです。

 

まとめ

動画版はこちら。

コンテンツビジネスの優れている点は、

 

  • 低コスト
  • 高利益率
  • 在庫リスクなし
  • 完全不労所得

などが挙げられます。

 

時間や資金力のない個人であっても、

安定した収益をほったらかしで得ることができるのが、

コンテンツビジネスの最大の魅力です。

 

高額商品の販売にチャレンジすれば、

数千万~億単位の収入を稼ぐことも可能です。

 

ブログだけで稼ぐのは難易度が高いです。

 

多くの人は収益を自動化できないし、

ほどんど稼げない上に収入も安定しないからです。

 

長期的安定収入を不労所得として手に入れたい人は、

ぜひコンテンツビジネスにチャレンジしてみてください。

 

コンテンツビジネス初心者の戦略は、

こちらの記事で解説しています。

www.specializedblog.com