Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

【リスト取り】「質VS量」のLP戦略の違い

f:id:Apollojustice:20210512142539p:plain

あなたはリスト取りをしていますか?

 

もししているのだとしたら、

質と量のどちらを重視しているでしょうか?

 

ひと昔前は「量」が重視されていました。

 

いかに多くのリスト数を持っているかが、

その人の価値を決めるような時代だったのです。

 

しかし、どんなにリスト数が多くても、

質の低いリストでは何の意味もありません。

 

自分の情報発信に興味のない人が集まっても、

商品が売れないどころか、そもそもメルマガを読んでくれすらしないからです。

 

資金力のない弱者は広告を使うことができません。

 

数で勝負したら強者に絶対に負けます。

 

量で勝負するのは弱者の戦略ではありません。

弱者はコツコツとリストを増やしていくしかないのです。

 

しかし、たとえリスト数が少なくても大きな収益を得ることは可能です。

 

今日はリスト取りをする際の

ランディングページの作り方について、

質重視の場合と量重視の場合の違いについてお話しします。

 

 

 

 

価値の教育

DRMで必ず必要になるプロセスが「価値の教育」。

 

自分の商品にまったく興味のない人を、

「欲しい」という状態まで持ってくることを価値の教育といいます。

 

この価値の教育は非常に難易度が高く、

かつものすごく時間がかかるという特徴があります。

 

人間の価値観はそう簡単に変わるものではないからです。

 

僕の事例に置き換えて説明するならば、

 

「アフィリエイトで稼ぎたい」と思っている人を、

「コンテンツ販売で稼ぎたい」と思うところまで持ってくるような感じです。

 

単純に有益な情報発信をしているだけでは、

価値の教育はまったく進みません。

 

価値の教育を円滑に進めるためには、

相手の価値観や信念を理解しなければなりません。

 

その方法はいろいろありますが、

説明が長くなるのでここでは割愛します。

 

信念のリサーチ方法に関する動画はこちら。

 

 

 質の高いリストは価値の教育が必要ない場合があります。

 

すでにコンテンツ販売に興味があり、

自分の商品を欲しいと思う人を集めることができれば、

価値の教育をしなくても商品は売れます。

 

質重視のLP(ランディングページ)

リストの質を高めたいのであれば、

メッセージをピンポイントにすることです。

 

「ネットビジネスで稼ぐ方法教えます」ではなく、

「コンテンツビジネスで稼ぐ方法教えます」にするということです。

 

前者の場合、様々な属性の人が集まる可能性があります。

 

「ネットビジネス」だと転売やFXに興味のある人が来るかもしれません。

 

そういう人にゼロから価値の教育をして、

コンテンツ販売に興味を持ってもらうのは至難の業です。

 

しかし、メッセージを「コンテンツビジネス」にすれば、

コンテンツ販売に興味のある人しか来ません。

 

FXや転売などで稼ぎたいと思っている人に、

「コンテンツ販売で稼ぐ方法教えます」と言っても刺さらないからです。

 

リスト取りの時点で絞り込みができるので、

効率的に濃いリストを集めることができます。

 

数重視のLP(ランディングページ)

メッセージをピンポイントにすると、

濃いリストが集まるというメリットがありますが、

数が集まりづらいというデメリットもあります。

 

「ピンポイントにする」ということは、

それだけ絞り込みがされるということだからです。

 

ネットビジネスに興味のある人が100人いるとして、

コンテンツ販売に興味のある人はそのうちの10人だったとします。

 

この場合、リストの数を増やしたいのであれば、

メッセージを「ネットビジネス」にする必要があります。

 

「コンテンツビジネス」では10人しか集まらないからです。

 

属性の違う見込み客が集まるので価値の教育が大変ですが、

リストの数は増えやすいので一長一短です。

 

まとめ

動画解説はこちら。

 

 

 質重視か量重視かは良し悪しなので、

どちらかが正しいというものではありません。

 

ただ、ある程度方向性を決めておかないと、

非常に効率の悪いリスト取りになってしまうので注意が必要です。

 

ちなみに僕のLPはメッセージをピンポイントにしてます(下のバナーをクリック)。

 

コンテンツ販売に興味があり、

真剣に人生を変えていきたいと

思っている人だけに来てほしいからです。

 

せっかくのご縁なのだから、

志の高い人と一緒に進んでいきたいですよね。