Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

【インターネット最後のブルーオーシャン】Audibleオーディオブック出版で稼ぐ方法

数日前からサイドバーのコンテンツを追加したのですが、

気づいた人はいるでしょうか?

 

オーディオブックを2冊と電子書籍を2冊追加しました。

 

以前「Audibleでオーディオブックを出版する方法」について解説しました。

 

www.specializedblog.com

 

この記事を書いた後もオーディオブックの作成を続けており、

あの時からさらに2冊出版されることになりました。

 

出版オーディオブック一覧はこちら。

 

amzn.to

 

今月もさらに2冊納品予定なので、

今後さらに出版数を増やしていきたいと思います。

 

 

圧倒的ブルーオーシャンのオーディオブック

f:id:Apollojustice:20201113091525p:plain

出典:PR times

こちらがオーディオブックの売り上げ統計と、

将来的な市場規模の予想をグラフ化したものです。

 

オーディオブックは2024年に市場規模が260億円に到達すると見られています。

 

それだけの成長市場であるにも関わらず、

参入している人は非常に少ないのが特徴です。

 

出版しているのはほとんどが企業(もしくはAudible事業部)で、

僕のように個人で出版している人は皆無と言っていい状況です。

 

電子書籍出版の参入者が急速に増えてきましたが、

オーディオブック出版に参入している人はいません。

 

今参入すれば間違いなく先行者利益を獲得できます。

 

オーディオブック出版に取り組むことで、

時代の2歩先を進むことができます。

 

電子書籍を使いまわししてオーディオブック化

僕が今まで出版した3冊のオーディオブックは、

すでに出版済みの電子書籍を音声コンテンツ化したものです。

 

内容はまったく同じなので、

一からアイデアを考える必要はありません。

 

電子書籍の原稿を書く作業にかかる時間よりも、

音声を収録する作業の方が半分以下の時間で済みます。

 

にもかかわらず、販売価格はオーディオブックの方が高いのです。

 

例えば、僕の電子書籍「ゼロから始める海外移住」は、

電子書籍だと500円ですが、オーディオブックだと2500円です。

 

 

 オーディオブックの販売価格はAudible側が設定します。

 

競争相手も電子書籍より圧倒的に少ないので、

カンタンにランキング1位を取ることができます。

オーディオブック

 

 

 

オーディオブック

 

人と同じことをやったら埋もれる

人と同じことをやっていたら結果を出すのは難しいです。

競争相手が多ければ多いほど埋もれる可能性が高くなるからです。

 

「オーディオブック出版は稼げる」

 

このように聞いてもほとんどの人はやらないでしょう。

 

だからこそチャンスなわけです。

 

売れなくても金銭的リスクはないのだから、

やらないという選択をするのはもったいないです。

 

電子書籍と同じく収益を自動化できるので、

完全放置で不労所得を構築することができます。

 

「オーディオブック出版にチャレンジしたい」

 

という人のために電子書籍を執筆しました。

 

 ぜひオーディオブック出版にチャレンジしてみてください。

 

やるなら今です。

参入者が増えてからでは埋もれてしまいます。