Evergreen Blog ~弱者のためのファン創造コンテンツマーケティング~

Udemyベストセラー講師アポロによるコンテンツ販売・コンテンツマーケティングの奥義

【資金ゼロ】海外在住者が個人で起業する方法

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ

僕はまったく未経験の状態から

インターネットを使ってカナダで起業しました。

 

それまでは旅行業でずっと働いていました。

(実は一度目の起業に失敗しています)

 

 

紆余曲折ありたくさん失敗もしましたが、

おかげさまでオンラインの収入のみで

生活できるほど稼げるようになりました。

 

 

たった1日で会社員時代の月収の倍を稼ぐこともあります。

 

 

僕の会社Bluepoint Info Marketingでは

海外在住個人起業家のビジネス支援もおこなっています。

 

  • カナダ
  • アメリカ
  • イギリス
  • フランス
  • イタリア
  • スペイン
  • ドイツ
  • ニュージーランド
  • タイ
  • 韓国

 

といった国にお客様がいらっしゃいます。

 

 

「Change the World」をスローガンに、

世界で活躍する日本人を増やすことがミッションです。

 

本記事では海外在住者が個人で起業するまでの

プロセスについて解説していきます。

 

 

 

起業失敗ストーリー

冒頭でもお伝えしたとおり、

僕は最初の起業に失敗しています。

 

その時のことを動画で話したのでぜひご覧ください。

 

 

 

当時の僕のように何も知らないで起業すると、

失敗する可能性は高くなるので気をつけましょう。

 

海外在住者にチャンス到来

コロナウィルスの影響によって急速にオンライン化が進みました。

 

「オンラインで何かをする」という習慣が、多くの人にとって当たり前になったのです。

 

これは海外在住者にとってチャンス。

 

今まではセミナーなども場所の問題で開催(参加)できない、という問題がありましたが、ウェビナーが一般化した今ではそういう不利もなくなりました。

 

オンラインであれば商圏が世界中になるので、場所の不利を受けることもほとんどないということです。

 

 

 

 

海外で起業するのに資金はいらない

 

起業と聞くと「莫大な資金が必要」と思われがちですが、

お金がなくても起業することは可能です。

 

 

個人事業主としてであれば

カンタンに起業することができるし

登録料もほとんどかかりません(国による)。

 

 

僕も最初はまったくお金がない状態からスタートしました。

 

 

インターネットを使えば、

軍資金ゼロでもビジネスをスタートすることができます。

 

オンライン力を磨く

海外でビジネスをする場合、

収益の大部分はオンラインになります。

 

言語が堪能であればローカル客相手にできますが、

そうでなければ日本人マーケットに向けたビジネスに絞られます。

 

在住国や地域にもよりますが、

現地在住の日本人だけが対象だと

あまりにもマーケットが小さすぎます。

 

日本に住んでる人のように

オフラインのみでビジネスをすることは難しいのです。

 

 

起業して食っていくだけの収入が欲しいなら、

オンラインで稼ぐ力は絶対に必要になります。

 

まずは副業からスタートする

起業するといっても、

いきなり会社を辞めるのはおすすめしません。

 

稼げるようになるには時間がかかります。

 

 

収入がゼロになってしまうのはリスクがでかすぎるので、

まずは副業からスタートすることをおすすめします。

 

海外在住者のおすすめ副業については

こちらの電子書籍で詳しく紹介しています。

 

 

 

副業とはいえ本業のつもりで取り組んでください。

 

 

ほとんどの副業サラリーマンが稼げないのは、

 

「目先の収入に困っていないから」

 

です。

 

副業がうまくいかなくても今の生活に支障がないので、

サボりと先延ばしを繰り返し真剣に取り組みません。

 

 

素人が片手間で稼げるほどビジネスは甘くないです。

 

 

自己管理ができない人は起業に向いていないので、

そういう人は会社員として幸せになる方法を探すのをおすすめします。

 

 

 

物販・転売はおすすめしない

物販や転売は難易度が低いので

ビジネス初心者でもそこそこ稼げます。

 

副業でOKならそれも選択肢としてアリですが、

起業を考えるならおすすめしません。

 

その理由についてお話します。

 

①在庫リスク

物販や転売ビジネスの場合、

仕入れが必要になるケースが多いです。

 

自分で商品を作成する場合も同じ。

 

 

商品が売れなければ在庫を抱え、

大きな赤字を出すことになってしまいます。

 

「稼ぐためのビジネスなのにむしろ損してしまう」

 

なんてこともあります。

 

②軍資金が必要

物販ビジネスをする場合は資金が必要になります。

 

そもそも軍資金が少なければ

仕入れをすることすらできません。

 

仕入れができなければ商品も売れないので、

資金力のない人にはおすすめしません。

 

③時間労働

物販や転売ビジネスは労働が伴います。

 

仕入れ・梱包・発送など。

 

時間のない会社員だと、

動ける時間が限られているので、

まともにビジネスできない可能性があります。

 

稼げるようになったとしても、

収入に比例して手間や労力も増えていきます。

 

アウトソーシングするにしてもコストがかかる。

 

働かないと収入がなくなってしまうので、

一時帰国やバケーションもまともにできません。

 

 

④価格競争に巻き込まれる

物販ビジネスは価格競争に巻き込まれやすいです。

 

同じ商品を売っている人が他にいた場合、

差別化が非常に難しいのが特徴です。

 

差別化ができないとなると価格競争に巻き込まれます。

 

 

そんなビジネスモデルなので

よほどの実力者でない限り、

10年後も稼げる見込みは薄いです。

 

FXはおすすめしない

FXで稼ぐためにはまとまった軍資金が必要です。

 

なので資金力のない人はそもそもできません。

 

素人が下手に投資に手を出すと、

失敗してお金を失うリスクがあります。

 

もはや投資ではなく博打と言ってもいいでしょう。

 

 

投資は初心者には難易度が高いです。

 

何の知識もなく参入すると、

痛い目に合うので注意してください。

 

アフィリエイトはおすすめしない

インターネットを使った副業といえば、

ブログアフィリエイトが思い浮かんだ人も多いと思います。

 

僕も最初はブログからスタートしました。

 

「ブログアフィリエイトはカンタンに稼げる」

 

と思っている人が多いですが、実はまったく逆です。

 

 

アフィリエイトで稼ぐのは

めちゃくちゃ難しいのです。

 

 

ビジネスモデルから考えても、

長期的に稼ぎ続けるのはほぼ不可能。

 

www.specializedblog.com

 

海外起業に英語(外国語)はいらない

ネットを使えば在住国に関係なく、

日本人をターゲットにビジネスができます。

 

英語が堪能である必要はありません。

 

 

もしあなたが英語に自信があるなら、

外国人相手のビジネスをするのもありです。

 

ただその場合はスキルがないと厳しいです。

 

相手からすればよほどの理由がない限り、

外国人(日本人)から買う必要性がないからです。

 

 

もし日本人以外を相手にビジネスをするなら、

まずはFiverrUpworkから始めるのがおすすめです。

 

海外在住者におすすめのビジネス

 

①コンテンツ販売

 

海外在住者におすすめのビジネスはコンテンツ販売です。

 

www.specializedblog.com

 

コンテンツ販売のメリットは次の通り。

 

  • 軍資金がいらない
  • 不労所得化できる
  • 在庫リスクがない
  • 利益率が高い

 

やり方次第では個人で数千万稼ぐこともできます。

 

僕もコンテンツ販売で起業しました。

 

②コーチ・コンサル

コーチコンサルも個人起業におすすめのビジネスです。

 

 

不労所得化はできませんが、

高額商品を販売できるのがメリット。

 

 

単価50万とかで売れるので、

月に1個売るだけで月収50万です。

(利益率はほぼ100%)

 

ZOOMやGoole Meetを使えば、

世界中どこにいてもセッションができます。

 

僕の収入の大部分もコンサルによる売上です。

 

決済システムを用意する

せっかくビジネスをしても、

在住国の銀行にお金が入らなければ、

現地での生活は潤いません。

 

そのため海外で起業したければ、現地通貨でマネタイズできるような仕組みを用意する必要があります。

 

AmazonやGoogleといった会社は、在住国の銀行に直接お金を振り込んでくれます。

 

しかし、日本在住者がクライアントになる場合、銀行振込で入金をもらうのは無理があります。

 

そのため、現地通貨に対応している決済システムを用意する必要があります。

 

おすすめはPaypalStripe

 

この2つのサービスは利用料もかからないし、審査も厳しくないのでビジネス駆け出しの人でも問題なく使えます。

 

 

日本円で受け取ったお金を現地通貨に変換して銀行に入金ができるので、日本在住者がターゲットである場合も問題ありません。

 

分割払いや月額支払い(サブスク)にも対応しています。

 

Paypalに関しては銀行口座との連結が可能なので、相手がクレジットカードをもっていなくても支払いができます。

 

 

海外サービスの多くは、PaypalもしくはStripeのどちらかに対応しているので、この2つはどちらも使えるようにしておくといいでしょう。

 

 

MYASP(マイスピー)を使えば、メルマガとこれらの決済システムを連結できるので、決済→納品(自動返信)を完全自動化することもできます。

 

 

ある程度稼げるようになったら起業する

個人起業家にとって、

時間は貴重なリソースであり武器でもあります。

 

使える時間が少ないとビジネスが大きくなりません。

 

 

生活に困らない程度に稼げるようになったら、

会社を辞めて起業してください。

 

時間も作れるし覚悟もできるはずです。

 

まとめ

起業すると自由が手に入ります。

 

好きな時間に起きて、

好きな時間に働き、

好きな時間に遊ぶ。

 

そんな生活を実現できます。

 

 

海外在住者は日本に住む人と違い、

カンタンに転職はできません。

 

だからこそ自力で稼ぐ力を身につける必要があるのです。