Evergreen Blog ~弱者のためのファン創造コンテンツマーケティング~

Udemyベストセラー講師アポロによるコンテンツ販売・コンテンツマーケティングの奥義

【プロが解説】正しいフロントエンド商品の作り方

f:id:Apollojustice:20211018133342p:plain

ビジネスやマーケティングを学んだ人は、

「フロント(バック)エンド商品」という言葉は

必ず耳にしたことがあると思います。

 

フロントエンド商品とは集客商品、

バックエンド商品とは収益商品のことです。

 

この仕組みを理解している人でも、

この流れがきちんとできている人は多くありません。

 

テキトーにフロントエンドを作り、

なんとなくバックエンド商品を作っているのです。

 

「バックエンド商品はしっかり作りこむのに、

フロントエンド商品は何となく作っている」

 

こんな人もよく見かけます。

 

収益のメインはバックエンド商品であるため、

フロントエンド商品を軽く見ているからかもしれません。

 

フロントエンドはめちゃくちゃ重要です。

 

ある意味バックエンドよりも重要かも。

 

僕がたった2か月で288万円の売上を出すことができたのも、

フロントエンド商品のおかげによるところが大きいです。

 

もしあなたが、

 

「バックエンド商品が全然売れない」

 

という悩みをお持ちなのであれば、

この記事を最後まで読むことをおすすめします。

 

 

フロントエンド商品の役割

「フロントエンド商品=集客商品」と冒頭でお伝えした通り、

フロントエンドの持つ役割は「集客」です。

 

もっと具体的に言うならば、

 

「バックエンドを売るための集客商品」

 

ということになります。

 

つまり、バックエンドが存在しなければ、

基本的にフロントエンドは成立しないということです。

 

バックエンドなきフロントエンド商品は、

ただの安価商品にすぎません。

 

フロントエンドを作るときは

バックエンドありきで考えましょう。

フロントエンド商品のよくある間違い

ビジネス初心者の人がやりがちな

フロントエンド商品にまつわる間違いを

いくつかご紹介します。

 

①「フロントエンド=安い」と思いこんでいる

フロントエンド商品というと、

1000~5000円程度の商品が一般的です。

(コンテンツビジネスの場合)

 

Kindle電子書籍のように数百円の商品が

フロントエンドになる場合もあります。

 

それが原因かわかりませんが、

 

「フロントエンド=安い」

 

という思い込みを持った人も

決して少なくありません。

 

確かにその解釈は間違いではありませんが、

この思考を持っているとマズい場合があります。

 

「安い商品だから内容が薄くてもいい」

 

と考えてしまう人がいるからです。

 

フロントエンドをテキトーに作る人が多いのもそのためでしょう。

 

 

価値の低い商品をフロントエンドにすると何が起こるか?

 

お客さんの信頼を失います。

当然バックエンドは売れません。

 

バックエンドの一部を切り取ってフロントにするという手法がありますが、

個人的にはあまりおすすめしません。

 

そういう商品はえてして内容が薄くなりがちだからです。

 

②バックエンドとの整合性がない

初心者がよくやってしまうミスがこれ。

 

【バックエンドとの整合性がない商品を

フロントエンド商品として売ろうとする】

 

僕はこれを「距離が遠い」と呼んでいます。

 

流れを意識できていない人が、

よくやってしまいがちなミス。

 

客観的に見れば当たり前に思えますが、

いざ自分のことになると気づかない人が多いようです。

 

例えば、

 

バックエンド→コンテンツ販売

フロントエンド→都市伝説(電子書籍)

 

みたいなことをしてしまう人もいるのです。

 

①のような思い込みがあるから、

このような状況に違和感を感じないのでしょう。

 

この両者はあまりにも距離が遠すぎます。

 

おそらくバックエンドは売れないでしょう。

 

都市伝説に興味のある人は、

「コンテンツ販売をやりたい」とは

思っていないからです。

 

どんなにメルマガで価値教育をしても、

興味がないのでそもそも話を聞いてもらえません。

 

フロントエンドを作るときは、

バックエンドとの整合性を必ず意識する必要があります。

 

・フロントエンド→ブログノウハウ

・バックエンド→コンテンツ販売

 

これぐらいの距離であれば、

バックエンドを売ることは十分可能です。

 

高単価商品が売れるフロントエンドの作り方

 

フロントエンドを高額にする

 

フロントエンドは集客商品なので、

 

「できるだけたくさんの人に買ってもらうほうが良い」

 

と考えられています。

 

金額が安いのもそのためです。

金額が安いと購入ハードルが下がるからです。

 

しかし、中には高額なフロントエンド商品も存在します。

 

 

金額はまちまちですが、

数万円~数十万円の商品が

フロントエンドになる場合もあります。

 

これはバックエンド商品の価格が影響しています。

 

バックエンド商品が高額なものである場合、

濃い見込み客を集客する必要があります。

 

薄い見込み客は高額を払ってまで商品が欲しいと思っていないからです。

 

例えば、バックエンドが50万円の商品で、

フロントエンドが1000円だったらどうでしょうか?

 

フロントを買った人は、

 

「安いから何となく買った」

 

ぐらいの軽い気持ちの人(=冷やかし)が多いはずです。

 

このような状況で50万円の商品を売るのは難しいです。

 

もしフロントエンドが5万円だったとしたら、

かなり真剣度の高い見込み客を集客できます。

 

問題解決に対して高額を払う意志があるからです。

だからこそバックエンドの成約率も上がるわけです。

 

テーマをニッチにする

 

また「テーマをニッチに絞る」という方法もあります。

 

  • 「副業」
  • 「コンテンツビジネス」

 

たとえばこの2つのテーマがあった場合、

どちらのほうがたくさん集客できるでしょうか?

 

「副業」ですよね。

 

コンテンツビジネスよりも

副業に興味のある人が圧倒的に多いからです。

 

したがって、もし数をたくさん集めたいのなら、

フロントエンドのテーマは「副業」にすべきです。

 

ではバックエンドで「コンテンツ販売」の商品を高額で売りたい場合はどうでしょうか?

 

この場合は「コンテンツビジネス(=ニッチなテーマ)」をフロントエンドにしたほうがいいです。

 

なぜなら、フロントをニッチにすることによって、

興味関心度の高い人だけを集客することができるからです。

 

フロントが「コンテンツビジネス」なら、

コンテンツビジネスに興味のある人しか買いません。

 

副業には興味あるけどコンテンツビジネスには興味ない。

 

こういう人をふるいにかけることができるということです。

 

まとめ

本記事の内容を動画でご覧になりたい方はこちら。

 

 

音声で聞きたい方はこちら。

 

僕が2か月で288万円の売上を出したのは、

高単価商品販売をしているからです。

 

ではなぜ高単価商品が売れるかというと、

フロントエンドでしっかり絞り込みしてるからです。

 

僕のフロントエンド商品の金額は結構高いです。

 

でもそうすることによって、

見込み度の低いお客さんをふるいにかけているのです。

 

フロントエンド商品ひとつで、

ビジネスの売上は大きく変わります。

 

あなどるなかれ。

 

これからコンテンツ販売を始めたい方は、

こちらの記事がおすすめです。

 

www.specializedblog.com