あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていない最先端のGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

【Google Adsense】完全自動で半永続的に不労所得を構築する極悪非道なテクニックを暴露!

今日はみなさんに謝らなければならないことが2つあります。

 

1つ目は、タイトルで煽りすぎたこと。

コピーライターが使いそうなタイトルをつけてみたかっただけです。

すいません。

 

ただ、大げさに表現しているだけで決して嘘ではありません。

今日ご紹介する手法を使えば反永続的に不労所得を確立することは可能です。

 

2つ目は、以前に公開した「Google AdsenseのCPC(クリック単価の上げ方)」について書かれた記事に関してです。

 

こちらの記事です。

 ↓

www.specializedblog.com

 

実はこの記事の手法はクリック単価をあげるためのテクニックであって、

アドセンスで稼ぎ続けるためのノウハウではないのです。

 

この記事に書かれている手法を使えば、

Google Adsenseのクリック単価を上げる事は可能です。

 

しかし、アドセンスで本当に稼ぎたいのであれば、

この手法を使うだけでは十分ではありません。

 

なぜならこの手法はキーワード次第で難易度が上がることと、

高い収益性を持続させるのが難しいからです。

 

この手法に「ある」ひと工夫を加えるだけで、

高い収益性を維持しながら反永続的に不労所得を構築することができます。

 

 

 

参考サイト

あえて参考サイトを貼るほどのことではないのですが、

「適当なことを言っている」と思われるのも嫌なので、

念のため参考サイトのリンクを貼っておきます。

 

www.shoutmeloud.com

 

今日僕がお話しすることと同じ旨のことが書かれています。

 

クリック単価を上げるためにはターゲット広告を狙う

Google Adsenseには2種類の広告タイプが存在します。

それが「ターゲット広告」と「パーソナライズ広告」です。

 

www.specializedblog.com

 

クリック単価の高い広告を表示させたいのであれば、

ターゲット広告を狙わなければなりません。

 

ターゲット広告を表示させるために必要な手法が、

冒頭のリンクで紹介しているキーワードプランナーを使った方法です。

 

アドセンスのクリック単価は、オーガニックトラフィックが多いサイト(ブログ)ほど高くなる傾向があります。

 

なぜなら、「ユーザーが検索したキーワードに関連する広告」が表示される可能性が高いので、広告の成約率が高くなるからです。

 

逆に成約率の低いサイトはSmart Pricingという広告主の救済措置によって、

ペナルティを与えられてしまいます。

 

www.specializedblog.com

 

Google Adsense】半永続的に自動収入を得るためには「○○を狙う」

キーワードプランナーを使って広告のクリック単価を上げる手法だけだと、

なぜ収益を自動化させることができないのでしょうか?

 

それはライバルが強いからです。

 

高単価キーワードであるということは、それだけ入札する広告主が多いということです。

裏を返せば、それだけそのキーワードで検索するユーザーがいるということです。

 

検索ボリュームの多いキーワードは、強力なライバルが多数存在します。

 

したがって上位表示をとることが難しく、

仮にとれたとしてもすぐにその順位を奪われてしまいます。

 

競争が激しいですからね。

放置状態で上位表示を取り続けるのはまず無理でしょう。

 

ではどうすればいいのか?

 

半永続的にGoogle Adsense不労所得を獲得する極悪非道な(しつこい)テクニック、

 

それは「ロングテールキーワードを狙う」ことです。

 

ロングテールキーワードが分からない方はググってください。

 

こちらをご覧ください。

 

ubersuggest

 

これはUbersuggestで「SEO対策」というキーワードで検索したときの、

キーワード一覧です。

 

Ubersuggestに関する説明はこちら。

 

www.specializedblog.com

 

このキーワード一覧を見ると、「SEO対策 大阪」というキーワードのCPCが高くなっていますね。

 

この「SEO対策 大阪」というロングテールキーワードに関する記事を書くんです。

 

今回はたまたま「SEO対策」というビッグキーワードよりも、

SEO対策 大阪」というスモール(ミドル)キーワードのほうがCPCが高くなっています。

 

もし仮にビッグキーワードの方がクリック単価が高かったとしても、

(単価が高めの)ロングテールキーワードを狙うのです。

 

なぜだかわかりますか?

 

SEO対策」というビッグキーワードで上位を獲るのは難しいですよね?

仮にとれたとしてもライバルがたくさんいるから、

すぐに順位が下がってしまうことも十分に考えられます。

 

ロングテールキーワードはライバルの数も少なく、比較的簡単に上位表示が取れます。

 

競争も激しくないので放置しておいても順位が下がることはまれです。

 

この(単価が高めの)ロングテールキーワードの記事を量産するんです。

 

仮に1ページ当たり100円の収益だったとしても、

10ページあったら1000円の収益になります。

 

しかも放置しているだけで自動的に収益が発生します。

 

ライバルが少ないのでメンテナンスの必要もなく、

反永続的に検索エンジン経由のアクセスが発生することになります。

 

まとめ

今回はUbersuggestを使った例をご紹介しましたが、

より正確な情報を知りたいのであればキーワードプランナーを使ってください。

 

アドセンスの収益アップというと、

とにかくPV数を増やすことばかりを考えがちですが、

爆発的なアクセス数がなくても稼ぐことは十分にできます。

 

ちなみにPV数ばかり気にしていると痛い目にあうことがあります。

 

www.specializedblog.com

 

アドセンスで稼ぐコツは「質の高いコンテンツを作ること」と、

検索エンジン経由のアクセスを増やすこと」です。

 

特に後者の場合は、ビッグキーワードを狙うのではなく、

ロングテールキーワードを狙うようにしましょう。

 

そして、そういう記事の数を増やしていってください。