Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

MailChimp(メールチンプ)のアカウント停止を食らった話

あなたはどこのメルマガスタンドを使っていますか?

 

メルマガスタンドの選択はDRMにおいて極めて重要です。

その選択をミスるだけで売り上げにも大きく差が出てきます。

 

メルマガスタンドによっては不達や遅延などもあり、

これはセールスをする上で大きなマイナス要因となります。

 

だからこそ、メルマガスタンドを選ぶ時は慎重になりたいものです。

 

ちなみに僕が使っていたメルマガスタンドはMailchimp(メールチンプ)です。

 

海外のサービスになりますが、世界一のメルマガスタンドなのでご存じの方も多いでしょう。

 

インターフェイスは日本語対応していませんが、

申し込みフォーム(ユーザー側)やその他の表示は日本語表記にできるため、

日本人マーケッターでも利用している人は多いです。

 

もしあなたがMailchimpを使っているのなら、

絶対に知っておかないといけないことがあります。

 

それは....

 

MailChimpはアカウントをBAN(停止)される

 

ということです。

 

 

 

MailchimpにアカウントBAN(停止)された話

ある日届いた一通のメール

ある日メールボックスをチェックすると、Mailchimpからメールが届いてました。

 

何だろうと思って開封してみると...

 

f:id:Apollojustice:20200516133136p:plain

 

なぬ!?

 

「ポリシー(規約)違反のためこれ以上サービスを提供することができない」

 

とのことです。

 

ちなみにこのメールが届いたのはあるステップメールの原稿を書き終えた後です。

 

原稿の内容について触れる前に、ポリシーの確認をしておきましょう。

mailchimp.com

 

僕が書いたメールの中にこの規約に違反するワードが含まれていたのです。

 

MailchimpはAIで送信内容をスクリーニングしているらしく、

僕のメルマガはそのフィルターに引っかかったようなのです。

 

恐ろしいのは、AIのフィルターに引っかかっただけで強制一発退場だということです。

 

Mailchimpのどこかの文面にもRed cardなる記載があります。

 

今回僕が強制退場を食らったワードは「アフィリエイト」です。

日本語のメルマガです。

 

アフィリエイトは上記ポリシーの禁止コンテンツにも含まれていますね。

 

ちなみにアカウントを停止されてもログインをすることはできます。

 

メールの送受信などはできませんが、

バックアップデータをエクスポートしたりなどはできます。

 

Mailchimpは無料で利用することもできますが、

ステップメールを利用したければ有料プランに申し込む必要があります。

 

僕も有料プランを利用していました。

ポリシー違反の濡れ衣を着せられる

このブログは昔から読んでいる人は薄々気づいていると思いますが、

僕はアフィリエイトに対してどちらかというと懐疑的な立場をとっています。

 

アフィリエイトのビジネスモデルそのものは素晴らしいと思いますが、

それを運用する側のモラルとかを見ていると、

どうしてもネガティブなイメージを持ってしまうのです。

 

なんか自分の利益のことばかり考えていて、

買い手(顧客)の幸せを全然考えていない感じがどうも好きになれないんですよね。

 

もちろん、中には顧客目線でアフィリエイトをしている素晴らしい人もいますよ。

 

このブログはSEO対策、アドセンス、コピーライティングなど、

ブログ収益化には必要不可欠な要素がカテゴリに含まれていますが、

アフィリエイト」というカテゴリがないのにお気づきでしょうか?

 

実はこのブログでは、

アフィリエイトを推奨する記事を一度も書いたことがありません。

 

 どちらかというと、アフィリエイトはおすすめしないという立場をとっています。

www.specializedblog.com

 

上記記事は僕の個人的な意見なので、

アフィリエイトが絶対的にダメだということではありません。

 

僕自身もアフィリエイトをやることはあります。

 

ただこれからの時代は、他人の商品を代理販売するよりも自分のコンテンツを売るほうが、長期的に安定収入を構築できるのは間違いありません。

 

前置きが長くなりましたが、

僕がメルマガに書いたのは上記記事のような内容のメールです。

 

アフィリエイトよりもコンテンツビジネスのほうがいかに優位性があるかについて、

メルマガの中で熱く語ったところ、秒速でMailchimpにアカウントをBANされました。

 

これはMailchimpさんがアフィリエイトを推奨しているという解釈でよろしいでしょうか?

 

まさかAIがただ「アフィリエイト」というキーワードを拾っただけで、

内容も精査せずに一発退場を食らわせたなんてことはないですよね?

 

汚名返上の抗議文を送る

 

アカウント停止(正確にはsuspended)を食らうと、

問題のある箇所を修正して再度アカウント復旧のリクエストが出せます。

 

僕も例のメール(実際はポリシー違反ではないが)を削除して、

フォームから以下の文面を送って抗議しました。

 

I just found the message that my account has been disabled.
Apparently my account violates the policy because one of my email mentioned about affiliate in Japanese. That word seemed to be detected.

But I swear I didn't promote affiliate. I just explained why people shouldn't do affiliate as their side job(because it's too competative for beginners).

I deleted the corresponding email. so I would like you to enable my account again.

 

ちなみに「○○だってば」と言いたいときは英語でI swearを使います。

便利な表現なので覚えておきましょうね。

 

しかし、このメッセージを送ってもアカウントは復旧されませんでした。

 

Twitterで愚痴る

久しぶりに理不尽な仕打ちを受けて腹の虫がおさまらなかったので、

Twitterで愚痴ってみました。

 

どうせ誰も読んでいないだろうけど、

同じ失敗をする人がいるかもしれないので。

 

 

 まさかのMailchimp公式アカウントから返信が

誰も読んでいないだろうと思っていたツイートですが、

まさかのMailchimpの公式アカウントから返信がありました。

 

 

 ハッシュタグおそるべし。

 

状況を精査するので、チケット番号をコンプライアンスチームにメールで送ってくれと言っています。

 

 

 ↑愚痴る(①)

 

↑愚痴る(②)

 

 僕も10年海外でビジネスをやってきているので、

どのように交渉すればいいのかは理解しています。

 

日本のように高圧的な態度で臨むと逆効果なので、

あくまでも「残念です」、「悲しいです」とアピールしたほうが効きます。

 

ちなみにコンプライアンスチームにメールを送りましたが、

まだ返事は来ていません。

 

COVID-19の影響で返信が遅れるそうなので、

もうしばらく待って動きがなければ再度連絡して見ようと思います。

 

ちなみに、海外の企業は都合の悪いメールはシカトする傾向があります。

 

もしあなたもメールをシカトされて困っているなら、

絶対に返信がもらえる魔法のフレーズを伝授します。

 

僕が10年間3か国に渡ってビジネスをしてきて見つけた、

返信率98%の魔法のフレーズです。

 

それはこちら。

 

Why do you keep disregarding my email?

(なんでメール無視すんの?)

 

この一言だけを送ると、かなりの高確率で返信がきます。

 

お試しあれ。

 

おわりに

ちなみにMailchimpの禁止コンテンツの中には、

「自宅から行うオンラインでのお金稼ぎ」も含まれています。

 

もしそれが完全アウトだとするならば、

日本人のMailchimp利用者は軒並みアカウント停止を食らうでしょう。

 

僕が送ったメールには「アフィリエイト」という単語が頻繁に出てきたので、

AIのスクリーニングに引っかかってしまいましたが、

Mailchimpを使ったメルマガでアフィリエイトしてる人なんてたくさんいるわけです。

 

あなたもMailchimpを使っている(使う予定)なら気を付けたほうがいいです。

 

MailchimpはZapierというツールを使うことによって、

自動化(automation)ができるメリットがあります。

 

ただのメルマガスタンドとして利用するなら、

日本人向けのメルマガスタンドを選ぶ方がいいと思うのですが、

なぜMailchimpをあえて選択するマーケターが多いのか謎です。