あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていない最先端のGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

【SEO対策】コーナーストーンコンテンツ(Cornerstone content)について徹底解説

今日の内容はかなりマニアックです。

 

でも重要です。

 

試しに日本語で「コーナーストーンコンテンツ」と検索してみましたが、

1件しか情報が見つかりませんでした。

 

しかし、英語で検索すると大量にCornerstone contentに関する情報が見つかります。

つまり、海外の専門家の間では当たり前の概念であるということです。

 

先日サイト構造について記事を書きましたが、

コーナーストーンコンテンツはサイト構造にも関連しています。

 

www.specializedblog.com

 

 

 

コーナーストーンコンテンツとは?

コーナーストーンコンテンツについて以下のような記述があります。

Cornerstone content refers to web pages that are essential to your site’s purpose. They are filled with fundamental, comprehensive information that your visitors need to know. They are well written, designed to rank highly on Google’s search results pages, and worth linking to. Cornerstone content pages are also used to attract visitors and carry them throughout your website.

 

 簡単に要約すると、

 

コーナーストーンコンテンツとは、そのサイト(ブログ)を象徴するようなコンテンツのことです。

 

他のページに比べて記事の内容も充実していて、

デザインも洗練されているそのサイトを代表するようなページのことです。

 

サイト訪問者を惹きつける役割もあります。

 

ここには記載がありませんが、コーナーストーンコンテンツは必ずしも1つであるとは限りません。

 

また、記事単体でもページでもどちらもコーナーストーンコンテンツになることができます。

 

ページ=カテゴリページとイメージしてもらえばわかりやすいです。

 

参考サイト

参考ウェブサイトはいくつかあるのですが、ネームバリューのあるYoastにしたいと思います。

 

yoast.com

 

コーナーストーンコンテンツについて徹底解説

サイト構造の記事(冒頭リンク)の中で、

「サイト内でページ同士が競合することがある」とお話しをしました。

 

ページ同士が競合してしまうと、

Googleはどのページが重要なのか判断することができません。

 

そうすると検索順位にも影響が出てきてしまいます。

 

例えば「SEO対策」というカテゴリがあった場合、

その中でも特に注目してほしい記事がありますよね。

 

このブログでいうならこの記事です。

 

 

www.specializedblog.com

 

この記事はトップページに固定表示しています。

そして、たくさんの内部リンクが貼られています。

 

そうすると、Googleもこの記事が重要であるとすぐに判断できるわけです。

 

そしてこの記事はこのブログを象徴する記事でもあります。

このブログのメインテーマはSEO対策やアドセンスですからね。

 

普通にブログを書いていれば、意識しなくても自然と重要な記事に内部リンクが集中することになります。

 

したがって、ほとんどの人は意図せずコーナーストーンコンテンツが出来上がることになります。

 

しかし、ブログのテーマとかみ合わない記事に内部リンクを集中させてしまうと、それがコーナーストーンコンテンツと見なされてしまう可能性があります。

 

コーナーストーンコンテンツの作り方

f:id:Apollojustice:20191124103348p:plain

出典:make a websitehub.com

コーナーストーンコンテンツの作り方について、\Yoastのページに以下のような記述があります。

 

Cornerstone articles should have a prominent place on your website. Ideally, someone should be able to click straight from your homepage to your cornerstone articles. Also, all your other posts about similar topics should link back to their corresponding cornerstone article, so its importance is clear from your site structure.

 

理想的なコーナーストーンコンテンツの定義は以下の3点です。

 

  • トップページから直でアクセスできる場所にある
  • 類似記事から内部リンクが相互に貼られている
  • 長文記事である(内容が充実している)

 

このブログのもう一つのコーナーストーンコンテンツはこの記事です。

 

www.specializedblog.com

 

この記事はグローバルメニューのところにリンクが貼られており、

トップページから直でアクセスすることができます。

 

そして、同じカテゴリ(SEO対策)から複数のリンクが貼られていて、

文字数は10000文字を越えています。

 

コーナーストーンコンテンツはページだけではない

コーナーストーンコンテンツは、必ずしも記事やページだけではありません。

 

以下のものもコーナーストーンコンテンツに該当します。

 

 

 

コーナーストーンコンテンツのメリット

コーナーストーンコンテンツの強みは、ビッグキーワードで上位表示されやすくなることです。

 

Cornerstone content plays a significant role in any SEO strategy. It can be hard to rank for search terms that are very popular, but a cornerstone approach can help you tackle those competitive search terms.

 

 1つのページ単体で、ビッグキーワードで上位表示を取るのは至難の業です。

 

しかし、コーナーストーンコンテンツは複数のページからリンクが集中しているので、

ページのもつパワーが強力になり、ビッグキーワードでも上位表示をとりやすくなります。

 

そして、このような記述もあります。

 

If you write a lot of articles on similar subjects, you need to tell Google which of them is the most important. If you don’t, you’ll be eating away your own chances to rank well in the search results. Providing the correct internal link structure between your posts tells Google which article is the most important.

 

もしあなたが同じ話題について多くの記事を書いていたら、Googleにそのうちのどれが一番重要であるかを伝えなければならない。

もしそうでなければ、検索結果で上位表示を取るのは難しいだろう。

適切な内部リンク構造を構築することは、Googleにどの記事が最も重要であるかを伝える働きがある。

 

コーナーストーンコンテンツ・5ステップ構築テクニック

 

STEP1:ブログのメインテーマとなるキーワードを選定する

上位表示したいキーワードを選定します。

そして、そのキーワードをメインテーマとしたブログを作ります。

 

このキーワードはロングテールキーワードではなく、

ビッグキーワードのほうが好ましいです。

 

STEP2:ベスト記事を選ぶ

いくつか記事を書いているうちに、最も質の高い記事(ベスト記事)が出てきます。

 

その記事をコーナーストーンコンテンツとして選びます。

 

STEP3:記事をリライトする

STEP2で選んだ記事をリライトしてSEO対策します。

 

具体的には、

  • 長文記事にする
  • 読みやすい構成にする
  • 目次をつける
  • 見出しを付ける

 

などが挙げられます。

 

STEP4:類似テーマの記事を最適化する

類似テーマの別記事を、STEP1のキーワードに関連したロングテールキーワードに合わせて最適化します。

 

例えばSTEP1で選定したキーワードが「SEO対策」なら、

類似テーマの別記事は「SEO対策 Google 最新」や、

SEO対策 Google アルゴリズム」といったロングテールキーワードについて記事を書きます。

 

STEP5:類似テーマ記事から内部リンクを貼る

STEP4で作成したロングテールキーワードの記事から、

STEP2で選んだ記事に対して内部リンクを貼ります。

 

できれば内部リンクは一方通行ではなく相互のほうがいいです。

 

まとめ

今回の記事はかなりマニアックな内容になりましたが、

コーナーストーンコンテンツはSEO対策にも有効なので、

ぜひ対策してみて欲しいと思います。

 

特化ブログを書いている人は対策しやすいですが、

雑記ブログや日記ブログの人にはちょっと不利かもしれないですね。