あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

「日記ブログは読まれない」は本当か?

ウェブ上にある、これからブログを始める人向けに発信しているアドバイスの中で「一般人の日記ブログは誰も興味ないから読まれない」といった内容のものを見かけます。

 

確かにその指摘は的を射てると思いますが、一般人の日記ブログは絶対に読まれないかといわれればそういうわけではありません。

 

これからブログを始めたいと思っている人の多くは、日記ブログを書こうと思っていると思います。なぜなら、もっとも初心者が取り組みやすいブログのスタイルだからです。

 

そういう人がこの情報を見た時にどう思うでしょうか?

 

「日記ブログを書いても読まれないのであれば、書くだけ時間の無駄だからブログを書くのを止めておこう」と思うかもしれません。

もしそうだとしたらとても残念なことです。

 

僕個人の願いは一人でも多くの人にブログを続けて欲しいと思っているし、そんな人たちのお役に立てればと考えています。

 

せっかく仲間が増えたのに、いなくなってしまうのは悲しいですからね。

 

「日記ブログは読まれない」は本当か?

 

結論から言うと「一般人の日常になど誰も興味がない」という主張は真だと思いますが、「日記ブログは読まれない」という主張は偽だと思います。

 

世の中には、たくさんの読者に読まれている一般人の日記ブログは無数に存在します。

もちろん彼らは有名人ではありません。普通の人です。

 

文章力が高いかと言われれば必ずしもそういうわけではありません。

 

にもかかわらず彼らの日記ブログには多くの読者がいます。特化ブログのようにニッチなジャンルを攻めているわけでもないので、読者の数もたくさんいます。

 

「日記ブログなど誰も読まない」と主張する人は、表面的な形だけで物事を判断しその本質を理解していません。

それで物事を決めつけてしまっては、せっかくのチャンスも見えなくなってしまいます。

 

読まれる日記ブログと読まれない日記ブログの違い

実は日記ブログには読まれるブログと読まれないブログがあり、そこには明確な違いがあります。

 

その違いとは「共感があるかないか」です。

 

例えば、子育てに悩んでいる人がいたとして、その人が同じ悩みを抱えている人のブログを見つけたとしたら、かなり高い確率で読むでしょう。

 

職場の上司にうんざりしている人がいたら、職場の上司の悪口を吐露しているブログを見つけたら読む可能性は高いと思います。

 

それはそこに「共感」があるからです。

言い換えると「あ、これって俺(私)のことだ・・・」と思わせるような記事を書いているということです。

 

そういう共感があると他人の日常が他人事から自分事になります。

自分事になるということは感情移入しやすくなるということです。

感情移入するようになるとその人に親近感を感じ、やがてファンになっていきます。

 

これが読まれるブログの特徴です。

 

一方読まれない日記ブログというのは、一方的にどうでもいい情報を発信しているものです。

 

特に「○○に行った」、「○○を食べた」などの自慢したいだけの日記ブログは、共感どころか反感を買ってしまう恐れがあります。

もし自慢日記を書きたいのであればブログではなく、SNSにしたほうがいいと思います。

 

SNSは自分の知り合いが読んでくれているので、自慢があってもまだ許容してくれます。

しかし、ブログというのは基本的に赤の他人が呼んでいるものです。見ず知らずの人の自慢話を聞きたいという人はほとんどいないでしょう。

 

一般人日記ブロガーの戦い方

ちなみに芸能人のブログは自慢と思えるような記事が多いほうが読まれる傾向があります。

 

それは彼らの役目が「夢を与えること」だからです。

もし彼らのブログが日常の悩みや苦しみのネタばかりだったら、読んでいて疲れるでしょう。

 

たまにはそういう記事も読みたくなることがありますが、ずっとそんなネガティブな記事ばかりだったら、おそらく読者も離れていくでしょう。

そして、普段テレビでしか見ることのできない彼らの日常を見ることができるのが、芸能人ブログの強みでもあります。

 

しかし、そこに共感は必要ありません。

 

そして、芸能人ブロガーに一般人に共感してもらえるような記事を書くのは難しいでしょう。

なぜなら、彼らは特別な存在だからです。

 

一般人の悩みは一般人だからこそ理解・共感できるものです。

 

日記ブログに失敗するのは芸能人ブロガーと同じ戦い方をしてしまうからです。

もちろん文章力やセルフプロデュース能力が高ければ、それでも読者を獲得することはできます。

 

しかし、多くの人に読んでもらえるようなブログにしたいのであれば、より多くの人に共感してもらえるような日記ブログを書く必要があります。

そして、読者と同じようにある問題に対して、悩み苦しんでいる姿を見せることができれば、多くの読者はそのブログに共感し、自分事として感情移入してくれるでしょう。

 

これこそが一般人日記ブロガーの戦い方です。