あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

【初心者ブロガー必見】ブログ運営に挫折するたった1つの理由は「○○と思っていない」から

今回の記事は、趣味でブログを運営している人にはまったく参考にならない内容になります。

 

なぜなら、趣味に挫折する人というのは存在しないからです。

 

挫折するということは、何かしらの目的・目標があってのことなので、

純粋に趣味としてブログを楽しんでいる人とは無縁の話です。

 

ブログ界隈の通説として、「初心者ブロガーの90%は3か月以内に消える」というものがあります。

 

実際に検証してみたところ、90%とはいかないまでもやはり大多数の人が3か月も持たずにドロップアウトしていました。

 

参考記事はこちらです。

 

www.specializedblog.com

 

今日は「なぜ多くの人が3か月も持たずにブログを挫折してしまうのか」ということについて、自分なりの考察を述べてみたいと思います。

 

ブログを毎日更新するよりも大変なこと

毎日忙しく働いていると、ブログを書くために時間を確保することができません。

 

「時間ができたらブログ書こう」というスタンスでいると、

後廻しばかりを繰り返し結局そのまま諦めてしまうことになります。

 

僕は「ブログは毎日更新したほうがいい」と考えていますが、

毎日更新が負担になるのであれば、自分のペースで更新すればいいと思います。

 

「ブログ毎日更新なんて無理だ」という人もいるかもしれませんが、

多くの人はブログ毎日更新よりも、もっと大変なことを日常的にしていることに気づいていません。

 

毎日会社に出社して働くことに比べれば、ブログを毎日書くことなんて楽勝もいいとこです。

毎日会社に出社することは継続できるのに、ブログは継続できないというのはおかしな話ですよね。

 

会社勤めは決まった時間に起きて、決まった時間に出社して、終わる時間も自分でコントロールできなくて、面倒くさい人間関係があったり、ストレスフルな通勤をしなければなりません。

 

そんな煩わしいことを毎日できるのであれば、ブログを毎日更新できないわけがありません。

 

ブログはノルマがあるわけでも、結果が出なくて怒られるわけでもありません。

自分の好きな時間に好きなことを書けばいいだけです。

 

ブログに挫折する理由は「○○」と思っていないだけ

f:id:Apollojustice:20190817090058j:plain

 

ではなぜ会社勤めは毎日できるのに、ブログは毎日継続できないのでしょうか?

 

それは「会社勤めは確実にお金を稼ぐことができる」からです。

 

生きていくためにはお金が必要になります。

だからそのお金を稼ぐために人々は働きます。

 

もし、会社勤めがブログ運営と同じく「稼げるかどうかわからない」という状態だったら、あなたは毎日会社勤めをすることができますか?

 

完全コミッション制の仕事をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

 

働いても働いても結果がでなければ収入が増えることはありません。

続けていれば花が開くことがあるかもしれませんが、ずっと結果が出ないまま終わってしまう可能性もあります。

 

そんな状況でも心が折れることなく、毎日働き続けることができますか?

 

この場合、コミッション制の仕事は副業だと考えてください。

あなたにはメインの収入源があり、そのお金で生活費を賄うことができます。

 

つまり、コミッション制の仕事はやってもやらなくても生きていく分には問題がないということです。

 

多分ほとんどの人はこの仕事を辞めてしまうと思います。

 

働いても働いても収入が増えず、先の展望が見えないからです。

体がきついとか時間がないからというのは、後付けの理由にすぎません

 

でも、もし結果が出ない状況でも毎日働き続けることで、

3年後に確実に1億円稼げるとわかっていたらどうですか?

 

3年間耐えれば100%1億円が手に入るのであれば、

どんなに体がきつくても、どんなに時間がなくても、毎日働くという人がほとんどではないでしょうか?

 

ブログ運営も同じです。

 

ブログを毎日更新することで数年後に確実に大きなお金を稼ぐことができる、ということがわかっていれば、無理をしてでも毎日ブログを書き続けるのではないでしょうか?

 

つまり、ブログに挫折する理由は「稼げると思っていない」だけということです。

 

稼げると思っていないのに稼げるわけないですよね。

だから結果がでなくて当然です。

 

すぐに結果を出そうと思わないこと

 

「お金を稼ぎたい」と強く思っている人ほど、すぐに結果を求める傾向があります。

 

特にネットビジネスに関しては、「たった1か月で」とか「1日30分の作業だけで」みたいな情報が蔓延しているので、「楽に稼げる」と誤解している人が非常に多いです。

 

ごくまれに短期間で大きな結果を出すことができる人もいますが、

そういう人はまれだと思ったほうがいいです。

 

どんなビジネスでも数年単位、数十年単位で利益を考えています。

起業して数か月で「儲からないから止めます」と言っていたら、会社なんて大きくなりません。

 

ブログは無料もしくは低コストで運営できます。

普通のビジネスと違って利益が出なくてもダメージはほとんどないんです。

 

だから結果を急ぐ必要などないのです。

 

挫折してしまった時の考え方

とはいってもブログを継続できず挫折してしまう人もいると思います。

 

その時に大切なことは「自分は挫折した」と考えないことです。

 

「自分は挫折した」と思ってしまうと、自分を責めたり自己嫌悪に陥ることになってしまいます。

そして、その傷によって自信を喪失してしまうことになります。

 

「自分は何をやってもダメだ」と。

 

そうではなくて、「自分はブログに向いていないということを発見できた」と考えるようにすることです。

 

人間には向き不向きがあります。

ブログに向いている人もいれば向いていない人もいます。

 

「挫折した」と思えばその体験は失敗になりますが、

「向いていないことを発見した」と考えればそれは成功体験になります。

なぜなら、それによって自分の進むべき道を見極めることができたからです。

 

僕も今までいろんなことに取り組んできましたが、

うまくいかないこともたくさん経験しました。

 

でもそのうまくいかなかった経験が無駄だったとは思いません。

 

その経験があったからこそ、「この道は絶対に選ばない」という決断をすることができました。

 

上手く行かなかった経験がなければ、常に「あの道へ進めばもっとうまくいくのではないか」という疑念を持ちながら生きることになります。

 

以前に「成功者は自分の勝ちパターンでしか勝負しない」とお話しましたが、

彼らはどんなに儲かる話があったとしても、それが自分の勝ちパターンでなければ絶対に手を出すことはしません。

 

だから彼らは成功し続けるのです。

 

成功者が自分の勝ちパターンを理解しているのは、

たくさん負けを経験してきたからです。

 

自分の負けパターンを理解し、「絶対にこの道は選ばない」と決断することで、

自分の勝ちパターンは絞り込まれていきます。

 

だから、「ブログに向いていない」ことを発見することは成功体験と言えるのです。

 

失敗をしても立ち上がる、もしくは失敗を失敗と考えないということはとても大切です。

 

いずれにしても失敗はありえないのだから、後は成功するしかありません。