Evergreen Blog ~弱者のためのファン創造コンテンツマーケティング~

Udemyベストセラー講師アポロによるコンテンツ販売・コンテンツマーケティングの奥義

【コピーライティング】トドメの一撃

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ

このブログでは成約率を上げるためのコピーライティングの

様々なテクニックを紹介してきました。

 

 

www.specializedblog.com

 

www.specializedblog.com

 

 

www.specializedblog.com

 

アフィリエイトの成約率を上げたいならこの3つの記事は必ず読んでください。

 

この3つの記事を読むだけで、あなたの売り上げは飛躍的に向上します。

 

この3つのテクニックを駆使すれば、

大抵のものは売ることができます。

 

しかし、最後の詰めが甘いとそれでも商品が売れないことがあります。

 

それは読者に「購入」という行動を指せるために不可欠な、

ある大切なことを忘れているからです。

 

 

 

見込み客の3つの壁

コピーライティング業界では常識となっている

「見込み客の3つの壁」は覚えているでしょうか?

 

www.specializedblog.com

 

見込み客は「読まない」、「信じない」、「行動しない」。

 

そう、あなたの読者は「行動しない」 んです。

 

どんなにベネフィットを伝えても、

どんなに障壁を取り除いても、

あなたの読者は「行動しない」んです。

 

人間というのはそう簡単に行動しません。

 

必要かつ緊急である場合は別ですが、

そうでない場合は「とりあえず考えよう」と言って、

そのまま忘れてしまうことも少なくありません。

 

痛みを刺激する

f:id:Apollojustice:20200224132945j:plain

 

人間が行動する理由は主に2つです。

 

  • 快楽を得る
  • 痛みを避ける

このどちらかです。

 

「お金持ちになりたい」というのは快楽を得たいという欲求で、

「貧乏になりたくない」というのは痛みを避けたいという恐怖です。

 

では、どちらを訴求すれば見込み客は行動を起こすと思いますか?

 

その通り、「痛み」です。

 

人間は「何かを得たい」という欲望よりも、

「何かを失いたくない」という恐怖のほうが行動を起こすんです。

 

限定性を付けると商品が売れるというのも、

この原理原則を応用したものです。

 

期間限定商品は、期間が過ぎると手に入れることができなくなります。

 

「このチャンスを逃すと二度と手に入らないかもしれない」

 

という恐怖があるから、限定性を付けると購入率が劇的に上がるのです。

 

男性の場合、「○○すると女性にモテるよ」と伝えるよりも、

「○○しないと彼女を他の男に奪われるよ」と伝えたほうがパワーがあるんです。

 

それぐらい、「失う」、「逃す」ということに対する恐怖は大きいんです。

 

想定される最悪の未来をイメージさせる

購入まであと一歩のところで踏みとどまっている見込み客の背中を押したければ、

想定される最悪の未来をイメージさせることが効果的です。

 

例えば、お金稼ぎ系の商材なら「このチャンスを逃したら、あなたは一生貧乏な人生を送ることになるし、嫌な上司にこき使われつづける人生になりますよ」といった感じのことを伝えます。

 

ダイエットなら「この商品を買わなければ、あなたはずっと太ったままで、周りの人から馬鹿にされて自分に自信が持てないままの人生を送ることになりますよ」と言った感じです。

 

恐怖を煽るというとネガティブなイメージがありますが、

これも見込み客の人たちを救いたいがゆえの「愛」です。

 

もちろん詐欺商品を無理やり売りつけるために使うのは良くありませんが、

あなたの紹介する商品が見込み客の悩みを解決できるものであるならば、

多少厳しいことを言っても行動させてあげるべきです。

 

そうしないと、その人は購入を諦め今まで通り悩みを抱えたまま生きていくことになります。

 

この手法を他のテクニックと組み合わせれば、

もう顧客は商品を買わずにはいられなくなります。

 

商品を販売するときは最後に「痛みを刺激する」ことをお忘れなく。

 

そして、くれぐれも悪用しないようにだけお願いします。