Evergreen Blog ~弱者のためのファン創造コンテンツマーケティング~

Udemyベストセラー講師アポロによるコンテンツ販売・コンテンツマーケティングの奥義

新時代のブログは「特化+日記」融合型

ブログには様々なスタイルがあります。

 

  • 日記ブログ
  • 雑記ブログ
  • 特化ブログ
  • トレンドブログ

 

どのブログスタイルが稼げるかは、

本人の適性と時流が大きく関係しています。

 

今回はその「時流」に関する話です。

 

時代の変化とともに、

ノウハウやテクニックは通用しなくなります。

 

一昔前は稼げたブログスタイルも、

今の時代はまったく稼げないなんてことも普通にあります。

 

これからの時代は、

雑記ブログやトレンドブログはかなり不利です。

 

 

日記ブログは一般的にマネタイズに不向きだと言われますが、

これからの時代は使い方次第で強力な武器になるのです。

 

 

不景気+副業解禁がもたらすブログへの影響

f:id:Apollojustice:20210224224238j:plain

ブログを書いている人はアクセス数のことばかり意識していますが、

これからの時代はアクセスの数よりも質のほうが重要になります。

 

大手企業や強豪サイトならば数で勝負することもできますが、

弱小ブログが数で勝負するのは無理があるからです。

 

弱者は弱者の戦略で戦わなければなりません。

 

これから景気がますます悪くなると、

副業を始める人の数が激増します。

 

ネット副業といって真っ先に思いつくのが「ブログ」でしょうから、

今後ブログに参入してくる人はますます増えるでしょう。

 

たとえ彼らのブログが1日10PVしかない雑魚ブログだったとしても、

そういうブログが1000個あれば10000PVになります。

 

アクセス数の母数が増えていないと想定した場合、

それらのブログが存在することによって、

我々のブログのアクセス数が10000PV減ることになります。

 

つまり、一人当たりのパイの取り分が少なくなるということです。

 

要するにアクセス数が減るということです。

 

もちろんライバルはブログだけでなく、

YoutubeやSNS、ポッドキャストなども競合になります。

(もっと言うならすべての娯楽もライバルです)

 

つまり、これらのメディアを始める人が増えれば、

それだけ自分のブログのアクセスは減るということです。

 

アフィリエイトの限界

アクセス数が少なくなるということは、

商品あたりの利益単価を上げないと稼げないということです。

 

仮に1件1000円の利益が出る商品で月に30万稼ごうと思ったら、

月に300個商品を売らなければなりません。

 

アクセス数の少ない雑魚ブログには、

ほぼ達成は不可能でしょう。

 

仮に1件10000円の利益だったとしても、

月に30個売る必要があります。

 

これも現実的ではないですね。

 

アクセスの少ない弱者が取るべき戦略は、

ニッチ化による高単価商品販売しかありません。

 

もし1件15万円の商品であれば、

月に2個売れるだけで30万円稼ぐことができます。

 

そのように考えた場合、

マネタイズ方法をアフィリエイトのみに限定するのは、

非常にリスクがあるといわざるを得ません。

 

(アフィリエイトが稼げない理由はこちら)

www.specializedblog.com

 

なぜならアフィリエイトは利益率が低いからです。

 

他人の商品を代理販売してその手数料をもらう形になるので、

どうしても利益率は低くなってしまいます。

 

コンテンツビジネスであれば、

直販の場合利益率100%を出すこともできます。

 

コーチやコンサル業も同様です。

(広告などを使わない前提)

 

アフィリエイトであれば1件10000円の報酬でもマシな方ですよね。

1件10万円を越える案件はなかなかないはずです。

 

あったとしてもそういう案件は超強敵なライバルがいるので、

初心者が勝てる見込みはゼロに近いです。

 

仮に1件10000円の案件だった場合、

月30万稼ぎたければ30個売る必要があります。

 

初心者が1万円の商品を月に30個売るのは至難の業です。

 

これからパイの奪い合いが激化しアクセス数が減る状況の中、

アフィリエイトだけで稼ぐというのは限界があります。

 

アフィリエイトをサブの収入源として利用する分には問題ありませんが、

メインの収入源にした場合、初心者はほとんど稼げない可能性があります。

 

これからの時代は差別化がカギ

高単価商品を販売したいのであれば、

特化ブログを書く必要があります。

 

雑記ブログのようなターゲットがバラバラのブログでは、

適切なターゲットを集客することができないからです。

 

ただし、これからの時代は、

「ただの特化ブログ」だけでは厳しいでしょう。

 

これだけ情報がネット上に溢れている現代では、

大半の情報はネットで検索すれば見つかります。

 

単なる知識やノウハウ提供ばかりの記事を投稿しても、

ライバルと差別化することはできません。

 

なぜなら、同じようなことを発信している人は、

他にいくらでもいるからです。

 

つまり、「あなたでなければならない理由」が不在だということです。

 

知識やノウハウ発信ばかりしていると、

自分よりすごい情報を出しているライバルに、

自分の見込み客を奪われてしまいます。

 

見込み客からすると、あなたから情報を得る必要性がないからです。

 

自分が選ばれるためには、

ライバルと差別化することが必須になります。

 

今のこの時代に情報発信の内容だけで差別化するのは無理があります。

 

大抵の情報は他の誰かがすでに発信しているからです。

 

ではどうやって差別化をすればいいのか?

 

一番簡単な方法は「自分のパーソナリティを出す」ということです。

 

 

新時代のブログは「特化+日記」融合型

長期的に稼ぎ続けるためには、

自分のファンを作る必要があります。

 

その際に重要になるのが「自分の色を出すこと」です。

 

自分のパーソナリティをいかに表現するかが、

ファン化をする上において極めて重要になります。

 

そこで大きな役割を果たすのが「日記ブログ」です。

 

正確には「日記」ではなく、

自己開示型ブログです。

 

自分という存在はこの世に一人しか存在しません。

 

すなわち、自分を表現するということは、

必然的に差別化につながるということです。

 

僕とあなたが同じテーマについて情報発信をしたとしても、

聞き手への伝わり方や印象はまったく違うものになるでしょう。

 

ただ役立つ情報を発信するだけのブログは、

自分のパーソナリティを表現するのが難しいです。

 

そこで表現されるのは無機質な情報の羅列だけです。

 

自分という人間を深く知ってもらうためには、

定期的に自己開示をしたり自己主張をする必要があります。

 

だからこそ、「特化+日記」融合型ブログが重要になるわけです。

 

日記ブログに対する誤解

「他人の日常など誰も興味ない。

だからこそ日記ブログなど書いても誰も読まない」

 

こういう主張をよく見かけます。

 

言わんとすることは理解できますが、

この主張は重要な部分を見落としています。

 

「(商品価値のない)他人の日常など誰も興味がない」

 

ということです。

 

例えば、芸能人や人気Youtuberのような存在は、

彼ら自身に商品価値があります。

 

だからこそ、くだらない日常についてブログを書いただけでも、

たくさんの人が喜んでくれたりするわけです。

 

人気Youtuberが「好きなコンビニおにぎりベスト10」

を発表すれば視聴回数は100万回を越えますが、

無名の一般人が「好きなコンビニおにぎり」を発表したところで、

誰もそんなものに興味はないわけです。

 

つまり、自分自身に商品価値が生まれれれば、

どんなくだらない内容でも喜ぶ人が出てくるということです。

 

日記ブログを書いている人の多くが、

自分に商品価値のないうちから

個人的な内容(=日記ブログ)を書きます。

 

だから誰も興味を示さないわけです。

 

まず最初にやるべきことは、

自分自身に興味を示してもらうような状態を作ること。

 

そのために有益な情報をたくさん発信して、

「この人の話をもっと聞きたい」と思ってもらう必要があるわけです。

 

個人的な情報発信をするのはそれからです。

 

FB・インスタのキラキラ投稿がウケる理由

FBやインスタでキラキラした投稿をしてる起業家って結構いますよね?

 

あれってただ自慢をしたいから、

そういう投稿をしているわけではないのです。

 

フォロワーにとってあこがれの存在である自分が、

キラキラした投稿をすることにより、

「この人みたいになりたい」と思ってもらうためです。

 

もしくは「頑張ればこの人みたいになれる」と思わせるためです。

 

好き好んで他人の金持ち自慢など聴きたい人はいません。

 

フォロワーに夢を見させるために、

彼らの理想を実現している自分(起業家)が、

キラキラした投稿をするわけです。

 

ここでもポイントになってくるのが、

その人自身に商品価値があるかということです。

 

どこの誰かもわからないような人が、

キラキラ投稿をしたところで、

「金持ち自慢ウザ」で終わってしまうわけです。

 

ファンにとって自分(起業家)は憧れの存在。

 

だからこそキラキラした姿を見せる必要があるし、

そうすることによってより一層ファンの憧れが強くなるのです。

 

まとめ

これからの時代は「ファンを作ること」が、

長期的成功を掴むためのキーファクターになります。

 

そのためにはアクセスの量よりも質が 重要になります。

 

一見客のアクセスをどれだけ集めても、

リピーターにならなければ長期的安定収入は得られません。

 

アタッチメントもエンゲージメントも低い見込み客ばかりでは、

簡単にライバルに浮気されてしまいます。

 

自分のファンをつくるためには、

 

  • 有益な情報を発信する
  • パーソナリティを表現する

 

 この両輪が必要になります。

 

旧来のブログスタイルは時代にそぐわなくなってきてますね。