Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

【ブログ初心者必見】淡泊な文章を一瞬にして臨場感や現実味のある文章に変貌させるマル秘テクニック

※今日は日記ブログや雑記ブログを書いている人必見の内容です。

 

ライティングはスキルです。

訓練すれば誰でも上手になります。

 

作家レベルではなかったとしても、

ブロガーは文章を扱うプロであることに間違いはありません。

 

文章力を磨くのは「書き手」としての役目です。

 

テクニックを駆使することだけが読み手の心を動かすわけではありませんが、

陳腐な文章では伝えたいことが伝わらない可能性もあります。

 

今日お話しするテクニックは非常にシンプルです。

 

文章を書くのが苦手な人でもテンプレートに沿って書くだけで、

単調だった文章を魅力的に変貌させることができます。

 

淡泊な文章を臨場感のある文章に変貌させるKSKK文章作成法

f:id:Apollojustice:20191224175419j:plain

KSKK文章作成法という手法を使えば、

誰でもカンタンに臨場感のある文章を作成することができます。

 

※今日お話しする内容および例文は以下の書籍から抜粋しています。

 

KSKK文章作成法とは、以下の頭文字をとってつけられた名称です。

 

K=感情

S=思考

K=行動

K=会話

 

文章の中にこれらの要素を含ませることで、

淡泊な文章が一瞬にしてプロが書いたような臨場感のある文章になります。

 

上記書籍内で用いられている文を例に説明します。

 

「私は部下に怒りを感じて、怒鳴りつけてしまった」

 

ただ事実を述べるだけの文章では、

このような淡泊な文になってしまいます。

 

この文章に「感情・思考・行動・会話」を加えると、

以下のように表現することができます。

 

「私は部下の『この書類のどこに間違いがあるんですか!』という一言に強い怒りを感じ、『こんなに一生懸命に教えているのに、なぜ彼はわかってくれないのだ』という悔しさが頭をよぎりました。次の瞬間に頭に血が上り、手はワナワナと震えだし、思わず相手を怒鳴りつけてしまったのです。

 

 

「この書類の~」→会話

~に強い怒りを感じ→感情

頭をよぎりました→思考

怒鳴りつけてしまったのです→行動

 

一気に臨場感のある文章に変わりましたね。

 

リアリティのある文章のほうが読者は引き込まれやすくなります。

 

もしあなたのブログのページ滞在時間が短い場合、

記事の途中で離脱されている可能性があります。

 

なぜ離脱されているかというと、

文章が退屈でつまらないからです。

 

このKSKK文章作成法を使うことで、

読者を魅了し読まずにはいられない文章を書くことができるようになります。

 

具体的にすればするほど現実味が出る

ここから先は上記書籍の内容ではありません。

僕個人の情報発信になりますので誤解なきようにお願いします。

 

もしKSKK文章作成法が難しいというのであれば、

「具体的に書く」ことだけを心掛けてみてください。

 

具体的に描写するだけで一気に現実味や臨場感が出ます。

 

 

 

嘘でも描写が具体的なら実話っぽく聞こえます。

 

表現を具体的にすればするほど真実味や臨場感がでるのです。

 

「お金を拾いました」と表現するよりも、

 

「昨日の朝8:30頃に、私と私の友人が東京駅の改札付近で500円が落ちているのを見つけました」

 

のほうがリアリティがあります。

 

読み手を惹きつける文章を書きたい人は、

「できるかぎり具体的に書く」という意識をもって記事を書いてみてください。

 

その意識を持つだけで魅力的な文章を書くことができます。

 

初心者でもカンタンにできるので、

ぜひ試してみてください。