Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

無名作家がKindle電子書籍で売り上げを上げる方法

こんにちは。あなたの強みをマネタイズするプロのアポロです。

 

昨日は気合入れてSurvey Monkeyの記事を書きましたが、

見事に不発に終わりましたね(泣)...。

 

www.specializedblog.com

 

正直な話、「これはバズる記事になる」と本気で思っていましたが、

見事にコケてしまいました。

 

まあ、サーベイモンキーを導入したことで利便性が上がったし、

昨日の記事が誰か1人でも役に立ったという人がいるならそれでいいです。

 

書き手が「良い」と思っているものと、

読み手の求めているものがかみ合わないというよい事例になったと思います。

 

 

www.specializedblog.com

 

 

 

ブログを書くなら電子書籍を出版すべし

f:id:Apollojustice:20200325130449j:plain

あなたは人生で一度ぐらいは書籍を出版してみたいと思いませんか?

 

昔は素人が出版しようと思ったら自費出版しか方法はなく、

数百万円の費用+大量の在庫を抱えるというリスクを背負わなければなりませんでした。

 

今は電子書籍というものがあるので、

誰でも気軽にコストをかけずに出版することができます。

 

www.specializedblog.com

 

あなたもせっかくブログで情報発信をしているのであれば、

そのコンテンツをブログだけで終わらせてしまうのはもったいないです。

 

僕も「自分の強みをブログで発信し電子書籍出版までサポートする」コンサルティングをしています。

 

現在手一杯なので新規受付はしていませんが、

「私も電子書籍を出版したい」という人のために、

アマゾンのKindle攻略本を次の次の書籍で出版する予定です。

 

楽しみにしていてください。

 

電子書籍を出版するメリット

電子書籍を出版するメリットは主に2つあります。

 

 

ひとつずつ説明していきます。

ブランド効果が高まる

たぶんあなたの身の回りで本を出版している人は一人もいないでしょう。

 

もし知り合いの人に「俺、アマゾンで本出したんだ」って言ったら、

おそらくかなりの高確率で「すげー」と言われるはずです。

(ポイントは「Kindle電子書籍を出版」ではなく、「アマゾンで本を出した」と表現するところです 笑)

 

ただ、それだけだとただ自己承認欲求を満たすだけです。

 

電子書籍を出版することによって、自分のビジネスに生かすこともできます。

 

個人でビジネスをしている人なら、

名刺の裏に「出版書籍」を印刷しておけば、

一目を置かれやすくなり初対面の人にも覚えてもらえます。

 

もちろん商業出版のほうがベターですが、

無名で商業出版をするのは相当難しいので、

まずは電子書籍で実績を積むのが良いです。

 

ブロガーでも電子書籍を出版している人はほとんどいません。

 

だから、電子書籍を出版するだけで「差別化」になるんです。

 

専門家として認知されやすくなりブランド効果も高まります。

 

不労所得ができる

2つ目のメリットは「不労所得ができること」です。

 

電子書籍は一度出版してしまえば基本的にほったらかしです。

 

後はアマゾンが勝手に集客してくれるので、

完全自動で不労収入を確立することができます。

 

自分が販売を止めるかアマゾンが滅びない限り、

永続的に収入が入り続けることになります。

 

詳しくは割愛しますが、Kindleのロイヤリティは非常に高いので、

アドセンスで1日数十円の収益をコツコツと貯めるよりもよっぽど儲かります。

 

もちろん、売れればの話ですが。

 

無名作家が電子書籍を出版して売れるのか?

電子書籍とはいえ、名だたる有名作家と同じ土俵で戦わなければなりません。

果たして、我々のような無名作家が出版したところで本は売れるのでしょうか?

 

はっきり言います。

 

「売れません」

 

これはあなたが買う側の立場になってみればわかります。

 

あなたは、どこの誰かもわからないような人にお金を払いますか?

 

よほど内容が魅力的でない限りあえて無名作家の本など買おうとは思わないでしょう。

 

とはいえ、無名作家でも電子書籍で稼ぐ方法はあります。

その戦略については今後出版する本で解説するので、

詳しくはそちらをご購入ください。

 

無名作家が普通に本を出版してもまず売れません。

 

これだけは頭に入れておいた方がいいです。

 

最初の1冊から大成功すると思うな

電子書籍を出版する上で覚えておいた方がいいマインドセットは、

「1冊目から成功すると思うな」ということです。

 

よほど才能あふれる人であれば1冊目から大ヒットするかもしれませんが、

大多数の人は1冊目から本が売れまくるということはまずありません。

 

先ほどもお伝えしたように、「むしろほとんど売れない」と思っておいた方がいいです。

 

ではどうすればいいかと言うと、とにかく根気強く出版し続けることです。

 

何冊も本を出版しているうちに文章力も向上するし、

セールスやプロモーション能力も上達します。

 

確率論から考えても、

1打席でホームランを1本打つよりも、

100打席でホームランを1本打つ方が確率は高いですよね?

 

だから、1冊出版してそれで終わりにしないことが重要です。

 

どういう意味だかわかりますか?

 

何冊も出版できるぐらいコンテンツを持っておく必要があるということです。

 

僕は現在2冊出版していますが、

とりあえず4冊目まではアイデアがすでにあります。

 

ただ一つ気を付けないといけないのは、

やみくもに出版しまくっても逆効果になるということです。

 

この件も今後出版する本で解説するので詳しくはそちらをご覧ください。

 

ブログの強みを活かす

「ブログを書いている」というのは、

電子書籍を出版する上でかなりの強みになります。

 

ブログの読者との信頼構築ができているからです。

 

要するにすでに見込み客を持っているということです。

 

先日もお伝えしましたが、僕の電子書籍もブログで出版告知をした直後が一番売り上げが良いです。

 

www.specializedblog.com

 

あなたも自分が読んでいるブログの執筆者が本を出したら、

買うかどうかは別にして「読んでみたい」と思うのではありませんか?

 

ブログをやっていない人が電子書籍を出版しても

知り合い以外に買ってくれる見込み客はいませんが、

ブログで信頼構築ができている人はブログ読者という見込み客がいるので、

圧倒的にアドバンテージがあるのです。 

 

だから、電子書籍で売り上げを上げたければ、

普段から有益な情報を発信し読者と信頼構築をしておく必要があります。