あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていない最先端のGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

特化ブログは収益ゼロでも損をしない

 昨日に引き続き特化ブログネタになります。

 

収益化目的でブログを運営している人は多いですが、満足に稼ぐことができずに自らドロップアウトしてしまう人は非常に多いです。

 

何度もいいますが、ブログというのは結果がでるまでに時間がかかります。

大体半年~1年ぐらいは根気強く継続していかないと、収益化するのは難しいでしょう。

もちろん1年継続しても、記事数が少なかったりすると結果はでませんので、それなりの頻度で投稿する必要があるということが前提となりますが。

 

もし、ただの趣味であればブログに挫折することはありませんね。ブログに対して目標もないので、書きたいときに書きたいことを書けばいいからです。

 

ただ、特化ブログに関しては、仮にアフィリエイトによる収益化が上手く行かなかったとしても損をしないという特殊なブログスタイルなのです。

 

特化ブログを1年書き続けるとどうなる?

ブログで結果を出すためには、それなりの時間を投資する必要があります。

それゆえに収益化ができなかったときに、その時間が無駄になってしまうというリスクがあります。

 

しかし、特化ブログだけは収益化ができなくても損をすることがありません。

 

その分野の第一人者になれる

もしあなたが特化ブログを運営していて毎日更新を1年間続けた場合、あなたはその分野の第一人者になることができます。

第一人者とまではいかずとも、それなりの専門家として世間に認知してもらうことができます。

 

それこそがブランディングです。

 

www.specializedblog.com

 

例えば自分の場合だと「海外移住といえばアポロ」といったような形で、世間に認知してもらうことができるということです。

 

もちろん、頻繁に情報発信をして世の中に自分の存在をある程度周知しておくことが必要になります。

 

個人的なビジネスにつながる

特化ブログで発信することにより、その分野の専門家として認知されるようになると、自分のビジネスにつながることもあります。

 

本の執筆や講演会、コンサルタント業務などもできるようになります。

 

もちろん競争の激しい分野では1年程度でそのレベルに達するのは難しいでしょうが、少なくとも自分の商品を作って、バックエンド商品として販売するぐらいならできるようになります。

 

高度な知識が身に着く

特化ブログを運営するためには、その分野に関してそれなりの知識が必要になります。

しかし、だからといって上級レベルの人間しか特化ブログを運営できないかといわれれば、そういうわけでもありません。

 

例えばあなたが英語学習を始めたばかりの初心者だとします。

その場合、英語に関する知識はそれほどありませんが、あなたよりも英語レベルが低い人も世の中にはたくさんいるので、あなたの発信する情報はそういう人たちに役立つ情報となります。

 

そして、学んだことをアウトプットするということは、学習定着率が非常に高いんです。

ブログというのはアウトプットに最も適したプラットフォームなんです。

 

www.apollosblog.com

 

この記事の中に出てくるラーニングピラミッドによると、誰かの話を聞いただけでは学習定着率はわずか5%であるのに対し、「誰かに教える」という行為は学習定着率が90%もあります。

 

誰かに教えるためには、その内容を自分がしっかりと理解しておく必要がありますよね。

自分が理解していないことは他人に教えることはできません。

 

例えばあなたがSEOについて勉強していて、それをブログ上で情報発信するとしたら、それは不特定多数の人にSEOに関する知識を説明するということになります。

 

特化ブログは、ある特定の分野に関する自分の知識や経験をアウトプットするブログです。

 

あなたが発信した情報は、同時にあなた自身の学習内容の定着にもつながっています。

本を読んでその内容を発信すれば、その内容はかなりの高確率であなた自身の知識として定着することができるということです。

 

まとめ

特化ブログは仮に収益化ができなかったとしても、様々なメリットがあるブログスタイルです。

 

膨大な時間をブログに投資しても、それが無駄になるということは決してありません。

 

収益化が思うようにできず、心が折れそうになった場合は、目標をお金ではなく自分のスキルアップにシフトしてみてください。

 

頻繁に発信を継続していれば、成長が約束されているのが特化ブログです。