あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

【アクセスアップ】ゴミ記事は「書かない」のではなく「消す」

ブログやアフィリサイトを作成する際の注意点として「ゴミ記事を書かない」というものがあります。

 

ゴミ記事の定義ははっきりとしたものがありませんが、簡単にいうとユーザーにとって有益でないページのことです。

ただ、それを言ってしまうと日記ブログはすべてゴミ記事ということになってしまうので、ここでは「質の低いページ」としてゴミ記事を定義したいとおもいます。

 

果たしてゴミ記事は書かないほうがいいのでしょうか?

 

ゴミ記事は書かないほうがいい?

 

アフィリエイトサイトの場合

 

もしあなたがアフィリエイトサイトを運営しているのであれば、ゴミ記事は書かないほうがいいと思います。

なぜなら、サイトを訪れたユーザーというのは検索エンジン経由の人が大半、つまり新規ユーザーばかりだからです。

要するに一見さんばっかりということです。

 

新規ユーザーがあなたのサイトを訪れゴミ記事から流入してきた場合、有益な情報が得られないこととページの質が低いということで離脱してしまい、二度とサイトを訪れなくなる可能性があります。

 

そしてゴミ記事というのは検索エンジンからの評価を落としてしまうというデメリットもあります。

つまり、SEOに依存しているアフィリサイトというのは、ゴミ記事を書くのは時間と労力の無駄でデメリットしかないことになります。

 

ブログの場合

 

一方でブログの場合は、必ずしもゴミ記事を書いてはいけないというわけではありません。

 

ゴミ記事の質が著しく低い場合は書かないほうがいいですが、少しぐらい質が落ちる分には仕方ないと思います。

 

「アフィリサイト毎日更新!」と言う人はいませんが、「ブログ毎日更新!」と言う人はたくさんいます。ブログは積み上げ型なんです。

毎日更新していて毎回ホームランが出るような記事ばかりを書けるわけがありません。内野ゴロの日もあれば、三振の日だってあります。

 

ただアフィリサイトと違って、ブログというのはユーザー層がそのブログの読者(=ファン)である場合が多いです。

ファンからすると「質にこだわるあまり更新頻度が低いブログ」よりは、「質はそこまで高くないが、更新頻度が高いブログ」のほうが好まれる傾向にあります。

 

いくらブログのファンであったとしても、ブログを訪れるたび新規エントリーがなければやがて離れていきます。

 

芸能人のブログなんて内容だけならゴミ記事ばかりです。でもファンは内容よりも「その人が書いた記事」であることのほうが重要だから、ゴミ記事だからといって読まなくなることはありません。

 

読者(ファン)はその人を見たいのです。球場まで足を運んできたのに三振を恐れるあまり毎回打席に立たないのでは、ファンをがっかりさせてしまうだけです。

 

www.specializedblog.com

 

こちらの記事でブログを継続更新するためのマインドセットを紹介しています。

よろしければ参考にしてみてください。

 

ゴミ記事の活用法

ゴミ記事もまったく役に立たないかと言われれば、そういうわけではありません。

 

まずブログ記事を更新することによって、必ずPVが上がります。

1日のPVが平均100だとするならば、毎日更新をするのと2日に1回更新するのでは月間のPV数が1500も違うことになります。

 

もちろん質の高い記事とゴミ記事の比率は考えないといけません。

ゴミ記事の比率はせいぜい2割程度まででしょう。

日記ブログの場合はゴミ記事の比率が高くても問題ないと思います。

日記ブログの読者というのは記事の質よりも、あなた自身への関心のほうがより強いからです。

 

「ゴミ記事を書いたらファンが離れるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、たまにゴミ記事を書いたぐらいで離れていく人はファンではありません。

そういう人は遅かれ早かれいなくなります。

 

僕のメインブログも「はてなスター」を見ていればわかりますが、読んでくれている人は毎回読んでくれているのです。

毎日更新をしているので、毎回質の高い記事を提供できているわけではないのに、です。

 

実はゴミ記事にも活用法があります。

それは以前にも解説した「謎のキーワードによる検索流入」です。

 

www.specializedblog.com

 

ブログの場合、記事を書けば書くほど文字数が増えます。ということは、それだけ検索にヒットする単語が増えることになります。

そうすると、意図しないキーワードで検索エンジンからブログに流入してくるユーザーがたまにいます。

 

サーチコンソールのクエリを見ると、そのキーワードがどれだけ検索エンジン上に表示され、何回クリックされたかがわかります。

 

そして、そういう謎のキーワードは大体ライバルというのがいません。

仮にその謎のキーワードの表示回数が月に20回程度だった場合、その記事に少しテコ入れするだけで1位をとれるので、放置しておくだけで毎月20名のユーザーを獲得できることになります。

 

そのうちの半分がブログの読者になってくれるとすると、ゴミ記事を放置しておくだけで毎月10名ずつ読者が増えていく計算になります。

 

アフィリサイトというのはLTVが低いです。ユーザーのニーズが満たされればそのサイトを訪れることは二度とないからです。

それに対しブログというのは、リピーターがたくさんいるのでLTVが高いです。

たった読者が月に10名増えただけだったとしても、毎日更新していればそのLTVは膨大な数値になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

アフィリサイトと違い、ブログの場合は必ずしもゴミ記事を書いたらダメだというわけではありません。

毎日更新するためであれば、多少質の低い記事を書いてしまうのは仕方のないことです。

更新してしばらくしたら削除すればいいんです。

 

おそらく「ゴミ記事は書くな」という情報はアフィリサイト運営者向けに発信された情報だと思いますが、ブログと混同されている人もいるのではないかと思います。

 

ブログというのは毎日更新していると、自然と文章もうまくなってきます。

完璧主義を目指すと挫折してしまう可能性が高くなるので、とりあえず記事を書くことを優先したほうがいいと僕自身は思います。