Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

テレワークが何を意味するかわかってる?

コロナウィルスの影響で在宅勤務になった人も多いことでしょう。

 

他の人のブログを読むと、

 

「テレワークで在宅勤務になったけどやることがない」

 

とのんきなことを言っている人がたまにいます。

 

もしあなたが同じような状況なら危機感を持った方がいいですね。

 

コロナ終息後は間違いなく大不況がやってきます。

そして、今までの働き方とは全く違う働き方が主流になります。

 

今のうちに準備しておかないと、

コロナ終息後の不況を乗り越えるのは難しいでしょう。

 

 

www.specializedblog.com

 

 

僕はオフィス不要派の人間です。

 

大企業は難しいでしょうが、

中小零細企業はオフィスなんかなくても十分ビジネスが可能です。

 

オフィスがあると毎月の固定費がかさみます。

 

テレワークでも十分ビジネスが回ることがわかると、

 

「オフィスいらないんじゃね?」

 

と思う経営者も増えてくるでしょう。

 

オフィスがなくてもビジネスが回るなら、

オフィスはただコストがかかるだけの負債でしかありません。

 

不景気になればコストカットがまず最初に行われるので、

不要なコストはどんどん削減されていくでしょう。

 

テレワークはその事実を浮き彫りにしています。

 

古い考えの人間は「在宅勤務にすると勤怠管理ができない」と主張して、

リモートワーク導入を否定しますが、その考え方はむしろ逆なのです。

 

そういう古い考えの人間は本質が見えていません。

 

会社にとって一番必要なことは業績を上げることであり、

社員の勤怠管理をすることではありません。

 

テレワークの導入により、実力主義がより顕著になるのです。

 

真面目に勤務していてもまったく成果があげられない社員と、

不真面目だけど圧倒的な成果をあげる社員の

どちらが会社にとって必要でしょうか?

 

当然後者ですよね?

 

日本の経済が停滞したのは、

実力主義ではなく年功序列制度を優先してしまったことにあります。

 

実力がなくても「社歴が長いから」という謎の理由で優遇されるのです。

もしくは「頑張っているから」という中学校の部活みたいな理由で評価されます。

 

そんなことをやっているから、

国際社会の厳しい競争で生き残ることができないのです。

 

僕自身も経験がありますが、

海外の企業はパフォーマンスが低ければバンバンクビを切ります。

 

そんな人間は会社にいてもコストがかかるだけだからです。

 

「可愛そう」とかそんな事情は通用しません。

そんなことを言っていたら、企業が生き残ることができなくなるからです。

 

日本では簡単にクビを切れないという事情がありますが、

その制度も経済の停滞の原因であることは間違いありませんね。

 

社歴が長かろうか頑張っていようが成果が上げられない人間は、

淘汰されてしかるべきなのです。

 

あなたはテレワークが何を意味するかわかりますか?

 

テレワークによって不要な人間があぶりだされます。

 

今在宅勤務でほとんどやることがない人というのは、

いてもいなくても別にいい存在だと見なされるということです。

 

オフィスでパソコンに向かっていると、それだけで何となく働いている感じがします。

 

出社しているというだけで、

「働いている」と認識してもらっているということです。

 

しかし、在宅勤務に切り替えてやるべきことがなくなると、

「あいつ別にいらないんじゃね?」という事実が浮き彫りになります。

 

そういう人はコロナ後のクビ候補の上位にランクインすることは間違いありません。

 

会社もコストを抑えないといけませんからね。

 

働き方が在宅勤務にシフトすると何が起こるか?

 

実力主義がどんどん推進されていきます。

 

スタッフの顔が見えなくなると、

評価の基準になるものはその人のパフォーマンスだけです。

 

どんなに「家で頑張って働いています」と主張したところで、

結果が伴わなければ認めてもらうことはできません。

 

会社から社員の様子が見えないからです。

 

口では「家で頑張って働いています」と主張しているだけで、

実際はサボりまくっている可能性もあるわけですからね。

 

オフィスで働くことは、結果を出せない人にとっての免罪符になっていました。

出社してデスクに座っているだけで、とりあえず表面的にでも働いている感じが伝わるからです。

 

でも実際ふたをあけてみたら、

勤務時間の大半はパソコンに向かってネットサーフィンをしているだけ。

 

今まではそれでも給料がもらえていました。

 

でもこれから不景気になると、

そういう人間は真っ先にクビを切られます。

 

テレワークによってそのふるい分けがされるのです。

 

今のテレワークは一時的なものだし、

セキュリティの問題もあるので、

コロナ後にすぐテレワークに移行することは難しいかもしれません。

 

しかし、間違いなく働き方は徐々にシフトしていき、

実力のある人間だけが生き残る社会に変革していきます。

 

もし今あなたが在宅勤務でやることがないのであれば、

遊んでいる場合ではありません。

 

今のうちにスキルや知識を身に着け、

自分の力で稼ぐ能力を身に着けておかないと、

会社から放り出された後に生きていけなくなります。