あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

【ブログ初心者でもカンタンにできる】売れるアフィリエイト商品の見分け方

ブログアフィリエイトで稼げるようになるためには、

「売れる」商品をアフィリエイトする必要があります。

 

あなたのコピーライティングスキルがどれだけ高くても、

商品自体に魅力がなければ収益を増やすことはできません。

 

とはいえ、無数にある商品の中から

売れる商品を見分けるのは難しいと思います。

 

ぶっちゃけた話、アフィリエイトしているのが「売れる商品」ならば、

コピーライティングのスキルがなくても勝手に商品は売れます。

 

 

 

売れる商品を見分けるメリット

売れる商品をアフィリエイトするメリットは、

単純に成約率が上がるというだけではありません。

 

読者の信頼を獲得することができます。

 

これは特にブログアフィリよりも、

メルマガアフィリで顕著に見られる傾向です。

 

あなたが購読しているメルマガで

紹介していた商品を購入して、

あなたの理想とする世界が手に入ったら、

その商品を紹介してくれた人のことを信頼するはずです。

 

特に、毎回毎回良い商品ばかりを紹介してくるなら、

もうそれだけでファンになることだってあります。

 

ブログを書く上で重要な考えの一つに、

アフィリエイト記事ばかりを書かない」というものがあります。

 

その考え方は、ある一部分においては確かに正しいです。

 

ただ、この言葉を表面上だけで理解してしまうと

「商品をアフィリエイトすることは良くない」という誤解をしてしまい、

それがメンタルブロックになってしまいます。

 

この言葉の本質をとらえると、

いらない商品をアフィリエイトすることは良くない」

ということが正しい解釈になります。

 

自分の悩みを解消してくれる商品ならば、

読者は進んでその商品を購入します。

 

迷惑に感じるどころか、

むしろその商品を紹介してくれたことに

感謝してくれるようになります。

 

www.specializedblog.com

 

人気の商品というのは、

それだけたくさんの人の問題を解決してきたから、

人気があるわけです。

 

人気とは商品にとっての「実績」のようなものです。

 

下手な商品をアフィリエイトすると

読者の信頼を失いますが、

きちんとした商品であれば、

喜んでくれる読者も一定数出てきます。

 

だから人気のある=無難な商品をアフィリエイトすることは、

自分にとってもメリットがあるのです。

 

売れる商品=成約率の高い商品

売れる商品の見分け方として、

ASPのプラットフォーム上のランキングを見る」

といった方法もあります。

 

ただ、この方法は他の人たちもやっている手法なので、

差別化をすることが難しくなります。

 

そして、ランキング上位に表示されている商品は、

「売り上げ数が多い」商品であって、「成約率が高い」商品ではありません。

 

アフィリ広告とPPC広告の大きな違いは、

「アフィリ広告はコンバージョン(成約)しなければ、

広告主はいっさい報酬を払う必要がない」という点です。

 

例えば、ある商品が月に1000個売れたとします。

その理由はたくさんの人がアフィリエイトしてくれたからです。

 

そのため、1000個販売するために

必要だったクリック数が500000回でした。

 

販売数だけ見ると1000個も売れているので、

「すごい」という印象を受けますが、

成約率で考えると決して良いとは言えません。

 

アフィリ広告はこれができるんです。

極端な話、1億回クリックされたとしても

一切コンバージョンしなければ、

広告主は一銭も払う必要がないということです。

 

したがって、ASPのランキング上位に表示されている商品は、

「単純にアフィリエイトされた数が多かっただけ」

ということも考えられます。

 

売れる商品とは「成約率の高い商品」ということです。

 

売れる商品の見分け方

f:id:Apollojustice:20191026124207j:plain

 

 

では、どうやったら成約率の高い商品を見つけることができるのでしょうか?

 

正解は「PPC広告の商品をアフィリエイトする」です。

 

PPC広告とは「1クリックあたり○○円」といったような、

クリック単価型の広告のことです。

 

検索エンジンを使ったときに、

検索結果の上部と下部に「広告」が表示されることがありますが、

あれがPPC広告です。

 

あとはアドセンス広告もPPC広告ですね。

 

たまに「1000ページビューあたり○○円」といったような、

クリック型ではない報酬体系で入札する業者もありますが、

アドセンスは基本的にクリック型の広告形態です。

 

このタイプの広告に出稿している会社の商品は、

「成約率が高い」傾向があります。

もしくは利益率が極めて高い商品です。

 

先ほどの例で言うならば、

仮に商品が1000個売れたとしても、

その個数を販売するのに500000回クリックが必要だったとしたら、

売り上げはおそらく赤字になるはずです。

 

商品1個あたりの利益が10000円だったとして、

1000個売れたら、合計の利益は1千万円になります。

 

でもアドセンス広告のクリック単価が30円だったとしたら、

五百万円の赤字になります。

 

つまり、どれだけ利益率が高い商品でも、

ある一定レベルの成約率がなければ、

PPC広告を出すことができないということになります。

 

普段から広告を見る癖をつける

僕たちは普段何気なく広告を見ていますが、

経営者は広告に対して非常に興味関心を持って見ています。

 

ある経営者は、

Youtubeの動画広告が邪魔だから、

プレミアム会員になって広告を消したいけど、

そうすると広告を見ることができなくなるから、

プレミアム会員にはならず、そのままにしている」

と言っていました。

 

PPC広告だけに限らず、

雑誌や新聞などあらゆる媒体の広告に意識を向けることは、

ビジネスセンスを磨くために非常に重要です。

 

「広告を出している=儲かっている」

 

という図式が成り立つからです。

(アフィリ広告のような成果報酬型は除く)

 

PPC広告に表示される広告でも、

アフィリエイトできる商品は結構あります。

 

だから、普段から広告を意識して見ておくことは、

ブログの収益を上げるために欠かせないのです。

 

ひょっとしたら、雑誌や新聞に載っている広告の商品が、

アフィリエイトできるかもしれません。

 

売れない商品を売ることは高度なテクニックが必要ですが、

売れる商品はそこまで苦労することなく、

収益を上げることができます。