Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

【Podcast】ポッドキャスト「超ブログ思考」を始めました

本日よりポッドキャストを始めたので、

今日はそのお知らせです。

 

Spotifyというアプリで配信されています。

 

チャンネルはこちら。

 

open.spotify.com

 

 Spotifyは無料で利用することもできるので、

ぜひアカウント登録して聞いてみてください。

 

ポッドキャスト用ではありませんが、

すでに撮りためていた音源がいくつかあるので、

それをどんどん配信していく予定です。

 

ちなみに第1話はこちら。

 

 

 「ポッドカス...キャストをお聞きの皆様」

 

いきなりカミカミの状態から始まります。

リスナーの注意を引くためあえて撮り直さない作戦です(嘘)。

 

ポッドキャストは様々な媒体で配信することができます。

 

今回はこちらのスマホアプリを使いました。

 

anchor.fm

 

日本語にも対応しています。

非常に使いやすいのでおすすめです。

 

AnchorはSpotifyに買収されたのでアプリ同士が連携しています。

Anchorでアップした音源はSpotifyにも自動で配信されます。

 

 

ポッドキャストを始めた理由

f:id:Apollojustice:20200622071109j:plain

あなたはブログ以外にいくつの媒体で情報発信していますか?

 

おそらくブログ+SNS1つぐらいという人が大半でしょう。

SNSもツイッターを使っている人が大部分だと思います。

 

ユーザーにはそれぞれ異なる生息場所があります。

 

ブログだけで情報発信をしていたら、

ブログ上にいるユーザーにしかリーチできません。

 

ブログとツイッターはユーザーの属性が似ているので、

同じような読者層にしかリーチできないことになります。

 

例えば、ブログ上に見込み読者が50人いたとして、

残りの50人の見込み読者がYoutubeにいたとします。

 

この場合、どんなにブログを書きまくっても、

Youtubeにいる見込み読者にはリーチできないことになります。

 

「良いブログを書けば見つけてもらえる」

 

と思っているかもしれませんが、

現実はそんなに甘くありません。

 

こちらから見込み読者のいるところに出向いていかないと、

認知すらしてもらうことができないのです。

 

インターネットで稼ぎたければ、とにかく目立つことが大切です。

 

特にキャラクタービジネスで勝負している人はそうです。

 

目立つかどうかというのは、

顔出ししているかどうかとは関係ありません。

 

「よりたくさんの人に認知されているか」ということです。

 

僕はブログ以外にFacebookやKindleなどでも情報発信をしていますが、

さらに認知を広げるためにポッドキャストを始めたわけです。

 

売れているビジネスマンは複数の媒体で情報発信してますよね。

 

ポッドキャストは認知が広がるだけでなく、

権威性も上がるのでブランディングにも効果的です。

 

動画でも解説しています。

 

Youtubeではなくポッドキャストにした理由

①作業が少ないので楽

 

ゆくゆくはYoutubeにも進出する予定ですが、

ポッドキャストを先に始めたのには理由があります。

 

まず1つ目は圧倒的に作業量が少なくて済むこと。

 

僕の場合はすでに過去の音源があるので、

それにBGMを足してアップするだけです。

 

しかもその編集作業もアプリで簡単にできるので、

1つのエピソードを投稿するのに5分もかかりません。

 

これがYoutubeだったら、

撮影だけでなく編集作業も大変です。

 

いくつもの案件を抱えている今の状況では、

とてもそこまで手が回る状態ではありません。

 

収録作業もしゃべるだけなので楽だし時間もかかりません。

 

②Youtubeは競合が多すぎる

今のYoutube市場は激戦区です。

 

その中で結果を出そうと思ったら、

中途半端な気持ちでは取り組めません。

 

先ほどもお伝えしたように、

今はたくさんの案件を抱えているので、

Youtubeに時間と労力を投資する余裕はありません。

 

それと近々引っ越しをするので、

どうせなら新居で撮影した方がいいかなと考えているからです。

 

③Podcast市場は拡大しているから

ポッドキャスト市場は年々拡大しています。

 

f:id:Apollojustice:20200622090527j:plain

出典:Edison

こちらはアメリカのデータですが、

ポッドキャスト市場の統計データです。

 

ご覧の通り右肩あがりに市場は拡大しています。

 

にもかかわらず参入者はYoutubeに比べて圧倒的に少ない状態。

 

今のうちに参入しておけばまだ先行者利益が得られると思ったからです。

 

新しいことを始めるときは余力で取り組むこと

いろんな媒体に認知を広げたほうがいいと言いましたが、

あくまでも余力で取り組む必要があります。

 

大きな成果を出したければ1点集中するのが一番良いからです。

 

ブログで結果を出したいならブログに一点集中すること。

 

それをいろいろと手を出すからパワーが分散してしまい、

すべてが中途半端になってしまうのです。

 

新しく始めることが自分に合っているかどうかは、

やってみないとわかりません。

 

そこに全力を注ぎこんでしまったら、

今メインでやっていることが手薄になります。

 

もし、その新しいことが自分に合っていなかった場合、

メインでやっていることも新しいことも、

どっちもうまくいかなくなります。

 

僕がKindle出版をするようになったのも、

余力ができてきたからです。

 

去年は3つのブログを毎日更新するので精一杯でしたが、

数をこなしているうちに作業スピードも上がり、

効率的に時間を使えるようになりました。

 

もともとマルチタスクが得意だったので、

複数のことを同時にさばくのには慣れていたのも大きいです。

 

今回のポッドキャストも完全に余力でやっています。

 

新しいことを始めたいのであれば、

まず目の前のことに全力で取り組んで作業スピードを上げること。

 

そうすると、徐々に余力ができてくるので、

その余力で新しいことにチャレンジします。

 

まとめ

昔、「ラジオのパーソナリティになりたい」と思っていた時期があるので、

自分のポッドキャストを持つことができてすごくうれしいです。

 

もちろん認知を広げるために始めたことですが、

結果うんぬんよりも楽しみながらできたらいいなと思っています。

 

あなたも自分のラジオ番組を持ってみませんか?

 

同じところばかり掘っていてもそれ以上宝物はでてきませんよ。