あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

読者を一瞬でファンに変える秘密のブログ記事ネタ発見メソッド

この記事では、「ブログに書くネタがない」といって挫折しそうなあなたに、

とっておきの記事ネタ発見方法を教えます。

 

ネタ切れを起こしてしまう原因は、

自分が持っているアイデアだけで記事を書こうとするからです。

 

普段から大量のインプットをしている人はネタが尽きることはありませんが、

そうでない人はすぐにネタが尽きてしまうことになります。

 

読書や勉強が趣味の人はブログに向いています。

なぜなら、学びをアウトプットするだけでいいからです。

 

普段からインプットの習慣がない人は、

今日ご紹介する「秘密のメソッド」を実践することで、

今後一切ネタ切れを起こすことがなくなります。

 

それだけではなく、検索流入も増えて読者からも感謝される記事を書くことができるという、素晴らしいベネフィットが手に入ります。

 

 

 

ブログのネタ探しのコツ

僕ははてなブログで3つのブログを毎日更新しており、その総記事数は約700記事あります。

 

しかし、ブログを始めたときから700記事分のネタを持っていたかというと、

決してそういうわけではありません。

 

僕だけに限らずたくさん記事を投稿している人は、

最初から豊富なネタを持っていたわけではありません。

 

毎日ブログを書くたびに新しいネタを思いつき、

それを投稿するということを繰り返しているだけです。

 

つまり何が言いたいかと言うと、

ブログのネタは探せばいくらでも見つかるということです。

 

では、なぜ多くの人がネタ切れを起こすかというと、

アンテナが立っていないからです。

 

ブログにコミットして「今日は何を書こうかな」と常に考えていれば、

必ず何かしらのネタは見つかります。

 

不思議なことにアンテナを立てていると、

自然とネタが見つかるようになるのです。

 

ネタが見つからないということは、

アンテナが立っていないということです。

アンテナが立っていないということは、

それだけ真剣にネタを探していないということです。

 

ブログにコミットしていれば、必ずアンテナが立ち情報が見つかります。

 

日常生活におけるブログの重要度を上げて、

真剣に「何を書くか」考えるようにしてみてください。

 

とにかく書く!

ブログにコミットしアンテナを立てていると、

ネタ切れを起こすことはありません。

 

しかし、しょうもないアイデアしか出てこないことがあります。

 

どうしてもネタが思いつかないから、苦し紛れに書いた記事。

こういう記事はかなりの高確率でゴミ記事になります。

 

でも僕は、たとえゴミ記事であったとしても書かないよりはマシだと思います。

 

何度でもリライトできるのだから、後から記事をブラッシュアップすればいいし、

後々SEO対策の邪魔になるのであれば消せばいいだけです。

 

www.specializedblog.com

 

完璧主義になるとブログを書けなくなります。

 

「とりあえず書く」のメリットは、

自分がゴミ記事だと思っていたとしても、

自分の意に反してバズを起こすことがあるということです。

 

www.specializedblog.com

 

この記事でもお話ししていますが、

僕の第2ブログでネタが思いつかず、苦し紛れに書いた記事がバズを起こしたこともあります。

 

そして、上記とは別の投稿で「なんとなく」書いた記事が、

大量の検索流入を獲得するエース記事にまで成長した事例もあります。

 

www.specializedblog.com

 

ブログを継続するのに大切なマインドセットは、

「完璧主義を目指さずとにかく書くこと」です。

 

たくさん記事を書いているうちに。自然とライティングスキルは向上します。

 

読者を一瞬でファンに変える秘密のブログ記事ネタ発見メソッド

f:id:Apollojustice:20191107100654j:plain

 

前置きが長くなりましたが、ここからは読者に喜ばれるネタの見つけ方をお教えします。

 

「とにかく書く」というやり方は非常に効果的ですが、

かなりの高確率でゴミ記事になってしまいます。

 

それは、読者のニーズをまったく無視した内容の記事になるからです。

 

せっかく書くのであれば、読者の人に喜んでもらえる記事を書きたいものです。

 

読者に喜んでもらえる記事とは、

読者のニーズを満たす記事のことです。

 

読者のニーズを満たすと言えば、ブログライティングの基本と言われています。

 

一般的な手法としては、

キーワード検索ツールを使ってキーワードから読者の検索意図を読み取り、

その検索意図を満たす記事を書く方法です。

 

この手法はかなり強力ですが、

初心者には少しハードルが高いです。

 

初心者におすすめのネタ探し方法は、

「アマゾンの書籍ランキング」からネタを見つけることです。

 

アマゾンの書籍ランキングで上位にランクインするということは、

それだけ世の中のニーズがあるということです。

 

そのテーマについて記事を書けば、

同じ悩みを抱えている読者に喜ばれます。

 

別にアマゾンに限定する必要はありません。

 

インフォトップやココナラなどのサイトを参考にすることで、

世の中の人々が何に困っているのかを読み取ることができます。

 

 

これらのサイトでリサーチすることのメリットは、

「人々がお金を払ってでも解決したい問題が見つかる」ということです。

 

ただ、注意が必要なことが1点あります。

 

自分のまったく興味のないテーマについて記事を書くと、

ブログを書くことが苦痛になってしまいます。

 

世の中のニーズを読み取ったうえで、その中で自分の興味のあることや解決できそうな問題のテーマを記事にすることが大切です。

 

そのテーマについて、できれば独自の切り口で情報発信をするのが好ましいですが、

自分の知識や経験が不十分な場合は、ネットや本などから情報収集して記事を書くことをおすすめします。

 

問題解決=ビジネス

ビジネスとは人々の問題解決をすることです。

 

普段から世の中のニーズをリサーチして、

その問題解決をする情報発信を続けていると、

それがビジネスに発展することもあります。

 

ブログのマネタイズはアフィリエイトだけではありません。

 

ブログが出版社の目に留まり、本を出版することになった人もたくさんいます。

今はコストをかけずにKindleで出版することもできます。

 

自分の情報発信をまとめて、教材にして販売することもできます。

悩める人のコンサルティングをすることもできます。

 

ブログで稼ぐ方法はいくらでもあるのです。

 

ただ一つ言えることは、

情報発信をして自分を認知してもらわなければ、

絶対にマネタイズはできないということです。

 

お金稼ぎもいいですが、

人様から喜ばれる記事を書いたときの方が、

自分の満足度は高くなります。