あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていない最先端のGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

93%のブログ初心者が間違えるブログ収益化のための優先順位のつけ方

「たくさん記事を書いているのにPV数が全然増えません」

 

非常によく耳にするフレーズです。

 

もしあなたが収益化目的でブログを書いているなら、

この発言がどれだけナンセンスかということがわかるはずです。

 

9割以上のブログ初心者はPV数を増やすことばかりを考えています。

 

そして、書いても書いても増えないPV数に嫌気がさし、

ブログを書くことをやめてしまいます。

 

9割以上のブログ初心者はPV数を増やすことばかりを考えていますが、

彼らが本当にやるべきことはそれではありません。

 

ブログを書く時の優先順位

f:id:Apollojustice:20200130142827j:plain

このブログでは収益化目的でブログを書いている人向けに情報発信をしているので、

この記事ではブログを書く目的を「収益化」ということで統一します。

 

もしあなたがブログをたくさんの人に読んでもらうことが目的なら、

PV数を増やすことがあなたの「ブログを書く目的」です。

 

ブログを書くときは、まず目的を明確にして優先順位を決めなければなりません。

 

ブログで稼ぎたいと思うのであれば、

まず最初にやるべきことはコンバージョン率(成約率)を上げることです。

 

これはリアルビジネスにも同じことが言えます。

 

どんなに集客してたくさんの見込み客を集めたとしても、

誰も商品を買わなければ何の意味もないからです。

 

ザルに水を流しているようなものです。

 

多くのブログ初心者はPV数が増えれば収益が増えると思い込んでいますが、

それは必ずしも正しくありません。

 

どんなに人が集まったとしても、

売れない商品はやっぱり売れないし、

文章が下手なら成約率も上がらないわけです。

 

多くの人は集客のことばかり考えていますが、

それはLTV(ライフタイムバリュー)で考えていないからです。

 

極端な話、同じお客さんが何度も商品を購入してくれるのであれば、

集客なんかしなくてもビジネスは成り立つわけです。

 

成約率やリピート率が高ければ、それだけ集客をする必要がなくなるということです。

 

成約率を倍にするのと集客数を倍にするのでは、

圧倒的に前者のほうが少ないコスト(労力含む)で済みます。

 

PV数を増やそうとすればするほどファンが増えなくなる理由とは?

ブログを収益化する上で大切なことは、

読者との長期的な信頼関係です。

 

PV数を増やすことではなく、強烈なファンをつくることです。

 

強烈なファンを作れば、セールスなどしなくても勝手に商品が売れます。

 

あなたが尊敬する人が「この本読むといいよ」とお勧めしていたら、

おそらくあなたはその本が欲しくなるでしょう。

 

そこには絶対的な信頼関係ができているからです。

 

ブログからメルマガに誘導しそこで自分の商品を販売すれば、

ファンの人は何度も商品を購入してくれます。

 

ただし、商品が良いものであるという大前提がありますが。

 

PV数を増やしたいのであれば、万人受けする記事を書くことです。

 

ただし、万人受けする記事は誰の心にも刺さりません。

 

表面的なPV数は増えるかもしれませんが、

誰一人としてファンになってくれないということです。

 

「ペルソナを設定しよう」とよく耳にすることがあるのは

ターゲットを絞り込むことでその人に響く情報発信をするためです。

 

はてなブログには「はてなスター」という機能がありますが、

あのスターが付きすぎたら黄色信号です。

 

もちろん、本当に全員の心に響いた可能性もないとは言えませんが、

大多数の人に共感されたということは「万人受けする記事」だったということです。

 

情報発信業界では常識になっていますが、

9割の人に嫌われて1割の人に好かれるような情報発信こそが、

人々の心に刺さる記事を書くということです。

 

10人中9人に理解してもらえなくても、1人の強烈なファンがいればそれでいいんです。

 

あとはそのファンとの信頼関係を強化して、

お互いの理想世界に近づけるような情報発信を心がければいいだけです。

 

僕のブログはどれも理屈っぽくて面白みがありません。

 

でも僕は「わかる人にだけわかればいい」と思っています。

 

まとめ

ブログ収益化を目指すのであれば、やるべきことはPV数を増やすことではありません。

 

  • 成約率を上げる事
  • ファンを作ること

 

この2つを意識していれば、少ない人数でも利益を最大化することができます。