あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていない最先端のGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

【日本と全然違う】「海外式」グーグルアドセンスRPMの収益の上げ方

アドセンス広告を実装している人は、RPMの上げ方について知りたいという人も多いと思います。

 

RPMとはRevenue per Milleの略で1000ページビューあたりの収益目安のことです(Milleはフランス語で千の意味)。

 

参考サイトはこちら。

 

support.google.com

 

例えばRPMが300円の場合、ページが1000回表示されたら収益は300円ということです。

クリック単価(CPC)が上がれば当然RPMも上がることになります。

このRPMを見れば大体の収益予測がつきます。

 

RPMが低いとどんなにPVを増やしても一向に稼げるようになりません。

 

RPMの上げ方について日本と海外の両方で調べてみたのですが、検索上位に表示された上位10位の記事をそれぞれ比較したら、日本と海外で全然内容が違っていたんです。

 

今日はこのブログを読んでくださっている皆様のために、海外式アドセンスRPMの上げ方について解説していきたいと思います。

 

数あるブログの中からこのブログを訪問してくださる皆様のために、これからも他にはない役立つ記事を投稿していきますので、よろしくお願いします。

 

 

RPM(インプレッション収益)の確認方法

自分のブログのRPMの確認方法については、アドセンスの公式ページにて解説してあります。

 

support.google.com

 

【レポート】→【アカウント全体(日単位)】→【クリック数】タブ

クリック率とページRPMを参照

 

これで自分のサイトのRPMの1日ごとのデータを確認することができます。

  

RPMの平均は?

 

ネット上に公開されている複数のサイトの情報をまとめてみたところ、RPMの平均値はだいたい300円前後でした。

 

もちろんブログのジャンルやブログのスタイルによってまちまちなので、

この平均値はあくまでも概算で参考までにとどめておくのがいいと思います。

 

ちなみに僕のRPMカナダドルで$5程度です。

だいたい平均とも合致していますね。

 

 

 

日本の検索上位に表示された記事に書かれていたこと。

日本の検索エンジン上位10位に書いてある記事を確認したところ、だいたい同じようなことが書いてありました。

 

  • 広告サイズを変える
  • ブログのテーマを高単価ジャンルにする

 

大体この2つです。

 

中にはRPMの上げ方で検索したのに、具体的なRPMを上げる方法についてはいっさい言及がなく、「稼ぐにはPVを増やしましょう」としか書いてないサイトも検索上位に出てきました・・・。

 

日本の検索エンジンに上位表示される記事の内容がどれも似通っているのは、新しい情報が入ってこず、同じ情報がぐるぐる回っているだけだからだと思います。

 

ブログを運営する前ならまだしも、運営してからブログの方向性を変えて高単価ジャンルを狙うのはちょっと無理がありますよね。

 

パーソナライズド広告を設定している場合、コンテンツの内容よりもユーザーの興味が優先されるため、必ずしも高単価の広告が表示されるわけではありません。

ただ、大抵の人はそのジャンルに興味があるから、そのブログを訪れているわけなので、ブログのジャンルを絞り込むという戦略は間違いではないと思います。

 

僕のような存在が、日本にはないけど海外には当たり前のように存在する情報を公開することで、情報の飽和を少しでも緩和できるといいなと思います。

 

ちなみに過去に公開した「日本には存在しない海外のお役立ち情報」は以下の記事になります。

 

www.specializedblog.com

 

海外式グーグルアドセンスRPMの上げ方

f:id:Apollojustice:20190907073116j:plain

 

海外の検索エンジン上位に表示されるもののうち、上位10位をチェックしました。

その中で一番わかりやすかった以下のサイトのリンクを貼っておきます。

 

hearmefolks.com

 

ここからは、海外のサイトで説明されているグーグルアドセンスRPMの上げ方について解説していきます。

 

①ユーザーエンゲージメントを改善する

これは上記リンクの記事には書いてありませんでしたが、他の記事に書いてあった内容になります。

 

なぜユーザーエンゲージメントと広告単価が関係あるのか?

 

それはユーザーエンゲージメントが低いサイトは、価値が低いサイトだとみなされるからです

 

あなたが広告主だった場合、価値の低いサイトに高い広告費を払おうと思いますか?

多分払わないという人が大多数でしょう。

 

ユーザーエンゲージメントとは直帰率や滞在時間などです。

これらを改善することでRPMが少しですが上がっていきます。

 

②広告の数を減らす

海外ではほとんどのサイトで「広告を減らすとRPM」が上がると解説されています。

日本では広告の位置を変えるという記事はたくさんありますが、「広告の数を減らしましょう」という記事は、僕が調べた限りでは見つかりませんでした。

 

アドセンスで稼ごうと思うとついつい広告の数を増やしてしまいがちです。

特に広告の数の制限が撤廃された現在では、たくさん貼れば貼るほど収益がでると誤解してしまいがちです。

 

僕自身もその誘惑に負けてしまった人間のひとりです。

 

ただ、広告がたくさん表示されているということは、それだけクリックが分散してしまうということです。

自分が広告主の立場だった場合、他社の広告と一緒に表示されるサイトよりは、自分の会社だけを宣伝してくれるサイトのほうがいいに決まっています。

 

しかも、広告の数が多いということは、表示すらされない可能性もあるわけです。

特に大量のスクロールが必要なスマホでは、サイドバーやフッターに設定されている広告はユーザーに表示されない可能性が高いです。

 

広告主からすればたくさん表示されて、クリック率が高い(クリックが分散しない)サイトに高いお金を払いたいと考えるのは当然のことです。

 

もしアドセンスのレポートを確認して、著しくパフォーマンスの低い広告ユニットがあったら、いっそのこと非表示にしたほうがいいと思います。

 

広告の数を減らすのはかなり勇気がいりますけどね。

僕もすごくためらいました・・・。

 

③高単価キーワードで上位表示を狙う

ブログのジャンルを高単価ジャンルに変えろということではなく、高単価ジャンルに含まれるキーワードを使って記事を書いた方がいいと、多くの海外サイトでは説明されています。

 

もちろんタイトルだけでなく、コンテンツの内容もその高単価キーワードに関連するものでなければなりません。

 

SEO対策をする

アドセンスRPMSEO対策はまったく関連がなさそうに思えます。

しかし、実はこれもとても重要な要素の一つです。

 

これは単純に「アクセスを増やせばいい」という意味ではありません。

トラフィックの質が重要なんです。

 

検索エンジン経由のユーザーは、自ら検索してその記事にたどり着いた人です。

つまり、あるキーワードに対して非常に関心の高いユーザー層だということです。

 

それに対し、例えばSNSなどの外部サイトからのトラフィックというのは、自発的にその記事の内容を検索してたどり着いたユーザーではありません。

 

この2者のどちらが購買意欲が高いでしょうか?

当然前者だと思います。

 

広告主からすれば、自分の商品にまったく興味のない客が何万人サイトに訪れようが意味がないわけです。

 

つまり、検索エンジン経由ユーザーが100名サイトを訪れて10名がクリックしてくれるのと、SNS経由のユーザーが1000名サイトを訪問して、10名クリックしてくれるのでは、全然価値が違うということです。

 

SEO対策をする」ということは、広告主の見込み客を集客するお手伝いをするということです。

 

⑤Above the foldに広告を配置する

日本語で何と言えばいいのかわからないので、英語表記そのままにしておきます。

 

Above the foldとは簡単に説明すると、「スクロールしないで閲覧することのできる領域」のことです。

 

これは説明するまでもないですが、スクロールしなくても閲覧できる領域というのは、ユーザーの最も目に留まりやすい場所でもあります。

目に留まりやすければ当然クリックしてもらえる確率も上がるから、CPCが上がり、結果としてRPMの向上につながるということです。

 

これにはアクティブビュー視認可能率という指標が関係しています。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

 

www.specializedblog.com

 

 

 

CPC(クリック単価)を上げたい人へおすすめ記事

ここまでRPMについて解説してきましたが、グーグルアドセンスのメイン収入はクリック報酬です。

 

CPC(クリック単価)を上げる方法についてはこちらの記事で解説していますので、

こちらも重ねてご覧ください。

 

www.specializedblog.com

 

www.specializedblog.com

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

RPMを改善しようと思った時、「広告の配置を変える」という施作だけでは、できることに限りがあるように思えます。

しかし、実際には対応できることはたくさんあるんです。

 

わかりやすい指標としては、「広告主の気持ちになって考える」ということです。

 

広告枠が大きいほうが単価が高くなるのも、広告主の観点からすれば当たり前のことですよね。