Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

【怒ってます】僕が嫌いな人は「○○しか考えない人」

先日電子書籍の4冊目を出版しましたが、

その本をFacebookグループ(電子書籍出版関連)で紹介したところ、

嬉しい反響をいただきました。

 

f:id:Apollojustice:20200606170724p:plain

こちらがその投稿です。

 

コンテンツビジネスの素晴らしいところは、

「感謝されながらお金をもらえる」ことです。

 

自分の商品を買ってくれた人が喜ぶ姿を見るのが何よりもうれしいですね。

 

「この商品を作ってよかったな」と思いますし、

次のコンテンツ作りの励みにもなります。

 

こういう喜びを味わうことができるのは、

自分の商品を持っているからです。

 

www.specializedblog.com

 

他人の商品をアフィリエイトして感謝されることはほとんどありません。

 

「誰かの役に立った」という実感を感じることができないからこそ、

自分のお金のためだけに商品を売りつけようとする人が多いのだと思います。

 

お客さんが自分の商品を買って喜ぶ姿を見たら、

他人を騙して詐欺商品を買わせようなんて感情は湧いてこないですよ。

 

 

自分の商品を持つ重要性

アフィリエイトをするなとは言いませんが、

せめて1つぐらいは自分の商品を持っておくといいです。

 

 

www.specializedblog.com

 

 

アフィリエイトをしている限り、

他人との差別化はできません。

 

差別化ができない=価格競争になります。

 

普通のビジネスであれば大手が絶対に勝つし、

アフィリエイトでいうなら強豪サイトが絶対に勝ちます。

 

自分の商品を持っていればそれだけで差別化になります。

 

万人を満足させることはできなかったとしても、

あなただけのコアなファンを作ることができるのです。

 

長期的に生き残るビジネスはLTV(生涯顧客価値)が高いビジネスです。

要するにリピーターが多いビジネスです。

 

新規顧客を集客し続けている限り膨大なコスト(労力含む)が必要になります。

 

そういうビジネスモデルは長持ちしません。

 

あなただけのファンができてしまえば、

集客などしなくても商品を買ってもらうことができます。

 

さらにそのファンの人が別のお客さんを連れてきてくれるので、

集客コストをかけずに新規顧客を集客することができるのです。

 

あなたはアフィリエイトだけで今後5年、10年生き残る自信はありますか?

 

Googleアルゴリズムの影響でアクセスが激減することもあるだろうし、

広告主が撤退してしまう可能性だってあります。

 

さらに差別化ができない状況で数多くのライバルと戦わなければなりません。

しかも相手は超強敵もたくさんいるわけです。

 

www.specializedblog.com

 

ビジネスというのは単発的に稼いでも意味がありません。

 

1か月だけ月収100万を達成したとしても、

その後にまったく稼げなくなったらそのビジネスは失敗したと言えます。

 

長期的に稼ぎ続けるために必要なこと

 

長期的に稼ぎ続けるために必要なことは、

一人でも多くのファンをつくることです。

 

ファンができるとLTVが高くなりますよね。

 

ファンを作るためには信頼構築が必要不可欠です。

 

あなたのファンができれば、もし仮に検索エンジンからのアクセスが減っても、

そのファンの人はあなたのブログを訪れてくれます。

 

芸能人のブログは検索上位をとっているわけではないのに、

常に大量のアクセスが発生していますよね。

 

アルゴリズムの変動によってアクセスが激減したということは、

それだけ一見客の数が多かったということです。

 

つまり、ファン化ができていなかったということです。

 

自分の利益ばかり優先してユーザーのことを何も考えていない人は、

ファンができづらい傾向があります。

 

毎回毎回ゴリゴリに押し売りしてくるメルマガがあって、

おもしろいから購読解除せずに読み続けてましたが、

さすがにうっとうしくなってきたので購読解除しました。

 

ゴリゴリに押し売りしていたわりに、

「ユーザー目線が大切」と言っていたのには驚きました。

 

目先の利益を追い求めると大抵失敗する

こういう人は徐々にお客さんが離れていきますよね。

 

短期的には稼げるかもしれませんが、

長期的に見るとどんどん稼げなくなります。

 

一度失った信用を取り戻すのは難しく、

そこから挽回するのはとてつもない時間と労力が必要になります。

 

詐欺師は短期的には大儲けしますが、

大抵の場合、逮捕されるか人が離れていって稼げなくなるかのどちらかの末路をたどります。

 

目先の利益だけを追い求めていると、

そういうことになってしまうのです。

 

次回出版する電子書籍のライバルリサーチのため、

そのジャンルの本(読み放題で読めるもののみ)をいろいろ読んでいましたが、

1冊だけとんでもない本にぶち当たりました。

 

ページ数は(正確に数えてないけど)およそ20ページほど。

 

しかもページ数稼ぎのために3行程度しかないページも多数あり、

本の内容もネット情報をコピペしただけの内容でした。

(なぜページ数を稼ぐ必要があるかは僕の電子書籍に書いてあります)

 

僕はライバルリサーチをするときは流し読みをするのですが、

その本に関しては冗談抜きで1分もかからずに読み終えました。

 

素人が書いた本ならまだ許せますが、

アフィリエイトのプロを語る人物の出版した本でした。

 

読み放題で読んだだけなのでお金を損したわけではありませんが、

なぜか怒りが湧いてきたのを覚えています。

 

顧客のことを無視して、自分のお金儲けのことしか考えていないのがあからさまに伝わってきたからでしょう。

 

そういうことをするから、顧客目線で真面目にやっているアフィリエイターの社会的地位が上がらないのがわからないのだろうか。

 

まとめ

書いていて気分が悪くなってきたので、

今日はこれぐらいで締めたいと思います。

 

メンターを決めるときは、

「その人が自分の理想世界を生きているか」

を基準に決めるのがよいと言われています。

 

どんなにお金を稼いでいたとしても、

その人が自分の理想の人生を生きていないのなら、

そういう人をメンターにすると不幸になります。

 

「私は100万円稼ぎました!」みたいな人は某SNS上にたくさん生息していますが、

「私は100人のお客さんに感謝されました!」という人を見たことがありません。

 

「100万円稼ぎました」の人に師事すれば自分も稼げるようになるかもしれませんが、

その方法があなたにとって喜びを感じるものだとは限りません。

 

他人を騙したり煽って無理やり買わせるような手法で100万円稼いで、

あなたは心の底から喜びを感じることができますか?

 

そういう人はこの記事の途中で気分が悪くなって離脱しているはずなので、

ここまで読み進めたあなたはそういう人ではないと信じています。