あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

次世代のアフィリエイト

昨今では「ブログはオワコン」とか「アフィリエイトは稼げない」とかいう話を聞くようになりました。

 

なぜそのような話が出てくるかと言われれば、それはすべて自分のコントロールできない媒体に依存しているからです。

 

特にアフィリサイトに関してはブログと違い完全にSEOに依存しています。

ブログは読者の数を増やし信頼関係を構築しておけば、仮にアルゴリズムの変動があったとしても、被害を最小限に抑えることができます。

 

またアフィリエイトに関しても、サイト(ブログ)上だけでなくそこからメルマガなどのDRMに誘導し、定期的に読者とコンタクトが取れる(プッシュ型)状態になっていれば、仮にサイト(ブログ)上の商品の売り上げが落ちてしまったとしても、収益がゼロになってしまうということはありません。

 

アフィリ商品に関しても、突然ASPが案件終了してしまったりすることがよくあります。

 

これも他者の商品に依存しているために起こる問題です。

 

このあたりのリスクヘッジも考えながらネットビジネスをしないと、今後業界に変動が出るたびにその煽りを受けることになってしまいます。

 

これからのネットビジネス

これからネットビジネスで生き残っていくためには、従来のスタイルだけに固執していてはいけません。

 

いつ何が起こるかは全く予想できません。

 

代表的な例が「仮想通貨ブーム」です。

仮想通貨ブームによって大きく稼いだという人はたくさんいると思いますが、ブームとは一過性のもので長くは続きません。

 

月収100万円稼いでいた人が、ある日突然収益ゼロになってしまうということも普通に起こることです。

 

これは特定のプラットフォームに依存していたから起こった問題ではなく、ブームの変化によって影響を受けたのが原因ですが、どちらにしても自分のコントロールできる範疇を越えているものに依存していたことが原因です。

 

同じように、今まで稼げていた手法も今後稼げなくなってしまうということは十分に考えられます。

 

次世代のアフィリエイト

したがって、そういった外的要因の影響を受けない収入源を確保しておくことが、今後ネットビジネスで生き残っていくために必要であるということが言えます。

それが次世代のアフィリエイトです。

 

そして次世代のアフィリエイトに最も適しているのがブログです。

 

コミュニティ化 

 

次世代のアフィリエイトとは、読者との信頼関係を構築してコミュニティ化をすることです。

 

コミュニティ化といいますが、別にオンラインサロンをやらないといけないということではありません。

有益な情報を発信し続けて読者との信頼関係を構築していけば、自然とコミュニティは出来上がってきます。

 

長期的にブログを運営していると、あなたの独自性(MSP)を気に入った人だけが自然と読者として残っていきます。

それがコミュニティ化です。

 

ちなみにコミュニティ化とMSPについては、こちらの無料動画で詳しく説明してくれています。

 

ism-asp.com

 

普段から良質な情報を発信していれば自然とユーザーが集まってきます。

そして、その中から何人かが読者となり、さらにその中の何人かがファンとなります。

 

ファンを獲得してしまえば、もうアルゴリズムの変動にに怯える必要はありません。

そして、自分の独自性を気に入ってくれたファンの人だけが残っているので、万人受けを狙った記事を書く必要もありません。

 

そちらのほうが精神衛生上健全だし、長期的にブログを運営するのにも良いわけです。

 

読者との信頼関係を構築できないし、長期的に記事を投稿しつづけるわけでもないアフィリサイトではコミュニティ化は難しいです。

 

自分の商品の開発

アフィリエイトは、どうしても広告主やASPの制限範囲内でビジネスをすることになります。

 

稼ぎ頭だった案件がある日突然終了してしまうなんてこともあり得ます。

 

そうすると、以前と同じ水準の収入を確保するのに時間と労力が必要になってしまいます

 

これからの時代はASP経由のアフィリエイトだけでなく、「自分個人の商品を持つ」といったことも大切になります。

自分の商品であれば制限もなく、販売終了の煽りを受けることもありません。

 

また、ブログ上で読者との信頼関係が構築されているので、自分の商品が売れやすくなります。

あなたのファンは、あなたの商品なら買いたいと思うものです。

 

もし、アフィリサイト上で自作の商品を宣伝してもまず売れないでしょう。

ブログは世間的にはまったくネームバリューのない人間でも、自分の商品を売ることができるという強みがあります。

 

自分の商品を作ると聞くとお金も労力もすごくかかるというイメージがありますが、インターネットを使えばコストをほぼかけることなく、労力も最小限で自分の商品を販売することができます。

 

一番いいのが情報販売です。

情報販売と聞くとうさんくさい印象がありますが、本だって情報ビジネスです。

本のことをうさんくさいと思う人はほとんどいませんよね。

 

特化ブログを長期的に運営している人は、その分野に関してはセミプロレベルの知識や経験はあるはずです。

その知識やスキル、ノウハウを世の中に提供するのです。

 

仮に自分の実力に自信がなかったとしても、自分よりもレベルが下の人は世の中にたくさんいます。

そういう人たちに教えることができるのは、その分野のエキスパートではなく、少しだけレベルが上の自分のような存在です。

 

ですから必ず需要はあるので、自信をもって商品づくりに取り組んでみてください。

 

ちなみに僕も先日自分の商品の販売を始めました。

 

ココナラ商品一覧ページ

 

最初から動画や音声教材をつくるのがハードルが高いということであれば、まずはPDF教材をつくることからおすすめします。

 

ココナラはそういった簡単な商品も販売しやすいプラットフォームになっていますので、商品ができたら露出してみましょう。

 

最初は簡単な情報販売からスタートし、徐々にレベルアップしてセミナーやコンサルなどのビジネスにつなげていくのが良いと思います。

 

自分の商品というのは、他の人には真似できません。

買う側もあなただから買ってくれているということもあります。

 

この状態にもちこむことができたら、競合の人間や案件停止に怯えることもありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

これからの時代は個人が商品となる時代が必ず訪れます。

旧来の会社や組織に雇われ生きていく道というのは、徐々に先細りしていくことでしょう。

 

ネットビジネスは軍資金もほとんどかからないので、副業として始めるのにも適しています。

 

近い将来個人で稼ぐ力をつけるためにも、今から準備をしておくことが重要です。