あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

時間軸は収入と比例する

今日は久しぶりに、経済自由人のマインドセットについて記事を書いていきたいと思います。

 

今日のテーマは「成功者の時間軸」です。

 

この記事を読んで自分の時間軸を変えていくことで、

ジワジワと収入が増えていくようになります。

 

収入を増やそうと思うのであれば、スキルや知識を磨くよりも先に内面(考え方)を変えていく必要があります。

 

今日ご紹介する時間軸に対する考え方は、

誰でも簡単に取り組むことができるので、ぜひ試してみてください。

 

時間軸は収入と比例する

f:id:Apollojustice:20190820095230j:plain

 

人間は人それぞれ異なる時間軸を持っています。

 

そして、その時間軸はほぼ例外なく収入と比例しています、

時間軸が長ければ長いほど収入は高くなり、短ければ短いほど収入は低くなります。

 

例えば、日雇い労働で働いている人の時間軸は「1日」です。

言い換えると1日単位で物事を考えているということになります。

 

サラリーマンの時間軸は「1か月」です。

彼らは1か月単位でその月をどうやって過ごすかを考えているということです。

 

会社経営をしている人の多くは数か月~数年単位の時間軸を持っています。

1か月だけ売り上げが上がって喜ぶ経営者はいませんよね。

たとえ1か月だけ売り上げが上がっても、1年通して利益が出ていないのであれば意味がないからです。

 

年俸制のスポーツ選手も収入が多いですよね。

彼らの時間軸は月ごとではなく年単位です。

 

ちなみに余談ですが、「年収1000万円=毎月88万円の収入」と勘違いされている方が多いですが、高額所得者の収益体系はそのような月額ベースにはなっていません。

 

日雇い労働の人やサラリーマンでも長い時間軸を持っている人もいます。

そういう人は遅かれ早かれ収入が増えていきます。

 

もしあなたがサラリーマンなら、ひと月単位でお金や仕事のことを考えるのではなく、数か月もしくは1年単位で考えるようにしてみてください。

 

例えば、高額セミナーに参加する場合、

1か月単位でお金のことを考えたら収支はマイナスになります。

しかし、そのセミナーに参加することによって、1年後の収入が劇的に増えるのであれば、「1年」という時間軸で見たときの収支はプラスになります。

 

時間軸を長くするメリット

ここまで読んで、「そんなことで収入が増えるもんかよ」と思う人がいるかもしれません。

 

実は「時間軸を長くする」ことは収入を増やすということだけでなく、

メンタル面にも大きな恩恵をもたらしてくれます。

 

その恩恵とは以下の2つです。

 

  • 焦りやプレッシャーがなくなる
  • 将来に対するワクワクが感じられる

 

例えば、今の僕は「3年」という時間軸で物事を考えています。

そして、その物事にはブログなどのネットビジネスも含まれています。

 

僕のネットビジネスを時間軸で表すと以下のようになります。

 

1年目:「認知の年」

 

ブログは目立ってナンボなので、1年目はあれこれ手を出さずブログにコミットする。そのために、とにかく記事を書き続けて認知してもらうことにフォーカスをする。

 

2年目以降につながるように読者との信頼構築だけを意識する。

種まきと同時にインプットに注力する1年。

 

2年目:「展開の年」

 

ある程度認知が進んだところで、YoutubeKindle出版、メルマガなどにも手を広げていく。

すでに認知が進んでおり一定数の読者との信頼構築ができているので、

ゼロからYoutubeを始めるよりも圧倒的に早いスピードでチャンネル登録者数を増やせる。

まったくの無名でKindle出版をするよりも、信頼関係が出来上がっている状態の方がKindle本を購入してもらえる可能性が高くなる。

 

3年目:「発展の年」

 

1年目、2年目で広げた各媒体の収益を伸ばすことにフォーカスする1年。

2年目は横に広げる展開だったのに対し、3年目は縦に伸ばすイメージ。

 

3年目の具体的なプランは見えていないが、自分のステージが上がれば自然と見えるようになるので今は特に意識しない。

 

だいたいこんな感じです。

 

この時間軸を例にして、それぞれのメリットについて考えてみます。

 

焦りやプレッシャーがなくなる

3年単位で考えているので、仮に今思ったほど収益があがっていなかったとしても焦る心配はありません。

 

そうすると、他の人が「1か月で20万円稼ぎました」みたいな発信をしていても気にならなくなります。

 

なぜなら、1か月で収益を上げることが目的ではないからです。

3年という時間軸で考えるなら、1か月だけ儲けてもトータルでマイナスなら意味がないわけです。

 

「すぐに結果を出さないといけない」というプレッシャーもなくなります。

 

「3年で結果を出せればいい」という意識なので、目先の結果が芳しくなくても焦らなくて済みます。

 

焦りが出てくると、いろんなものに手を出して迷走することになります。

 

3年後を見据えることができていれば、「今やるべきことは、種まきと翌年以降につなげるためのインプットだけ」というようにやるべきことが明確になります。

 

将来に対するワクワクが感じられる

将来に希望を感じている人は少なく、世の中の大半の人は将来に対して不安を感じています。

 

それは目先のことばかりを見ていて、将来の展望がまったく描けていないからです。

木を見て森を見ない。マクロ視点ではなく、ミクロ視点で毎日過ごしているからです。

 

3年という時間軸で物事を見ていると、3年後の自分をイメージしてワクワクできます。

 

「3年後の自分はこういう風になっている」というイメージが鮮明に見えているので、そこに不安を感じることはありません。

 

「自分にできるのだろうか」という不安が出てくるのでは?

 

と思う人もいるかもしれません。

 

もしそのような思考が出てきたら、こういう風に考えてみてください。

 

「今の自分には無理でも、1年後、2年後の自分にはできる」

 

自分のやるべきことを淡々とこなしていれば、1年後、2年後の自分はかなり高いステージにいます。

 

現在地から見ると果てしなく高い目標に思えても、成長した自分から見るとその目標は大して高い目標に思えなくなります。

 

時間軸が短く1日単位、1月単位で物事を考えているとこの視点が持てなくなります。

なぜなら、1年後、2年後の自分の姿がまったく見えないからです。

 

まとめ

もしあなたが今何かに挑戦していて、なかなか結果が出なくて苦しんでいるのであれば、今持っている時間軸を変えてみてください。

 

そうすると、将来のために今やるべきことだけに集中することができるようになります。

 

焦りや不安を感じるのは時間軸が短いからです。

 

(将来の)結果を変えたいのであれば、行動するしかありません。

行動できるようになるためには、今もっている思考(マインドセット)を変える必要があります。

 

過去と未来はつながっていませんが、現在と未来はつながっています。

 

今の自分がどういう行動をするかによって、未来は全然違うものになります。