Evergreen Blog ~永続的にお金とファンを創造する資産ブログの作り方~

SEO対策・アドセンス・コピーライティング・コンテンツビジネス・DRM・電子書籍を極めるブログ

自分のコンテンツ販売サイトが作れるGumroadの使い方解説

自分のコンテンツ販売をしている人は、

何かしらのプラットフォームで商品を販売していると思います。

 

僕の場合であれば、インフォトップ、ココナラ、アマゾン(Kindle)などで、

自分のコンテンツを販売しています。

 

これらのサイトは自分の代わりに集客してくれるというメリットがありますが、

手数料を取られたり様々な制約があるなどのデメリットもあります。

 

万が一これらのプラットフォームが使えなくなった場合、

収益がゼロになってしまうというリスクも考えられます。

 

できれば自分専用のコンテンツ販売サイトを持っておきたいですよね?

 

今日はそんな人のために、

無料で使えるコンテンツ販売サイトGumroadをご紹介します。

 

 

自分のコンテンツ販売サイトが作れるGumroadの使い方解説

コンテンツ販売を自社サイトで行う場合、

ブログなどに商品を投稿していくパターンがあります。

 

WordPressの場合はそれでも対応できなくはありませんが、

決済システムの導入や商品配布の自動化などの仕組み構築が必要になります。

 

1件1件決済を確認して都度商品を送付していたら、

キリがありませんからね。

 

僕はあるシステムを使って決済と商品配布を自動化しています。

 

今回ご紹介するGumroadは、

販売、決済、商品配布などすべてを自動化できます。

 

難しい設定等は必要ないのでパソコンが苦手な人でもカンタンに使えます。

 

自分のネットショップが持てるサイトとして、

日本だとBASEなんかが有名ですね。

 

  

BASEは基本的に物販のためのネットショップ構築サイトですが、

近年では情報コンテンツも販売できるようになったようです。

 

 ただ、特定商取引法の住所が国内のみなのと、

売り上げの振込先が日本の銀行のみしか対応していないので、

海外在住の僕としては使い勝手に難ありでした。

 

今日ご紹介するGumroadは海外のサイトなので、

世界中どこにいても自国の銀行に報酬が振り込まれます。

 

海外在住者には特におすすめです。

 

gumroad.com

 

 

 

海外サイトのため英語表記ですが、

お客さん側のインターフェイスは日本語表記に変えることができるので、

日本人相手のビジネスにも利用することができます。

 

販売の際の価格も日本円で設定することができます。

 

ちなみに僕も自分のコンテンツを販売しています。

 

gumroad.com

 

まだ作業が追い付いていないので販売コンテンツは少ないですが、

これからどんどん追加していく予定なのでお楽しみに。

 

Gumroadのアカウント登録方法

Gumroadのトップ画面を開くと

以下の画像のようなページが表示されます。

 

Gumroad

 

こちらの右上に表示されている「Start selling」をクリックします。

 

英語が苦手な方は画面を最下部までスクロールダウンすると、

表記を日本語に変更することができます。

 

Gumroad

 

 こちらのプルダウンメニューから「日本語」を選択してください。

 

ただし、翻訳ソフトにかけたような不自然な日本語表記なのと、

一部英語表記になったままの部分もあるのでご注意ください。

 

Gumroad

こちらの画面から必要事項を記入してアカウント登録します。

 

Gumroad

 

こちらの画面でアカウント情報を登録します。

 

①Name:販売者名

②Username:販売ページURLの末尾

③Bio:自己紹介や自己PRなど

④Photo:プロフィール画像

⑤Community:業種・職種

⑥Country:居住国(変更不可)

 

①の販売者名は販売サイトに表示される名前です。

自分の個人名は振込先で設定するので間違えないように。

 

一度設定すると変更できない可能性があるので、

名前を入力するときは間違いのないようにお気を付けください。

 

⑥居住国は自分の住んでいる国を入力します。

販売先の国(日本)ではありません。

ここの設定を間違えると自国の銀行に報酬が振り込まれなくなるので注意。

 

商品情報を入力する

 

Gumroad

次は商品情報を入力します。

 

この情報は後から変更できるので仮の情報でも大丈夫です。

 

基本的にClassic以外を使うことはないと思うので、

常にClassicを選択すれば大丈夫でしょう。

 

販売価格の通貨はAmountのところに表記されている通貨をクリックすれば、

日本円やその他通貨に変更することができます。

 

CD、DVDなどの物販を含む場合は、

上記図の矢印部分をONにします。

 

商品詳細を入力する・公開する

 

Gumroad

 

次に商品情報を入力します。

 

購入ボタンの表記がおかしいですが、

先ほどと同じく画面最下部の言語設定を「日本語」に変更すると、

日本語表記の決済ボタンに変更できます。

 

プルダウンメニューから表記を選択できるのですが、

「Buy this」を選択すると「購入する」という日本語表記のボタンになります。

 

Gumroad

 

さらにスクロールダウンしたのがこちらの画面です。

 

商品アップロードは、コンテンツのダウンロード先を表記したPDFを作成してアップロードすればOKです。

 

ダウンロード先URLを直接指定したい場合は、

Google DriveやDropboxなどの共有リンクのURLを入力することもできます。

 

すべて入力が終わったらPublishボタンを押して公開します。

 

振込先情報を入力する

 

Gumroad

振込先の指定は画面右上のアカウントアイコンをクリックして、

「設定」を選択します。

 

Gumroad

 

こちらの画面から「Payout」を選択します。

 

Gumroad

この画面で振込先の情報を入力します。

 

在住国によって記入に必要な項目が変わると思うので、

必ずしも同じ画面が表示されるとはかぎりません。

 

以上で必要事項はすべて入力完了です。

 

販売開始

 

以下が実際の販売ページです。

 

Gumroad

 

Gumroadはかなりシンプルで使いやすいです。

 

Zapierを使えば他の海外ツールとの連携もできるので、

コンテンツ販売のオートメーションにも最適です。

 

自分のコンテンツ販売のプラットフォームを構築したい人は、

ぜひ使ってみてください。

 

僕のコンテンツ販売はこちらからどうぞ。

gumroad.com