あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていない最先端のGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

人生からお金の不安を消し去る極意

日本はコロナウィルスの影響で大混乱のようですね。

 

僕が暮らすカナダでも感染者は確認されましたが、

生活面での影響はまったくありません。

 

日本では買占めや自宅待機などの影響により、

苦しい生活を強いられている人も少なくありません。

 

特に今回の一件で出社できず給料がストップしてしまったり、

会社が倒産してしまったという人もいると聞きます。

 

給料が入ってこなくなると生活ができなくなるので大変ですね。

 

その不安を消し去る方法があるとしたらあなたは知りたいですか?

 

 

人生からお金の不安を消し去る方法

f:id:Apollojustice:20200303160926j:plain

 

結論から先に言うと、「自分の力でお金を稼ぐ力をつける」ことです。

 

会社に所属している限り、自分の人生を会社に依存することになります。

 

毎月安定した給料がもらえるというメリットがある反面、

自分の時間やお金をコントロールできないというデメリットもあります。

 

会社に所属するリスクは今回のような場合に顕著に現れます。

 

どんなに自分が働きたいと思ったとしても、

会社が倒産してしまったり出社を禁じられてしまったとしたら、

収入がいっさいストップしてしまうわけです。

 

自分でお金を稼ぐ力を身に着ければ、

仮に会社が倒産しても自分の力だけで生きていくことができます。

 

インターネットを使ってビジネスをすれば、

自宅から一歩も出ることがなく収入を得ることができます。

 

場所に縛られない働き方ができるので、

今回のコロナウィルスのようなことが起こったら、

海外に避難することだってできるわけです。

 

アフィリエイトは飽和する

このブログを読んでいる人の中には、アフィリエイトをやっている人も多いと思います。

 

確かにアフィリエイトは素晴らしいビジネスモデルですが、

景気が悪くなればなるほど競争が激化し市場が飽和します。

 

不景気になったら皆何を考えますか?

 

とりあえず副業を始めようと思いますよね。

そしてネットで副業について調べます。

 

そこで「アフィリエイト」というキーワードを発見します。

 

「よし、これなら俺にもできそうだ」と大量の人々が参入してきます。

 

その大多数は数か月も持たずに消えていくわけですが、

それでも成果を出す優秀な人々は一定数います。

 

アフィリエイトでライバルが増えると何が起こるか?

 

どんどんジリ貧になっていきます。

 

全体のパイの大きさが100だったとします。

 

今まではライバルが5人しかいなかったので、

一人当たりの取り分は20ありました。

 

しかし、大量に参入者が増えてきてライバルの総数が50人になりました。

そうすると一人当たりの取り分は10分の1まで減ります。

 

実際にはこんなに均等になることはありませんが、

便宜上このような数値にしておきます。

 

アフィリエイトは基本的に一人勝ちをすることができません。

 

差別化ができないからです。

 

AとBの2つの店で同じ商品が同じ価格で売られていたら、

あなたはどちらで商品を購入しますか?

 

どっちでもいいですよね?

 

それは「A(B)で買わなければならない理由がないから」です。

 

差別化ができていないから、お客さんから選んでもらうことができないんです。

 

アフィリエイトというのは基本的に他人の商品です。

そのため価格や内容をコントロールすることができません。

 

そうすると、すべてのサイトで同じ商品を同じ提供条件で販売することになります。

どこで買っても条件が一緒なら、お客さんはどこで買っても別にいいことになります。

 

だから、ライバルが増えれば増えるほど一人当たりの取り分が小さくなるわけです。

 

ライバルと差別化する方法

ライバルと差別化する方法は簡単です。

 

自分自身を商品にすればいいんです。

 

自分の知識やノウハウをまとめて販売したり、

コンサルやコーチとなってスキルを提供するのです。

 

自分自身が商品になると価格競争に巻き込まれることがなくなります。

 

お客さんにとって「あなたでなければならない理由」ができるからです。

 

歌手や芸能人なんかがわかりやすいですね。

 

お客さんは歌が上手い人の歌を聞きたいから

お金を払ってコンサートに行くわけではありません。

 

その歌手が歌うからお金を払うわけです。

 

それと同じで、お客さんはあなたの提供するサービスだから商品を購入するわけです。

 

コーチングやコンサルティングをしている人は、

単価が数十万から100万単位の人もいます。

 

1件契約取れるだけで数十万の収入です。

 

だからこそ、年間数千万単位のお金を個人で稼ぐことができるのです。

 

もっと安いコーチングやコンサルティングはいくらでもあるのに、

それでもお客さんに選ばれるのは、「○○さんでなければならない」理由があるからです。

 

要するに差別化できているということです。

 

ちなみにセッションやセミナーの動画を二次利用して、

コンテンツとして販売すれば不労所得を構築することもできます。

 

セッションやセミナーをしなくても、PDFや音声商品を販売することもできます。

 

自分の商品なので内容も金額も自分で決めることができるんです。

しかもコストがほぼゼロなので利益率が非常に高いです。

 

彼らも我々と同じくブログを使って情報発信をしています。

 

決定的に違うのはブログ単体でマネタイズをしようとしていないことです。

 

彼らにとってブログはあくまでも集客ツールです。

 

そこからメルマガに誘導して自分の商品を販売した方が、

収入は何十倍にもなることがわかっているから、

彼らはブログを使ってアフィリエイトで稼ぐという選択肢を選ばないのです。

 

チャンスをつかむ人と逃す人の違い

 

「そんなものに数十万払うなんてありえない」と思ったあなたは危険です。

人生を変えるチャンスを自ら逃しているかもしれないからです。

 

www.specializedblog.com

 

たった数十万払うだけで人生が変わるのであれば安いものです。

数十万の投資が数千万になって返ってくることだってあるわけです。

 

それを目先の損得だけで判断するから、せっかくのチャンスを逃してしまうのです。

 

www.specializedblog.com

 

 不労所得の柱を複数持つ

今の時代、収入の柱が1本しかないのは非常にリスクが高いです。

その収入源がなくなったら、いっさいお金が入ってこなくなるからです。

 

その収入の柱が「会社」であるならばなおさらです。

 

自分でコントロールすることができないので、

倒産や解雇のリスクもあるからです。

 

家と同じで収入の柱も多ければ多いほど安定します。

 

もちろんアフィリエイトもその手段の一つですが、

それだけに限定してしまうと非常に危険です。

 

グーグルのアップデートによって多くのアフィリエイターが姿を消したのは、

アフィリエイト以外に収入源を持っていなかったからです。

 

今の時代インターネットを駆使すれば、

個人でも不労所得を組み立てることは簡単にできます。

 

例えばこれです。

www.apollosblog.com

 

僕は今日Kindleで書籍を出版しました。

 

Kindleは一度出版してしまえば、あとはAmazon様が自動的に集客してくれます。

 

放置しておくだけで勝手にお金が入ってくるんです。

 

Amazonが滅びるか自分が死なない限り永遠にお金が入ってきます。

寝たきりで働けなくなっても毎月お金が入ってくるんです。

 

でもほとんどの人はやりません。

その理由は「そういう手段があることを知らない」からです。

 

なぜ知らないか?

それは正しい(知っている)人から学ばないからです。

 

ちなみに僕は自分の商品を他のプラットフォームでも販売していますが、

それも完全放置で毎月数百ドルの不労収入があります。

 

新時代の働き方

これからの時代は個人が商品となる時代がやってきます。

 

あなたがこれから大成功をしたいのであれば、

アフィリエイトよりもセールス(コピーライティング)やマーケティングDRMを学ぶことをおすすめします。

 

ほとんどの人がそれを学ばないのは、そもそもその存在を知らないのと、

それを教えている人が少ないからです(ブログから離れればたくさんいます)。

 

「自分にはスキルも知識もない」と思うかもしれませんが、

それは自分のスキルや知識を商品化する能力がないだけです。

 

そういうことを教えてくれる人は少ないですからね。

 

インターネットを使って不労収入を確立すれば、

時間や場所に縛られることがなくなります。

 

嫌な人に頭を下げる必要もなくなるのです。

 

ネットを使えばほぼノーリスクなのに、

やらないなんてもったいないと思いませんか?

 

ブログはあなたのためにお金を生み出してくれる資産です。

 

ただ、ブログ単体でマネタイズするのは稼ぎづらい時代になりました。

 

早い段階でブログを収益媒体から集客媒体に変えて、

時代の流れに乗り遅れないようにしましょう。