あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていない最先端のGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

特化ブログがあなたと読者の人生を変える

GoogleのアップデートによりE.A.Tが重視されるようになって、

今まで上位表示されていたサイトが一気に圏外まで飛ばされたなんて話をよく聞くようになりました。

 

E.A.Tは専門性・権威性・信頼性のことです。

また機会があれば記事にしたいと思います。

 

ブログに置き換えていうならば、

今後は特化ブログが有利になる時代になるでしょう。

 

特定のテーマに特化した記事を書いていれば自然と専門性は上がっていきます。

 

専門性が上がり、「○○といえば○○さん」として認知されるようになると、

あなたのブランドが出来上がり権威性が高まります。

 

権威性が上がれば必然的に信頼性も上がるというシナジー効果があります。

 

 

 

特化ブログは誰でも作れる

 

f:id:Apollojustice:20200120091944j:plain

 

「私には専門的な知識がないから特化ブログは無理です」

 

という人もたくさんいますが、今現在のあなたの知識は関係ありません。

 

今知識がないのであれば今から学べばいいんです。

 

そして、学んだことをアウトプットするだけでいいです。

それだけで特化ブログは簡単に作れます。

 

あなたが英語について学んでいてそれをアウトプットすれば、

雑記ブログでダイエットやSEO対策の記事と一緒に英語の記事を書いている人よりも、

(読者から見た)専門性は高く見えます。

 

実際の専門性は雑記ブログを書いている人のほうが高いかもしれません。

 

でも、英語に特化したブログを書いているだけで、

読者はあなたのブログのほうが専門性が高いと認識するようになります。

 

あなたの発信したことは、あなたよりも半歩後ろにいる人の役に立ちます。

だから、自分のレベルなど気にせずどんどん発信していくのがよいです。

 

テーマは自分の好きなことにする

特化ブログに限った話ではありませんが、

ブログのテーマを選ぶときは「自分の好きなこと」を選択するのがよいです。

 

ネット上で見つかるブログ初心者向けの情報では、

「儲かるジャンルを選択すべし」と説明しているサイトがほとんどです。

 

でも、自分の好きなことでないと継続することは絶対にできません。

 

多くの人がブログに挫折してしまうのは、

ブログを書くこともしくは書いているテーマが好きではないからです。

 

ブログを書くことが楽しくて仕方ないなら、

「やめろ」と言われてもやめることはできませんよね。

 

逆に、興味も情熱もまったくないジャンルのブログは、

書いていても苦痛しかありません。

 

僕は3つのブログを毎日更新(合計950記事)していますが、

例えば「仮装通貨のブログを書いてください」と言われたら、

絶対にここまで継続できなかったでしょう。

 

興味もなければ情熱もないので学びも浅くなります。

 

それこそネット上で見つけてきた情報を適当に組み合わせて記事にする、

劣化版Wikipediaみたいなブログしか作れなかったと思います。

 

そんなブログでライバルに勝てるわけがありませんね。

 

需要は少なくても問題ない

「ブログのジャンルを決めるときはキーワードプランナーを使って、

検索ボリュームの多いジャンルを選択しましょう」

 

というのがブログ収益化の王道手法と言われています。

 

もしあなたの興味関心があるジャンルの検索ボリュームが多いなら、

それでもいいでしょう。

 

しかし、興味関心がないのであればたとえ検索ボリュームが多くても、

絶対にこれらのジャンルを選択してはいけません。

 

先ほどもお話ししたように、「好きなことでなければ継続することができない」からです。

 

検索需要でしかブログの収益を考えることができない人は、

アフィリエイトすることだけしか考えていないうえに、

LTVという概念を全く理解していません。

 

※LTV・・・Life Time Value(生涯顧客価値)のこと。1人の顧客が生涯で使った合計金額を示す

 

たとえあなたの特化ブログのジャンルがニッチすぎて、

需要もアフィリエイトできる商品がなくても問題ありません。

 

商品がなければ自分で作ればいいだけです。

 

例えば、ある人はサラリーマンをしながら、趣味の釣りに関する情報発信をしています。

 

そこで集まってきたお客さんに対し、「釣りが上手になる方法」の商材を販売したり、

釣りのコミュニティ(課金制オンラインサロン)を販売しています。

 

その人は釣り関連の収益だけで年間数百万円の利益があります。

 

またスピリチュアル系の個人事業主の人は、

ブログで集客したお客さんをメルマガに誘導し、

メルマガ登録者数わずか100人足らずで年収1000万円を突破しました。

 

たとえあなたのお客さんが1人しかいなくても、

その人があなたのことを全面的に信頼してくれれば、

商品を販売するたびに購入してくれます。

 

つまり、LTVが高くなるということです。

 

そういうお客さんが増えれば、少ない人数でも大きな利益を出すことは可能です。

 

上記の釣りの人はまだやっていませんが、

僕だったら自分のクライアントに対し、

「趣味の釣りで安定収入を獲得する方法」というコンサル商品をさらに販売します。

 

アフィリエイトを学ぶな、ビジネスを学べ

「儲かるジャンルを選べ」

「需要のあるジャンルを選べ」

 

こういう発信をするのはアフィリエイトのことしか知らないからです。

 

先ほどもお話ししたようにLTVを最大化すれば、

少ない顧客数でも大きな利益を上げることは可能です。

 

そっちのほうが顧客と良い関係を長期的に構築できるし、

優良顧客は口コミでさらに別の顧客を連れてきてくれます。

 

アフィリサイトを作って、やってきたユーザーをガンガンに煽り、

 

「商品を買わせてしまえば後はどうでもいい」

 

こういうスタンスでやっているからサイト訪問者がリピートせず、

必然的に顧客を新規開拓し続けなければならなくなるわけです。

 

「需要が多いジャンルを選べ」

 

こういう意見が出てくるのはそのためです。

 

一見客を新規開拓しつづけないといけないから、

パイが大きくないといけないのです。

 

この手法で大金を稼ぐこともできますがその収益は長続きしません。

 

あなたが今後10年、20年と安定した継続収入を確保したいのであれば、

読者との信頼構築に全力を注がなければなりません。

 

先日「情報の入手先を差別化する」というお話をしましたが、

このブログの読者さんには、アフィリエイトではなくビジネスを学ぶことをお勧めします。

 

もちろん、アフィリエイトは素晴らしいビジネスモデルですが、

いわゆる「アフィリエイトで月収100万稼ぎました」みたいな人からは学ばない方がいいという意味です。

 

こういう人々は上記の「ガンガンに煽って商品を買わせる」タイプの人々だからです。

 

あなたがそういう世界を目指すなら彼らから学ぶことに異論はありません。

 

もしそうでないならば、ビジネス特にダイレクトレスポンスマーケティングDRM)で成果を出している人から学ぶことをお勧めします。

 

ちなみにビジネスをしっかりと理解している人から、

アフィリエイトを学ぶのは何の問題もありません。

 

まとめ

長期的に安定収入を獲得したいのであれば、

時間軸を長く持つことです。

 

www.specializedblog.com

 

短期的に儲けようとするから、全然稼げなくてすぐにブログを辞めてしまうのです。

 

「自分の好きなことを情報発信して人に感謝されながら安定収入を構築する」

 

素敵な響きだと思いませんか?

 

この記事で紹介した方法で特化ブログを書いていれば、

どんな人でも実現できるんです。

 

ブログは稼げなくてもリスクがほとんどありません。

 

慌てる必要はないのです。

 

ゆっくりと自分のペースであなたの読者さんを救ってあげてください。

 

このブログがそんなあなたの心の支えになれば嬉しいです。