Evergreen Blog ~弱者のためのファン創造コンテンツマーケティング~

Udemyベストセラー講師アポロによるコンテンツ販売・コンテンツマーケティングの奥義

Udemyベストセラー講師が教えるクーポン活用術

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ

Udemyの優れている点は、

講師がクーポンを発行できること。

 

このクーポンを上手に活用することで、

売上を爆発的に増やすことができます。

 

今日はベストセラー講師である僕が、

クーポン活用術について解説します。

 

僕のUdemy攻略講座(7時間越え)では、

Udemy参入約1年で100万円以上稼いだ秘訣を解説しています。

www.udemy.com

 

上記リンクをクリックすると、

通常価格¥13000の動画講座が

なんとわずか¥1600で受講できます。

 

ちなみに上記リンクもクーポンを利用しています。

 

 

 

Udemyクーポンの種類と発券方法

Udemyクーポンの種類

 

Udemyでは割引・無料の2パターンのクーポンがあり、

それぞれ2種類ずつのタイプがあります。

 

udemy クーポン

  1. 現在の最低価格
  2. カスタム価格
  3. 無料:オープン
  4. 無料:ターゲット設定

 

1.2は割引クーポン(有料)となります。

 

クーポンの発券・利用方法

講師ダッシュボードから該当コースを選択し、

画面右側の【プロモーション】をクリック。

 

udemy クーポン

 

【新しいクーポンを作成】をクリック。

 

udemy クーポン

 

発行するクーポンタイプを選択。

 

udemy クーポン

 

  • 価格(カスタム価格を選択した場合)
  • 開始日
  • クーポンコード

 

を入力します。

 

開始日に関してはデフォルトのままでいいです。

 

udemy クーポン

詳細を確認し「クーポンを作成」をクリック。

 

udemy クーポン

 

クーポン発行完了。

 

udemy クーポン

 

「コード」は受講者に直接コード入力してもらう場合に使います。

 

基本的には「リンク」をコピーして使う場合がほとんどです。

 

4種類のクーポンの使い分け

①現在の最低価格

おそらく最も使用頻度が高いクーポン。

 

Udemyのセール価格よりも安い金額(¥1220)で販売できるので、プロモーションをするときなどは必ずこのクーポンを使いましょう。

 

「②カスタム価格」の最低価格は1600円でUdemyのセール価格と大差ないので、わざわざクーポンを利用して購入するメリットが小さいからです。

 

有効期限は5日間となっています。

 

②カスタム価格

(割引)価格を自由に設定できるクーポン。

 

①との違いは最低価格が1600円なのと、

有効期限が31日間になっていることです。

 

このクーポンは注意点が一つあります。

 

それは欲を出して1600円以外の価格をつけないこと。

 

なぜなら、Udemyのセール価格は1500円前後だからです。

 

セール時に買う方が安いのであれば、

受講生にとってクーポンを利用するメリットがありません。

 

要するに、「売れない」ということです。

 

Udemyは頻繁にセールをしているので、

わざわざ割高なクーポンで購入する意味がないためです。

 

価格もUdemyセールと大差ないので、

プロモーションにも不向きです。

 

基本的には①のクーポンしか使いません。

 

ではどういうときにこのクーポンを利用するかというと、

ブログなどにリンクを貼って長期間放置する場合に使います。

 

①のクーポンは有効期限が5日しかないので、

頻繁にリンクを貼り換える必要があります。

 

クーポンは月3枚までしか発行できないため、

①は最大15日間しか使えません。

 

このクーポン(②)であれば、

月に1回貼り換えるだけでいいので、

作業の手間がほとんどありません。

 

ブログやYoutubeなどにクーポンを貼る場合は、

この②のクーポンがおすすめです。

 

ちなみに↓のクーポンも②を利用しています。

 

www.udemy.com

 

③無料:オープン

有効期限が5日間のクーポンで、

利用人数の上限は1000名です。

 

無料キャンペーンをやる場合に使います。

 

④無料:ターゲット設定

有効期限は31日間で利用上限が100名のクーポン。

 

おそらくほとんどの人にとって

最も使用頻度が低いクーポンです。

 

なぜなら無料キャンペーンをやる場合、

③のクーポンを使うことがほとんどだからです。

 

僕がこのクーポンを使うときは

会員サイトで特典として利用する場合か、

コンサル生にUdemy講座をプレゼントするときです。

 

Udemy講座を特典として会員サイトでプレゼントする場合、

どのタイミングで特典を受け取るかは人によって違います。

 

そのため、頻繁に貼り換えが必要なクーポンは使えません。

 

このクーポンは有効期限が31日間あるので、

毎月1回貼り換えるだけの作業で手間がかかりません。

 

月1回の貼り換え作業さえきちんとしておけば、

どのタイミングでクリックされても無料クーポンが適用されます。

 

僕はコンサル生から希望が出たら、

Udemy講座を無料でプレゼントしています。

 

このクーポンであれば31日間有効なので、

別の人から希望があった場合にそのまま利用できます。

 

③を使うとタイミングが合わない場合、

改めて別のクーポンを発行しなおす必要があります。

 

そのためコンサル生へのプレゼントには、

このクーポンを利用しています。

 

無料クーポン配布時の注意点

無料クーポンを利用する場合は、

目的を明確にしましょう。

 

  • 受講者を増やすため
  • 信頼構築のため
  • 特典(プレゼント)利用のため

 

一つ覚えておかなければならない原則があります。

 

それは、

 

 

「人間は無料のものに価値を感じない」

 

 

ということ。

 

無料クーポンを配っても、

ほとんどの受講生は視聴すらしてくれません。

(※講師は受講生の視聴完了率が見れる)

 

 

「とりあえずもらっとくか」

 

ぐらいの軽い気持ちの人が多いからです。

 

特に興味もないのでわざわざ見る人は少ないです。

 

興味ない動画を長時間見ることは、

人間にとって苦痛でしかないからです。

 

無料クーポン利用時のよくある失敗

無料クーポン利用時のよくある失敗について動画を作りました。

 

こちらをご覧ください。

 

 

プロモーション戦略

もしあなたがリストを持っているなら、

リストに対して最安値クーポンで販売しましょう。

 

リストの人たちとは信頼関係ができているので、

購入してくれる可能性が高いからです。

 

リストを持っていない人はFBグループがおすすめです。

 

例えばあなたが料理の講座を販売しているなら、

料理に関するFBグループに参加します。

 

そこには料理に興味がある人が集まっているからです。

 

つまり、濃い見込み客の溜まり場だということです。

 

そこで宣伝・告知をすれば、

受講してくれる確率は高いです。

 

リストを持っていないゼロスタートの人は、

まずはFBグループで無料クーポンを配って、

受講生を増やすことから始めるのがおすすめです。

 

キャンペーンを開催する

クーポン利用時はキャンペーンを開催するのがおすすめです。

 

  • 新コース開講キャンペーン
  • 受講生○名突破記念
  • クリスマス特別企画
  • 期間限定メルマガ登録キャンペーン

 

キャンペーンをしなくてもクーポンは利用できますが、キャンペーンにしたほうが圧倒的に反応は出やすくなります。

 

上記以外にもいろいろキャンペーンはあるので、

自分でアイデアを考えてみてください。

 

Udemy参入約1年で100万円以上稼いだ秘訣

僕はUdemy参入から約1年で

100万円以上稼ぎました。

 

その一番の秘訣は「割引クーポンを活用したこと」。

 

クーポン利用でコースが売れた場合、

講師の取り分は97%になるからです。

 

つまり、売上のほぼ100%が利益になるということです。

 

Udemyに販売を任せっきりにして、

ほったらかしにしても大して稼げません。

 

その場合の講師の利益配分は47%なので、

収益が非常に少ないからです。

 

Udemyで稼ぐコツは「自分で集客して自分で売る」こと。

 

よほどバカ売れするコースでない限り、

完全ほったらかしで大きく稼ぐのは難しいです。

 

後発参入でもUdemyで稼ぐための戦略

後発参入でもUdemyで稼ぐための戦略を

こちらの記事にまとめています。

 

www.specializedblog.com

 

より詳しくUdemy攻略法について知りたい方は、

こちらの書籍がおすすめです。