あきらめるな、特化ブロガー!

日本では公開されていないGoogle、Bingのアルゴリズム、SEO対策、アドセンス情報を公開中。

SEO対策

当ブログが「Bing アルゴリズム」でGoogle検索1位を獲得!!

ブログ開設からわずか1か月たらずで、「Bing アルゴリズム」というキーワードで、当ブログの記事がGoogle検索1位を獲得しました。 この記事では、新参ブログがカンタンに上位表示をとるための「ある」テクニックを解説しています。

トレンド記事は賞味期限が切れたらすぐ消すこと

僕は特化ブログしか書いていないのでトレンド記事を書いたことがありませんし、これからも書くつもりはありません。 ただ、雑記ブログや日記ブログを書いている人は、トレンド記事(いわゆる芸能記事)を書いている人もたくさんいると思います。 特に最近日…

競合サイト分析ツールSimilarwebの使い方解説

昨日アドセンスのCPC(クリック単価)の上げ方について、いろいろウェブサイトをリサーチしていましたが、その中の一つに「ブログ開始1年でアドセンス収益月20万円達成!」とプロフィールに書いてあるブログがありました。 アドセンス収益が20万円と言うこ…

ブログ開始わずか1か月の雑魚ブログが、トップブロガーを抑え検索1位を獲得!!

今日はブログの運営報告になりますので、記事はかなり短めになります。 このブログがなんとトップブロガーのマナブ氏の記事を抑え、堂々の検索順位1位に輝きました。 1位が僕で3位がマナブ氏です。 表示されているのはこの記事です。 www.specializedblog…

【緊急事態】Googleのアップデートでエース記事の順位が急降下(しかも戻らん)!!

みなさん、7月あたりから何やらサーチコンソールの表示がおかしくないですか? 僕のサーチコンソールはGoogleのアップデート関係なく、表示がおかしくなっています。 合計クリック数が日を追うごとに減っていくという謎の減少が発生しています(止まりまし…

【SEO】初心者でも簡単にできるサイト構築の手順を解説

ブログを書くにあたり、アクセス数を伸ばそうと思うのであれば検索エンジン経由の流入は無視できません。 ブログサービスなどのプラットフォーム上からの流入は数に限界があり、ある一定のレベルに達すると流入数は頭打ちになります。 残る手段としてはSNS経…

【完全版】BingのアルゴリズムとSEO対策を徹底解説!

Bingのアルゴリズムについての解説やSEO対策について日本語で書かれた記事はなかなか見つかりません。 本記事ではBingのアルゴリズムとSEO対策について詳しく解説しています。役に立つ無料ツールもご紹介しています。

【SEO】Googleの裏をかいてビッグキーワードで上位表示をとる方法(ホワイトハットです)

一般的にビッグキーワードは検索ボリュームが多い分、ライバルの数も多く強敵ぞろいです。 そのため、新規参入したばかりの素人が真っ向勝負をしてもまず勝ち目はなく、その市場で戦い続ける限り、時間と労力だけを消費してしまうことになります。 僕は「自…

【SEO】狙うべきキーワードは「片思いではなく、相思相愛」

ブログやアフィリサイトを収益化しようと考えるときに、まず最初に考えるのがジャンル選択です。 当然稼ぎやすいジャンルもあれば、そうでないジャンルもあります。 それは単純にマーケットが大きいか小さいかというだけでなく、マネタイズできる要素(アフ…

【SEO】長文ブログを書くメリット

僕ははてなブログでこれを含め全部で4つのブログを運営していますが、そのほとんどが長文ブログです。 僕が長文ブログを書く理由は単純に「自分の性格に合っているから」というだけですが、長文ブログを書くことによってSEO的に有利なこともあったので、今…

【SEO】「外部リンクが多いと検索順位が下がる?」を検証したらえらいことになった

今日は短めの記事になります。 初心者ブロガーにとってSEO対策というのは、頭を悩ませる問題の一つですよね。 いろいろ情報を調べるのですが、人によって言うことが変わっていたりしますし、結局「正解はGoogleのみぞ知る」わけなので、何が正しいかもわかり…

【SEO】BingとGoogleの検索アルゴリズムの違いを解説

BingのSEO対策をするのに、Googleとの検索アルゴリズムの違いを知りたいと思いませんか? この記事ではBingのSEO対策すべきポイントとGoogleと比較した検索アルゴリズムの違いを解説しています。

毎日更新はSEOに効果ある?アクセス数との関連性を考察

毎日更新は果たしてSEO効果はあるのか? この記事では毎日更新とアクセス数の関連性について考察しています。 毎日更新とメリットとデメリットにも言及しています。