Evergreen Blog ~弱者のためのファン創造コンテンツマーケティング~

Udemyベストセラー講師アポロによるコンテンツ販売・コンテンツマーケティングの奥義

【動画付き】Kindleでペイパーバック(紙の書籍)を出版する方法

f:id:Apollojustice:20211024062759p:plain

ついに日本のKindleでも

ペイパーバック(紙の本)が出版可能になりました。

 

 

書店に並ぶわけではありませんが、

紙の書籍を出版することは多くの人にとって

憧れなのではないでしょうか?

 

もしまったく売れなかったとしても、

記念に自分用に購入するのもいいかもしれません。

 

さっそく僕も1冊ペイパーバックを出版しました。

Kindle ペイパーバック 出版方法

 

実際はの仕上がりはこちら。

 

 

電子書籍の原稿をそのまま使いまわせるのがいいですが、

出版方法が若干トリッキーです。

 

今日はKindleで紙の書籍を出版する方法について

解説していきたいと思います。

 

 

ペイパーバック(紙の本)の仕組み

紙の本というと自費出版をイメージする人が多いと思います。

 

自費出版には膨大なコストがかかり、

売れなければ在庫を抱えるというリスクがあります。

 

そのため一般人が紙の本を出版するのは

難しいと考えられていました。

 

その問題を解決したのがアマゾンです。

 

Kindleペイパーバックは

オンデマンド形式の出版なので、

在庫リスクを抱える心配はありません。

 

※オンデマンド・・・発注ベースのオーダー

 

ロイヤリティは60%と悪くありませんが、

ここから印刷代が差し引かれるので

収益性は決して良いとは言えません。

 

詳しい情報はこちらのページに記載があります(英語のみ)。

kdp.amazon.com

 

基本的には電子書籍をペイパーバック化することになりますが、

紙の書籍のみ出版することも可能です。

 

ペーパーバックは需要があるのか?

ペーパーバックは印刷コストがかかるため、

電子書籍版よりも価格は割高になります。

 

無名の一般人の書いた本をわざわざ高い金額で買う人は少ないと思われるので、基本的には「あまり売れない」と考えておいた方がいいです。

 

ただ、世の中にはKindle(アプリ含む)を使っていない人もいるので、

そういう人はペーパーバックを買ってくれる可能性はあります。

 

ペーパーバックと相性の良いジャンル

ジャンルによっては電子書籍と相性の良くないジャンルがあります。

そういうジャンルの本はペーパーバックを出版した方が売れるでしょう。

 

たとえば、写真集や作品集など。

 

こういった本を電子版で見ても、

「なんだかなー」と思う人も多いはずです。

 

主にビジュアルに訴えかけるようなジャンルの本は、

ペーパーバックと相性が良い傾向があります。

 

電子書籍との戦略の違い

電子書籍とペーパーバックは戦略が全く違います。

 

電子書籍で稼ぐ場合、

一般的にはページ数が多いほうがいいです。

 

印税の大部分は読み放題プランのKDPスコアになるためです。

 

しかし、ペーパーバックの場合、

ページ数が増えるとその分コストも高くなります。

 

そのため、できる限り不要な情報を省き、

ページ数を最小限に抑えるのが望ましいです。

 

Kindleで紙の書籍を出版する方法

 

①「ペイパーバックの作成」をクリック

 

②「ペイパーバックの詳細情報」を入力

 

 

メニューは電子書籍版と同じです。

 

すでに電子書籍を出版してる場合は、

自動で入力済情報が抽出されます。

 

ただし、カテゴリについては新規に選び直す必要があります。

 

③「無料のKDP ISBNを取得」をクリック

 

 

紙の書籍はISBNが必要になりますが、

ボタンをクリックすれば自動で番号が割り当てられるのでカンタンです。

 

④印刷オプションを選択

 

 

基本的にはデフォルトのままでOKです。

 

⑤印刷オプションを選択する(その2)

 

 

ここが若干トリッキーです。

 

変更が必要な箇所は「版型」と「ページを読む方向」ですが、

本の内容によってはこの2つも変更不要な場合があります。

 

「版型」については後程解説します。

 

⑥原稿・表紙をアップロードする

 

 

ペイパーバックで出版する場合は、

ファイル形式はPDFとなります。

 

ペイパーバックは背表紙・裏表紙があるため、

電子書籍のカバー画像をそのまま使うとデザインが崩れます。

 

Canvaを使ってペイパーバックの表紙を作る方法を解説した動画をこの記事の最後に貼っておくので、気になる方は見てみてください。

 

原稿に関しても修正が必要な箇所がありますが、

それについては僕のKindle講座で解説しています。

 

⑦プレビューを確認する

すべての作業が完了して「保存して続行」をクリックすると、原稿と表紙のプレビューが表示されます。

 

原稿・表紙を修正する

表紙画像はきちんと作らないと

以下のようにデザインが崩れてしまいます。

 

 

電子書籍であれば推奨の画像サイズが決まっていますが、

ペイパーバックの場合は本によってサイズが変わります。

 

「ページ数に応じて背表紙の幅が変わる」からです。

 

KDPには「表紙計算ツール」という無料の機能があるので、

詳細なサイズを調べるときに非常に役に立ちます。

KDP 表紙計算ツール

 

ちなみにテキストや画像が赤の点線からはみ出すと、

審査に通過できませんのでご注意ください。

 

アップロードしたファイルに不具合がある場合は、

画面右側にエラーメッセージが表示されます。

 

 

これは「版型」が間違っている場合のエラーメッセージ。

 

ここではデフォルトの版型を選択していますが、

ハイライトしてあるサイズに変更する必要があります。

 

 

 

 

これは原稿内のテキストがはみ出している場合のメッセージ。

表示されている数字はページ番号です。

 

 

こんな感じでテキストがはみ出してしまっています。

 

これに関しては「版型」を修正することで解決できます。

 

 

このエラーも先ほどと同じく、

版型を修正することで解決できます。

 

 

これは原稿内にハイパーリンクがある場合のエラー。

 

原稿内のハイパーリンクを削除して

再度アップロードしなおしてください。

 

プレビューを確認して問題なければ「承認」をクリックします。

 

エラーが解決されない場合、

「価格設定」に進むことができません。

 

価格設定

原稿・表紙のアップロードが完了したら、

印刷代が表示されます。

 

その金額が印税から差し引かれますので、

それも踏まえた上で価格を設定してください。

 

ペーパーバックの印刷代の計算方法は、

こちらのページをご確認ください。

ペーパーバックの印刷コスト

 

価格設定のやり方は電子書籍と同じです。

 

「外部流通」という項目がありますが、

日本は非対応なのでスルーしてOKです。

 

Canvaを使って紙の書籍の表紙を作る方法

ペイパーバックの表紙作成はCanvaにテンプレートがありません。

 

基本的にはカスタムサイズで

白紙の状態から作ることになります。

 

「Canvaを使って紙の本の表紙を作成する方法」

 

について動画を作りましたので

詳しくはこちらを参考にしてください。

 

 

 

 

 

まとめ

以上がKindleで紙の書籍を出版する方法です。

 

前述した通り、無名の一般人が書いた本をあえて割高な紙の書籍で買う人は少ないので、作業労力に見合った成果が得られるかは考慮したほうがいいです。

 

 

ちなみに「原稿の修正方法」については、

僕のKindle講座の中で解説していますので

気になる方はチェックしてみてください。

 

saipon.jp

 

 

Kindle出版に関する無料メルマガを発行しています。

登録はこちらから。

Kindle電子書籍出版無料メルマガ講座