あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

ブログを毎日更新するコツ

僕は3つのブログを毎日更新していて、現在ブログ運営9か月でトータル記事数は約600記事あります。

 

ですので、ブログを毎日更新できなくて悩んでいる方へ向けて、多少はお役に立てる情報を発信できるかなと思っています。

 

今日ご紹介する内容はあくまでも僕個人のやり方ですので、

万人に再現性があるわけではありません。

 

先に言っておきますが、裏技とかそういった類の情報ではなく、

ブログに対する姿勢とか考え方をシェアするだけになります。

 

僕個人の見解ですが、表面的なテクニックよりも根本にある考え方やマインドセットのほうが何倍も大切だと思っています。

 

結果が出なくて諦めるのが早い

 

f:id:Apollojustice:20190811131358j:plain

 

「ブログ=カンタンに稼げる」と思っている人ほど、挫折する確率は高いです。

 

一部の才能のある人たちは、ブログを始めて数か月で結果を出す人もいます。

そういう人たちの運営報告を見て、ブログはすぐに稼げると錯覚してしまう人が多いです。

 

そして、ブログを書き始めて数か月で「全然稼げない」と言って自らドロップアウトしていきます。

 

あなたの知り合いがビジネスを始めて、わずか数か月で「稼げないからやめるわ」と言ったらあなたはどう思いますか?

 

「諦めるの早すぎ」と思うのではないでしょうか?

 

普通に考えれば当たり前なのに、ことブログになるとその視点を持つことができない人が多いです。

 

稼げない期間にどれだけ時間を投資できるか

ブログで大成功をしている人ほど、初期のころに稼げなかった期間が長いです。

 

ブログというのは最初の頃は非常に費用対効果が悪いです。

何百時間と時間を投資しても、雀の涙程度の収益しかあげることができないなんてこともざらにあります。

 

でもこの「稼げない期間に投資した時間」というのは、後から大きなリターンになって返ってきます。

 

その期間は1年だったり、3年だったり人によって違いますが、

間違いなくリターンはあります。

 

特に最初の半年ぐらいは種まきの期間だと思ったほうがいいです。

そこから水やりの期間が始まり、早ければすぐに花が咲く人もいますが、

芽を出すのに時間がかかる人もいます。

 

ブログというのは積み上げ式なので、「継続すればするほど結果が出る」という単純な仕組みです。

 

ブログを5年運営している人のPV数が、ブログ開設初期の半年間のPV数よりも減ったという人はまずいないでしょう。

 

早く結果を出したいなら毎日更新すべき

当たり前ですが、記事数が多いのと少ないのでは結果が出るスピードが違います。

 

単純に記事が多ければいいという話ではありませんが、

少ないよりは多いに越したことはありません。

 

特に初心者の頃から質の高い記事を書くのは難しいです。

質で勝負するのが難しければ、量で勝負するしかありません。

 

www.specializedblog.com

 

たくさん記事を書いていると、予期せぬところでバズが起こったりします。

 

そして記事を書いているうちに、ライティングスキルや記事を書くスピードが向上していきます。

 

ブログは一発勝負ではない

 

ブログというのは1回記事を書いたら、それで勝負が決まるわけではありません。

その後何度も記事を編集することができます。

 

だから、最初はとりあえず記事を書いて、その後記事の内容をブラッシュアップしていけばいいんです。

 

最初から質ばかりにこだわっていたら、記事を書くことができなくなります。

そして、記事数が増えないので結果がでるまでに時間がかかります。

 

どうしても自分の書いた記事が気に入らないのなら消せばいいだけです。

 

www.specializedblog.com

 

記事自体はゴミでも、書くことで確実にライティングスキルがあがるので、経験は無駄にはなりません。

 

ブログは自分との闘い

ブログというのは誰かに命令されて書くものでもありません。

そして、結果が出ないからといって何かペナルティがあるわけでもありません。

 

「全然アクセスが増えない」と言って心が折れるのも、

「全然稼げない」といってブログ運営を諦めるのも、

結局は自分に負けただけの話です。

 

ブログは好きな時に好きなことを書けばいいだけなので、

人によってはこんなに楽な話はありません。

 

しかし、しっかり自制ができる人でないと、

サボろうと思えばいくらでもサボることができます。

 

どれだけブログにコミットできるか?

前置きが長くなりましたが、ここからは毎日更新するコツ(?)についてお話していきます。

 

一言で言うなら「ブログにコミットする」ということです。

 

言い換えるなら、「四六時中ブログのことを考える」ということです。

 

僕も含め、数百記事ブログを書いている人たちは、ブログを開設したときから数百記事分のアイデアがあったわけではありません。

 

毎日「何を書こうかな」とひたすら思考することで、

自然とネタが浮かんでくるようになります。

 

そのネタが浮かんできたときに、「それがウケるかどうか」ということを考えてはいけません。

そんなことを考えると、記事が書けなくなってしまいます。

 

僕も3つのブログを毎日更新している関係上、どうしても時間が必要になってしまうので、家にいる時間はほとんどブログに投資しています。

 

「ブログで絶対に結果を出す」という気持ちが強ければ、ネタが浮かばないなんてことは絶対にないです。

 

ネタが浮かばなくて挫折するということは、その人にとってそこまでブログが重要でなかったということです。

 

だって、何書いてもいいし記事が短くてもいいわけです。

 

もし100%結果が出るとわかっていたら、あなたは何としてでもブログを毎日更新しますよね?

 

www.specializedblog.com

 

ネタが思い浮かばないのなら、ネタが思い浮かばない理由を記事にする

「ネタが思い浮かばないから記事が書けない」というのであれば、それを記事のネタにすればいいと思います。

 

あなたと同じくネタが浮かばず困っている人はたくさんいます。

そういう記事を書くことで、彼らの役に立つこともできます。

 

「なぜブログが書けないのか」を自己分析して、それを記事にすれば「記事が書けない」ということはなくなるはずです。

 

自由度が高すぎると逆に記事が書きづらいこともあります。

 

「なんでも自由に書いていい」と言われると、逆に何を書けばいいのかわからなくなることがありますよね。

 

もうそうであるならば、ある程度ジャンルを絞り込んで記事を書くのもいいと思います。

 

「自分には趣味も特技もない」というなら、ブログのことを書けばいいです。

ブログについて学んだことや試したことなどを綴るだけなら、誰でもできるはずです。

 

まとめ

毎日更新ができない理由は主に以下の2つです。

 

  • 自分に負ける
  • ネタが見つからない

 

「絶対にブログで結果を出す」とコミットすることで、これらの問題は解決します。

 

最初に話が戻りますが、ブログはすぐに結果が出るわけではありません。

あまり目先の結果を意識しすぎず、自分のペースで楽しみながら記事を書くのがいいと思います。