あきらめるな、特化ブロガー!

ネットビジネス・コピーライティングの学びをシェア

【SEO】アンカーテキストはもう古い!Google上位表示に重要なアルゴリズムCo-citation(コサイテーション)とは?

GoogleSEO対策に重要な要素として紹介されているものの一つにアンカーテキストがあります。

 

アンカーテキストについてご存知ない方はこちらのサイトをご覧ください。

 

 

www.seohacks.net

 

実際に「アンカーテキスト 2019」で検索してみても上位表示されるサイトのほとんどが、「アンカーテキストはSEO対策するにあたり重要な要素である」と論じています。

 

しかし、実際のところ上位表示施作におけるアンカーテキストの役割は重要でなくなってきており、そのことは海外のSEOスペシャリストの間では常識となっています。

 

Fact is, more SEOs are making serious studies of co-citation and co-occurrence due to the fact that Google has several times declared the diminishing value of exact keyword anchors.

 

これは後ほど参照として紹介するサイトの一部を抜粋したものになりますが、Googleはキーワードアンカー(アンカーテキスト)の重要性を徐々に減らしていくと何度か宣言している」とこの記事では言及されています。

 

他のいくつかの記事もリサーチしてみましたが、同様のことを言及しているサイトが複数見つかりました。

 

アンカーテキストに代わるものとして重要視されているのが、今日ご紹介するCo-citationです。

 

上記引用文で登場するco-occurenceについては後日解説します。

 

Co-citation登場の歴史

Coは「共に・一緒に」を意味する接頭辞で、CitationはCite(引用する)の名詞形です。

 

つまり、日本語で表現するのであれば「共引用」とでも言えばよいでしょうか。

 

実はこのCo-citationの概念は最近登場したものではなく、今から6年前の2013年頃に海外のSEO業界で議論されるようになった概念です。

 

実際「co-citation」というキーワードで検索をすると、2013年頃のサイトが上位表示されます。

 

それらのサイトの情報は古くなってしまっている可能性があるので、「co-citation 2019」で検索してみたところ、検索1位に以下のサイトが出てきましたので参照サイトとしてリンクを貼っておきます。

 

seo-hacker.com

 

旧来のCo-citation

実は2013年当時と現在とではco-citationに関する認識が変わっています。

 

2013年当時のCo-citation①

 

こちらが2013年のCo-citationを説明する図になります。

 

f:id:Apollojustice:20190728095029p:plain

出典:Neilpatel

 

この図は4つのサイトを例に挙げてCo-citationを説明していますが、ややこしくなるのでSite A、Site B、Site Cの3つで考えてみたいと思います。

 

Site AとSite BはSite Cを参照先としてリンクで結ばれています。

そしてSite AとSite Bはリンクで結ばれていません。

 

しかし、このSite AとSite Bの間には目に見えない被リンク(のようなもの)が発生しており、それをCo-citationと呼んでいます。

 

つまり、Site Cにリンク飛ばすことで、Site AとSite Bにも被リンク効果が生まれているということです。

 

2013年当時のCo-citation②

f:id:Apollojustice:20190728100010p:plain

出典:Neilpatel

こちらがCo-citationを示す図のその②になります。

 

この場合、Site AからSite BとSite Cにリンクを飛ばすことで、Site BとSite Cの間にco-citationが発生するということになります。

 

co-citationが発生するための条件

co-citationが上位表示のために有力な施作なのであれば、とにかく片っ端からリンクでサイト同士をつなげばいいと考えがちですが、それだけではco-citationとして認識されることはありません。

 

co-citationとしてGoogle認識してもらうためには、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

 

  • 上記①の場合:それぞれのサイト(Site A,B,)が言及先として同じサイト(Site C)を参照していること

 

  • 上記①②に共通:3つのサイト(Site A,B,C)がそれぞれ同じトピックについて論じていること

 

2つ目の条件は必ずしも同じキーワードを含んでいる必要はなく、あるキーワードに対して関連性の高いキーワードが使われていればOKです。

 

ちなみにこの2つの条件は、2019年現在のco-citationの条件としても適用されています。

 

2019年現在のco-citation

 

2019年現在のco-citationに対する考え方は、基本的に2013年当時のものと同じです。

 

大きく違う点は「必ずしもリンクで結ばれている必要はない」という点です。

 

例えばSite AとSite Bがこのブログを参照していたとします。

 

その場合、この3つのサイトが同じトピックについて言及していて、Site AとSite Bのコンテンツ内に「あきらめるな、特化ブロガー」という文言が含まれていれば、リンクで結ばれていなかったとしてもこの3つのサイト間にco-citationが発生するということです。

 

 

今後の展望

co-citationに対する対策は被リンク獲得と同じです。

 

多くのサイトから参照してもらえるようなサイトを目指したブログ運営が必要になるということです。

 

先日E.A.Tの重要性についてどこかの記事でお話しましたが、多くのサイトから言及されるようになるということは、専門性・権威性・信頼性を高めるということと同義です。

 

これらの要素を満たすためには、ある分野に特化して記事を書いていくというスタンスが好ましいです。

そして、今後はますますE.A.T至上主義が加速してくと予想されます。

 

「上位表示を取るためには良いコンテンツを作ること」と言われて久しいですが、これからは良いコンテンツを持っているサイトはどんどん成長し、そうでないサイトはどんどん縮小していく、という二極化が進んでいくものと思われます。