あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

海外在住者こそ特化ブログを書く理由

海外在住者でブログを始めようと思っている人も多いと思います。

日本では今副業ブームですが、海外在住者も副収入があるに越したことはありません。

 

インターネットビジネスというのは、軍資金がほとんどかからず(=リスクが低い)、仕組みさえ作ってしまえば収入を自動化できる最強のビジネスモデルだと思います。

 

個人の人が簡単に始められるインターネットビジネスといえばやっぱりブログですね。

 

今日の記事は「海外在住者こそ特化ブログを書く理由」について書いていきたいと思います。

 

海外在住者こそ特化ブログを書く理由

f:id:Apollojustice:20190907073355j:plain

海外在住者でブログを書いている人はたくさんいますが、特化ブログを書いている人は少ないように思います。

 

あなたの住んでいる国の情報を知りたいと思っている人や海外に住むことに興味を持っている人というのは、必ず一定数存在します。

僕も自分のブログで海外移住や海外就職に関する情報を発信しています。

 

どうせブログを書くなら、有益な情報を発信して特化ブログ化したほうが収益にもつながるのでお得です。

 

ただ海外ブロガーの問題として、「アフィリエイトをやっても自国の銀行口座のお金が増えない」という悩みがあります。

 

当たり前ですがASPは日本の会社なので、振り込みは日本の銀行口座が対象になっています。

個人的希望としてはPaypalで受け取り可能なASPが今後出てきてくれるといいな、と思っています。

そうすれば海外在住者も自国の銀行口座にお金を入金できるようになります。

 

もちろん海外在住者であっても日本のASPと契約してアフィリエイトをすることがでいますが、日本の銀行口座のお金が増えたとしても一時帰国時のお小遣いに使うか、日本のクレジットカードを利用するぐらいしか、そのお金を運用する方法がありません。

 

ただ、ひとつだけ自国の銀行口座にお金が入金されるアフィリエイト方法があるんです。

 

それがGoogle Adsense(以下アドセンスです。

 

このアドセンスを使えば、海外に住んでいたとしてもアフィリエイト収入を自国で受け取ることができるようになります。

 

 

Google Adsenseのメリット①

さすが世界的企業のグーグルだけあって、世界中の銀行振り込みに対応しています。

ちなみに僕はカナダに住んでいますが、アドセンスの収益はカナダドルで振り込みされます。

 

どんなにブログを頑張って書いても、生活の基盤は海外なので現地のお金が増えなければモチベーションも続きません。

 

アドセンスはそんな海外在住者の救世主とも呼べる存在です。

 

Google Adsenseのメリット②

実は海外在住者がアフィリエイトするときのDisadvantageはお金の問題だけではありません。

 

それは、紹介できる商品がある程度限定されてしまうことです。

 

自分が使ったこともない商品を紹介するのは難しいですし、かといって購入したくても日本にいないと買えないものもたくさんあります。

 

そしてブログ初心者がアフィリエイトで収益を出すのは難しいです。

マーケティングだけでなくコピーライティングのスキルも必要になるからです。

 

いくらいい商品であったとしても文章が下手くそであれば、その商品を売ることはできません。

 

中にはアフィリエイトリンクを貼っておくだけで売れるような商品もありますが、基本的には自分の文章力がアフィリ収益の鍵になります。

 

このコピーライティングのスキルもそう簡単に習得できるものではありません。

 

そして収益を伸ばしたいのであればSEOの知識も必要になります。

 

ブログ開設してから一定期間はまったく収益のない状態が続きます。

その状態に耐えられるかどうかがその後のブログ人生に影響します。

 

アドセンスはリンクを貼っておけば、後は自動で広告を表示してくれます。

1クリックあたりの単価は決して高くありませんが、セールススキルがなくても確実に収益を得ることができます。

 

初めて収益が出た時は本当にうれしいものです。

会社で働いて毎月20万円をかせぐよりも、自分の力で稼いだ100円のほうが絶対に嬉しいし、その後の人生に与える影響も全然違います。

 

Google Adsenseのメリット③

アドセンスで表示される広告は自動で最適化してくれます。

つまり読者の興味がある分野に応じて表示される広告も変わるということです。

 

言い換えるならばマーケティングを代行してくれているということになります。

 

いくら広告をクリックするだけで収益が発生するとはいえ、読者のニーズに合致しない広告ではクリックされることもありません。

しかし、アドセンスはこの部分を自動で最適化してくれるので、まったく収益がないということは絶対にありません。

 

しかも実は表示される広告の内容はある程度コントロールできます。

単価の高い広告を表示されやすくする記事を書けば、クリック単価を上げることもできるようになります。

 

 

日本人でもできる海外在住者向けのアフィリエイト(ASP)がある

基本的に海外在住者が日本のASPに登録する場合、報酬の支払いは日本の銀行に振り込まれることになります。

 

したがって、直接在住国の資金が増えるわけではないので海外在住者がアフィリエイトをするベネフィットは小さいように思えます。

 

実は、海外在住者でも在住国の銀行口座に振り込んでくれるアフィリエイトが存在します。

 

ただし、日本のASPではないため英語が理解できることが前提となっています。

 

僕の第2ブログ(英語ブログ)を見てもらえるとわかりますが、

貼ってある3つのバナーはすべて、海外のアフィリエイトプログラムによるものです。

 

3つのうち2つはASP経由の契約ではありませんが、

1つはアメリカのASP経由で広告主と契約しています。

 

こちらのASPは取り扱い案件も多く、海外在住者にもおすすめです。

 

www.cj.com

 

 英語でブログを書く

英語話者の人口は日本人の10倍以上いますので、英語で発信をすればそれだけ多くの人にリーチできることになります。

 

英語で書いたブログにアドセンス広告を貼っておけば、日本人向けにブログで発信したときの広告収入よりも収益を見込むこともできます。

 

ただ、日本語でブログを書くのと手法が違うので、その点は注意が必要です。

 

英語でブログを書いて収益化する方法については、こちらの記事で解説しています。

 

www.apollosblog.com

 

 

 

海外在住者は特化ブログを書きやすい

海外在住者は「海外に住んでいる」というだけで、ブログを書くテーマができます。

もしあなたがその国の言語を学んでいるのであれば、その言語についてのブログを書くこともできます。

 

確かにマーケットとしては小さいかもしれませんが、特化ブログの特徴は「ビジターの数ではなくLTVの数が伸ばしやすい」というものがあります。

 

LTVとはLife TIme Valueのことで、1人の顧客が一企業に対して生涯を通して消費するお金のことです。

 

ブログに置き換えるならば、1ビジターあたりの生涯セッション数です。

 

特化ブログの読者というのは、その分野について深い関心がある人たちです。

つまり、あなたが有益な情報を発信し続ける限り、その読者の人たちはリピートしてくれる可能性が高くなるということです。

 

雑記ブログを書いている人などは、ブログ筆者自身のファンの人がリピートする傾向があり、別にその人が書いているテーマについては大して興味のない読者が多いです。

 

自分のファンを獲得するということは簡単なことではありません。

 

特化ブログ読者はあなたのファンにならなくても、あなたのブログジャンルのファンなのでブログを読んでくれやすいのです。

 

海外在住者でブログを書くテーマがないのであれば、自分が住んでいる国の情報を発信してみてください。

ただし、役に立つような情報を必ず入れることが重要です。

 

どこかのレストランで食事をしたなら、地図や電話番号、メニューなどを掲載することで「誰かの役に立つブログ」にすることができます。

 

海外に住むまでのいきさつから、必要な手続き、自分が困ったことの解決策などいくらでも役に立つ情報は発信できます。

 

これから海外移住する日本人は確実に増えます。

その人たちに有益な情報を発信できるのは、海外在住者の強みです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。