あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていない最先端のGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

Googleアドセンス広告オークションの仕組みについて解説

アドセンスを運用しているサイト管理者のほとんどは、アドセンス広告オークションの入札の仕組みについて理解していません。

 

というのも、オークションの仕組みはアドセンスを利用しているサイト管理者よりも、アドワーズを利用している広告主に関係する要素だからです。

 

アドセンス広告は表示する広告を自動で最適化してくれるので、

具体的なオークションの仕組みについてサイト管理者が知る必要はありません。

 

しかし、アドセンス広告を運用するのであれば、知らないよりも知っておいた方が何かと役に立ちます。

 

今日はアドセンス広告がどのように配信されるのか、その仕組みについて解説してきたいと思います。

 

 

 

Googleアドセンス広告オークションの仕組み

f:id:Apollojustice:20191008090032j:plain

 

広告オークションについては、Googleの公式ページにてにて解説してくれています。

 

support.google.com

 

ちょっと説明がわかりづらい箇所があるので、必要な部分だけかいつまんで解説していきます。

 

配信される広告は「広告ランク」によって決められる

アドセンスを運用しているほとんどのサイト管理者の人は、入札単価の高い広告主の広告が配信されると思っています。

 

それは正解でもあり、不正解でもあります。

 

一般的に入札単価の高かった広告主が広告枠をゲットしやすい傾向にあります。

しかし、入札額が一番高かったとしてもオークションに負けて広告が配信されない広告主もいます。

 

それは、広告ランクによって配信される広告が決められているからです。

 

広告ランクの算出方法を図式化すると以下のようになります。

 

f:id:Apollojustice:20191008091124p:plain

出典:AdHawk Blog

 

広告ランク=クリック単価(入札額)×品質スコア

 

どんなに入札単価が高くても、品質スコアが低ければ広告ランクはあがりません。

広告ランクが上がらないということは、広告が配信されないということです。

 

この広告ランクが一番高かった広告主の広告が、僕たちのアドセンス広告に配信されるというわけです。

 

f:id:Apollojustice:20191008093003p:plain

出典:AdHawk Blog

こんな感じです。

 

広告ランクで1位を獲得した広告主(ここではYou)の広告が、アドセンス広告に配信されるという仕組みです。

 

品質スコアとは?

品質スコアに関して公式サイトに以下のような説明があります。

 

品質スコアはユーザーにとっての広告の利便性を示す指標であり、以下の要素を考慮して算出します。

  • お客様のサイトや同様のサイトで記録された過去の掲載結果に基づく広告の推定クリック率。
  • 各種の関連性(広告主の広告やキーワードとお客様のサイトの関連性など)

 

要するに、広告の過去のパフォーマンス(クリック率)と関連性(キーワードおよびサイト)によって品質スコアが決められるということです。

 

品質スコアは1-10の範囲内で得点が決められます。

 

品質スコアの指標として考慮される要素として以下のものが挙げられます。

 

  • グーグルが予測するクリック率
  • 過去のパフォーマンス
  • 広告の質とキーワードの関連性
  • 広告の質とランディングページの関連性
  • 広告の質と広告テキストの関連性

 

入札単価=CPCではない

以前にアドセンス広告のCPC(クリック単価)をあげる方法について、こちらの

記事を書きました。

 

www.specializedblog.com

 

この記事ではキーワードプランナーを使って、高単価キーワードを見つける方法を解説しています。

 

キーワードプランナーでは、キーワードを入力すると広告の入札単価が表示されます。

 

f:id:Apollojustice:20190913080217j:plain

 

このような感じです。

 

ここに表示されている金額がCPCであると勘違いしてしまいがちですが、この金額はCPCではありません。

 

CPC(クリック単価)の計算式は以下のようになります。

 

f:id:Apollojustice:20191008093151p:plain

出典:AdHawk Blog

クリック単価=自分より一つ下の広告主の広告ランク÷品質ランク+$0.01(もしくは相当する日本円)

 

ちょっとわかりづらいので別の表を使って説明します。

 

f:id:Apollojustice:20191008093424p:plain

出典:AdHawk Blog

1位の広告主(YOU)のクリック単価を計算してみます。

 

自分より一つ下の広告主、つまり2位のPPC AGENCYの広告ランクは20です。

そして、自分の品質スコアは8ですね。

 

そうすると、1位のクリック単価は以下のように算出されることになります。

 

CPC=20÷8+$0.01=$2.51

 

この表を見てもらえばわかりますが、入札単価が一番高いのは4位のACMEです。

 

しかし、4位の品質スコアが低いために実際に広告が配信されるのは、入札単価がこの中で一番安い$3.00の広告主になります。

 

つまり、単純に入札単価が高いキーワードを狙ったからと言って、その金額に近いCPCが得られるというわけではないということです。

 

広告ランクが高い広告主が一番最初の広告枠に掲載される

 

例えば、ヘッダーと記事下とサイドバーに広告を掲載していたとします。

 

その場合、もっとも広告ランクの高い広告が一番最初に表示される広告=ヘッダーに表示されることになります。

 

広告の順番は、ヘッダー→記事下→サイドバーの順番になります。

 

つまり、一番最初に掲載される広告のクリック率が上がれば、収益増も見込めるということです。

 

「広告はAbove the foldに設置するとクリック単価が上がる」、とこちらの記事で解説しています。

 

www.specializedblog.com

 

まとめ

アドセンスは非常に奥が深いです。

 

今回ご紹介したオークションの仕組みは、我々サイト管理者がコントロールできる範疇を越えているため、具体的にとれる対策は特にありません。

 

ただ、「広告がどのようにして掲載されるのか」や「クリック単価はどのようにして算出されるのか」ということを知っておくことは、今後のアドセンス運営に非常に役に立ちます。

 

さらに知識を深めたいのであれば、自分でPPC広告を出してみることですね。

そうすると、広告オークションの仕組みを体験レベルで理解することができるようになります。