あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていない最先端のGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

【グーグルアドセンス】はてなブログでインフィード広告を設置する方法

この記事では、はてなブログでグーグルアドセンスのインフィード広告を設置する方法について解説しています。

 

アドセンスの収益アップをしたい方はぜひ試してみてください。

 

アドセンスには様々な機能があり、

それらを上手に活用することで収益を最大化することができるようになります。

 

アドセンスを利用している人は、広告ユニットの中に「インフィード広告」なるものがあることはご存じだと思います。

 

しかし、このインフィード広告は通常の手順でははてはブログで利用することができません。

 

www.ksakae1216.com

 

こちらの記事にて、はてなブログのインフィード広告の設定方法を解説してくれています。

 

この情報をもとにインフィード広告を設置してみましたので、

今日はそのやり方について解説していきたいと思います。

 

アドセンスの収益アップをしたい方はこちらの記事もご覧ください。

 

www.specializedblog.com

 

www.specializedblog.com

 

 

 

インフィード広告とは?

インフィード広告についてはGoogle公式ページにて説明があります。

 

support.google.com

 

その名の通りFeedの中(イン)にある広告のことです。

超簡単に言うと、トップページの記事一覧の中に表示される広告のことです。

 

最近注目されているネイティブ広告の一種です。

 

ネイティブ広告とは、バナー広告と違ってコンテンツに溶け込んで見えるため、

一見すると広告だと判断がつきにくい広告スタイルのことです。

 

そのため、バナー広告よりもクリック率が上がり、収益アップにつながりやすいという特徴があります。

 

ただ、その反面でコンテンツだと思ってクリックしたユーザーが即離脱してしまう可能性があるため、誤クリックを誘発するリスクもあります。

 

はてなブログでインフィード広告を設置する方法

 

 

インフィード広告

 

アドセンスの管理画面より、広告ユニットを選択します。

 

インフィード広告

 

ちなみに余談ですが、リンク広告は運用を終了したそうです。

 

運用終了前に広告コードを設置した人は、リンク広告は引き続き表示されますが、

今現在新規で広告ユニットを設置しても、リンク広告は表示されません。

(僕はもともと設置していたリンク広告をいったん非表示にしたため、二度とリンク広告は使えない状態になりました)

 

運用終了後にアドセンスに合格した人は、上記画面でリンク広告ユニットが表示されません。

 

インフィード広告

するとこのような画面が表示されます。

 

ブログのURLを入力し、タブで「デスクトップ」を選択します。

レスポンシブなのでデスクトップを選択しても、スマホで表示されます。

 

インフィード広告

 

するとこのような画面が表示されます。

 

右側に見えているのがインフィード広告のサンプルです。

この画面をスクロールダウンして、「次へ」ボタンをクリックします。

 

インフィード広告

 

こちらが次に表示される画面です。

 

右側に表示されている箇所に必要事項を入力していきます。

 

インフィード広告

 

こちらが右側部分を拡大表示したものです。

 

いろいろカスタマイズできますが、慣れないうちはデフォルト設定でよいでしょう。

入力が必要なのは最上部の「広告ユニット名」だけです。

 

インフィード広告

入力が終わったら「保存してコードを取得」をクリックします。

 

ここから先のコードの貼り方については、冒頭でご紹介した参照記事の中で解説されていますので、そちらをご覧ください。

 

5記事おきに広告が表示される設定になっているため、

はてなブログの「設定」で、一覧表示数をできれば10記事以上に設定しておくのが良いと思います。

 

インフィード広告を貼ってみた

 

インフィード広告

 

こちらがメインブログのインフィード広告です。

あまり広告感がなく、フィードに溶け込んでいるのがわかります。

 

インフィード広告

こちらがこのブログのインフィード広告です。

 

表示するのに適当な広告が見当たらない場合は、この画像のようにディスプレイ(バナー)広告が表示されます。

 

英語の広告が表示されてますが、これは僕がカナダにいるためです。

皆さんの場合は、日本語の広告が表示されるはずなので心配はいりません。

 

テーマによってはインフィード広告が貼れないものがある

実は第2ブログ(英語・海外移住)もインフィード広告を貼ろうと思ったのですが、

エラーが出たため広告を表示することができませんでした。

 

手順の「インフィード広告の作成方法」のところで「デスクトップを選択する」と説明しましたが、その次の画面でエラーのためサンプル広告が表示されませんでした。

 

そのため広告コード取得までたどり着くことができず、デスクトップではなくモバイルを選択して広告コードを取得して試してみたのですが、インフィード広告は表示されませんでした。

 

おそらくテーマが関係しているものと思われます。

 

テーマを変更するとCSSがすべてリセットされるため、インフィード広告は諦めそのまま同じテーマを利用しています。

 

インフィード広告を使ってみようと考えている人はご注意ください。

 

まとめ

まだインフィード広告を利用して日が浅いので、具体的な効果は検証できていません。

 

ただ、ネイティブ広告はディスプレイ広告よりも収益性が高いというデータがあるので、期待しながら様子を見たいと思います。

 

興味のある方はぜひ使ってみてください。